ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【雑記】IT業界に根付く”多重下請け構造”に思うこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【雑記】IT業界に根付く”多重下請け構造”に思うこと

2014-11-24 12:00
  • 4
●IT技術者:関西も不足 景気回復やシステム需要拡大(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20141107k0000m020137000c.html

話題のこの記事を読んで、うーん?ってなりました。
”SIer”の業務を”多重下請け構造”によって切り売りし「変わりなんていくらでもいるよ!」と人の身を売り、マトモに”技術者”を育てようとしてこなかったIT業界全体が悪いよねって思いました。

上記に述べたIT業界における”多重下請け構造”は本当に問題だなと思っています。
その構造によって過度なまでに業務が分業化され、末端のエンジニアに降りてくる仕事と言うのは、単純な作業であったり、そこからプロジェクトの全体像や前後に行われるべき連携や作業の関連性が全く分からず、「何のための仕事なのかよく分からないけど、とりあえず上から言われたからやっている」と言うエンジニアが多いのではないでしょうか。

そのような現場では、エンジニアが”仕事に対するやりがい”を感じたり、技術向上のモチベーションを促すようなことが行えず、求められる技術は時間と共に複雑に絡まり合い、高度化していくのにもかかわらず、業界全体が”技術者”と呼べる人間の育成ができていない現状なのではないか?と私は考えています。

勿論、言われるがままにやってきたエンジニア側にも、悪い点と言うのはあって、
自分から率先して技術力を高めていこう!と言う意識を持つことが非常に大切です。
ただ、そうして行動していったにも関わらず、業界に潰されてしまったエンジニアも数多くいるんじゃないかなーと思います。

IT業界に限らず、その他、様々な業界でも、似たような問題は数多くあると思います。
そう言った問題を各々が認識し、それを踏まえた上で「私達はこれからどうしていけばいいのか?」と言う考えを持ち、改善していけるような世の中になればいいなーって思います。


そんな感じで。
おしまい。


広告
×
IT、製造業、建設業の子請け孫請け制度はすさまじいですよね。モチベーションを著しく下げると言う点で。
 一時期下位請(3次とか4次請け)のIT派遣業で管理をしていたことがありますが、下位の業者にはびっくりするほど不当な条件の契約をさせることがあります。そもそもの契約金額が低いだけでなく、超過勤務になった際は超過時間の精算は逆に減額(残業が増えれば増えるほど実入りが減る)とか。そりゃ会社もモチベーション上がらないですよ。また、IT派遣業は二重派遣禁止なので、所属会社の形式的出向(上位請けの社籍になる)になったりします。会社へ対する忠誠心という時代でもないでしょうが、身の置き場があるやなしやで違うと思います。
 さらに深刻なのは労働者側。会社の収入がそんななので給与は本当に少ない。それが正社員だとしてもです。食べるのに必死なのに技術力をと言われてもしんどいだろうなぁと思います。景気の悪い時代に散々技術者に冷や飯食わせといていまさらちやほやされてもとは思うでしょうね。私も何とかしたいなと常々考えています。
79ヶ月前
×
>Gaz さん
コメント頂き、ありがとうございます。
雇う側に立ってみれば、その方が気軽に使えてリスクも少ないと言うのはよく分かるんですが、文明の高度化に伴って、必要な技術や知識量って言うのは必然と増えてきますし、そう言った業界で人を使い捨てにしてしまうと、業界自体が破綻してしまうって言うのは分かっていた事なのに、それを改善しようとしてこなかったのは非常に問題だったと思います。
近頃は、新人から雇い技術教育に力を入れている会社も多いので、今回の一件から業界全体がよくなっていくといいなーと思います。
業界問わず、労働者と会社(雇い主)お互いがしっかりとケアしWin-Winの関係が作れるのが一番いいことだと思うのですが、なかなかそう上手いこといかないのが難しいところですよね。
ただ、そう言った問題提議をしていくことが労働者にとっても会社にとってもいい事だと思うので、このようなことはチグハグになるまえに、やるべきだなーと思います。
79ヶ月前
×
 はじめまして。これから人(日本人)が減っていくなかでどのように若い人を育てていくかともつながっている問題でしょうか? 国をあげて人(技術者)を育てていく制度、学生ではなく新社会人向けの補助・援助とかはどうかなってかんがえます。社会人として一人前になるのに2年間くらいかかるかな。
79ヶ月前
×
>toaru さん
コメント及びお気に入りユーザー登録ありがとうございます。
仰るとおり、若者を育てていく課題としても上げられると思います。
何らかの制度を設けて育成を行うと言うのは、いいアイディアですね。
”職業訓練”等の制度は現状でもあるかと思いますが、そう言った訓練が直接就職に結びついていないので、
「◯◯の科目に対して訓練を行った人は◯◯と言う会社に優先的に推薦が得られますよ」と言うような、
企業とのパイプ作りをしていく必要があるのかもしれませんね。
79ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。