ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【雑記】”生きる”ことの意味など無い。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【雑記】”生きる”ことの意味など無い。

2014-10-05 12:00
    ”生きる”ことについて小学生の頃からかれこれ、15年間ぐらい考えてきました。
    最近になってハッキリと言葉に出来るようになって、辿り着いた私なりの答えが、

    「生きることに意味は無い」

    と言う、結論でした。
    ただ、その言い方にも語弊はあって生きることに意味は無い」と言うよりかは、生きることに意味を求める行為自体が意味が無いんじゃないかなーと思いました。

    人が生きる意味と言うものを考えて求めてしまうと、何らかの外的要因や、他人に観測されること。つまり、人が生きる事の本質に意味を求めてしまうと、生きる為の場所に意味を見出してしまうんじゃないかなーって考えています。

    それって人が生きる意味や本質と言う事とは、ベクトルが若干違っていると感じていて、”生きる”or”死ぬ”と言う話ではなく、”生きる上でどうすればいいのか?”と言う事になってしまう。
    そのように考えていくと、生きることに意味はなくて、意味を求めてしまったら、生きる為にはどうしたらいいのか?と言う考えに自然に辿り着くんじゃないかなって、気が付きました。

    では、ひとまずは、”生きる”or”死ぬ”の先にある、”生きる”と言う選択肢を受け入れて、
    「生きる為にはどうしたらいいのか?」と言う事を考えてみると、それは人それぞれの価値観による、幸せのカタチを見つけることなんじゃないかなって思います。
    叙●苑の肉食べたら美味しい!私今幸せ!って思うかもしれないし、友達とバカ騒ぎしたり、恋人作ったりしたら幸せ!って感じるのかもしれない。
    前文にも述べたように、それは人それぞれの価値観によります。
    そう言った幸せのカタチを見つける事がある意味で生きることの意味であり、本質なんじゃないかなと思っています。

    それでもなお、生きること自体の意味を見出そうとする難しい話は、もっと頭のいい人や、哲学に詳しい人にバトンタッチすることとして、私なりの生きるカタチ、生きる意味と言うのはこれであって、やっと言葉にすることができたなーと、最近になって答えが出てスッキリしました。


    よければ以下記事もどうぞ
    ●「生きていればいいことあるよ!」と言う言葉について
    http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar525494
    ●ボトムアップ型の生き方
    http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar616653


    そんなかんじで。
    おしまい。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。