ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【趣味/PC】SSDをシステムドライブにしている人向け、HDDを長持ちさせる方法
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【趣味/PC】SSDをシステムドライブにしている人向け、HDDを長持ちさせる方法

2015-01-31 12:00
  • 2
Skylakeが年内の発売は絶望的と分かったので、OSの再インストールと、今までアプリ領域に使っていたSSDをOS領域に割り当ててみました。
いつもハイブリッドスリープを使っていて、電源のOFF/ONは滅多にしないので、そんなに大差ないだろうなーと思っていたんですが、見違えるほどサクサク動いて快適になりました。
あと、何よりHDDのカリカリ音が無くなって、部屋がすごく静かになったのがいいですね。

SSDは、128GBのモノをOS領域専用で割り当てました。
Windows7 64bit Pro を導入して55GBぐらいの容量を使いました。
まだ半分は開いているので、OS領域のみと割り切るのであれば、十分ですね。

そして、そこで気になるのが、HDD固有の一定時間アクセスがなければ電源が落ちる機能。
これ、HDDに対してのアクセスが発生した時、電源を入れるところからやり直すので、頻繁にHDDの領域にアクセスする場合は、電源が落ちちゃうと、すごく負担がかかるんですよね。
それを防ぐ設定の仕方(電源を入れっぱにする)を書いていきます。



【 注意:Windows7環境です 】


①「Windowsのスタートメニュー」より、「コントロールパネル」を押下


②「コントロールパネル画面」より、「システムとセキュリティ」を押下
 ※表示方法はカテゴリです。



③「システムとセキュリティ画面」より、「電源オプション」を押下



④「電源オプション画面」より、「プラン設定の変更」を押下



⑤「プラン設定の変更画面」より、「詳細な電源設定の変更」を押下


⑥「電源オプション画面」にて、「ハードディスクの項目」の
 「次の時間が経過後~」の”設定時間”を「 0分 」に設定しましょう。


⑦設定後、「適用ボタン」、「OKボタン」を押下すれば設定完了です。



あとは一時ファイルの生成とかは、なるべくHDDでやるようにしたほうがいいですね。
書き込みがあまりにも多いと、SSDの性質上寿命を極端に短くしてしまうことがあるので。
最近のモデルの設計や設計思想まで目を通していないので、自信はありませんが、、、

あと、SSDのメンテナンスは専用のデフラグソフト等で行わないと、逆に起動が遅くなったり、挙動がおかしくなったりする場合があるらしいので、SSDのメンテナンスを行う際は気をつけた方がいいのかもしれません。

一時期、プチフリとかの問題で色々と話題になっていた時と比べると、どれを選んでも値段並みのパフォーマンスはどれもこれも期待できるので、だいぶ成熟してきましたね。
Skylakeが発売したら、PCを一から組み直そうと思っているので、その時が楽しみです。


そんな感じで。
おしまい。

広告
×
おお目から鱗。ハードディスクのファイル読み込みってスリープあるなしで偉い違うんですよね。
しかしOSとアプリを分けてたなんて裏山。
ノートパソコンゆえ内蔵は一台しか置けないんですよね。なのにグラボ1Gで物理メモリ16Gとか積んでますが(白目)
79ヶ月前
×
>Gaz さん
いつも閲覧いただき、ありがとうございます!

HDDがアクセスが無いと一定時間で電源が落ちるのは知っていましたが、
HW上での機能だと思っていて、OS上で管理できるのは知りませんでしたね。
見つけた時は、色々調べてみるもんだなーって思いました。

アプリ領域としてSSDを使っていた時は、あまり実感がなくて、たいしたことないなーって思っていたんですが、
OSをSSDに割り当てたら見違えるほどに軽快に動いて、びっくりしました。

デスクトップ型はやっぱり、部屋のスペースを使う分、
ノートPCと比べてパーツを気軽にとっかえひっかえできるのがいいですねー。
79ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。