ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【雑記】利便性や情報が国民にもたらしたモノとは何か
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【雑記】利便性や情報が国民にもたらしたモノとは何か

2014-12-11 12:00
  • 2
昔の人間の生活と比較した時、家電製品やインフラ設備が充実し、利便性が飛躍的なまでに向上しました。
また、テレビやインターネットと言った媒体を通して、様々な情報も得られる環境も整った今、私は「一億総白痴化
が始まったのではないか?と危機感を覚えています。
一億総白痴化(いちおくそうはくちか)とは、社会評論家の大宅壮一が生み出した流行語である。「テレビというメディアは非常に低俗なものであり、テレビばかり見ていると、人間の想像力や思考力を低下させてしまう」という意味合いの言葉
 ※ Wikipedia-フリー百科事典 より引用 ※

人間と言う生き物は、基本的には怠け者で、その人間の生活が”便利になる”と言うことは、便利になるだけ”自己の生活圏や視野が狭くなり、利便性を与えてくれたモノに対して依存している”と言っても過言では無いと私は思っています。

特に、テレビやインターネットと言うメディアを通じて様々な人と触れ合ってみると、その事が実感できます。今の世の中に生きている人間は、己が興味を持った事に対する情報の整理や、自己の正当性を述べるのは凄く上手だと思います。ですが、今の人間はそれだけです。

今、必要な事は、利便性の波に飲まれ、そこで知り得たモノだけを羅列しそのままを述べる事ではなく、その知り得たモノを使い「私はこう考えているよ!」「こうしていけばもっと良くなるのではないか?」と言う発言をしたり、建設的な話をしていく事が重要なのではないでしょうか。


人間の生活は昔と比較した時、本当に便利になっている。
ただ、それだけ便利になっているのにも関わらず、心はちっとも豊かになっていない。
むしろ、余裕がなくなっているんじゃないかと思うくらいに個人個人の視野が狭い。

人間とは本来、知恵のある生き物です。
その知恵を自己の余裕が持てるように、視野が広がるように活かせないものか。
と、そんな事を時々思います。


よければ以下記事もどうぞ
●【雑記】私が考える「生産性のある会話」と「責任」について
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar564473
●【雑記】明確に意思表示をしない人達
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar571268
●【雑記】”私はコミュニケーション能力が高い!”と言う錯覚
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar662359
●【雑記】表現者にとって優しくて厳しい時代
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar603566
●【雑記】日本語の性質「ハイコンテキスト」がもたらしたモノ
http://ch.nicovideo.jp/kuramubon/blomaga/ar604790

そんなかんじで。
おしまい。

広告
×
インターネットや仮想現実が日常にあふれる時代であって、どんなに高度化していても実際に触ったり会ったり話したりすることにはかなわない。メールやチャットで事が済む時代にあってもたまに自筆で丁寧なメモがあるとうれしい。要は人間の脳は実際の体験以上の刺激は仮想の世界では得られないと言うことだと思う。寺山修司は「書を捨てよ、町にでよう」と言ったけれど、捨てなくてもいいから実際に触れることは最優先事項だと思う。ネットの情報はあくまでも補足。
79ヶ月前
×
>Gaz さん
いつも閲覧いただき、ありがとうございます!
正しく仰られている通りなんですよね。「百聞は一見に如かず」だと思います。
なんやかんや言葉を並べるよりさっさとやってみたほうがいいことが凄く多いんですよね。
79ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。