ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

大事なのは速く走る事か、堅実に走る事か(δ脚vs67脚)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大事なのは速く走る事か、堅実に走る事か(δ脚vs67脚)

2016-04-28 08:51
  • 1
あと数か月もしないうちにVer.UPをするであろうボダですが、皆様如何お過ごしでしょうか。
私は加速というステータスが過信され過ぎてる事に涙が止まりません!

…加速する事自体は良いのですが、気にしているのは脚部パーツの選定の話。
2016/4/28時点での脚部パーツのランキング、重火力を除く全てでガルム67脚がトップに君臨しています。
重火力も重火力でアイアンフォートⅠ脚がトップですが、これは支給直後という事もあるのでまぁ納得できるとして。
確かに強い。チップは多いし、歩行も格闘するのに申し分なく、移動の補助にも強い。
購入の敷居が低いのも魅力的です。

…だが待ってほしい。だったら何故δ脚が10位以内に存在しないんだ?!

・積載か、その他の機能か
ここで、δ脚と67脚を比較しましょう。
※データは試作型強度試験装置様から転記。

δ脚
チップ容量 1.5
重量990(積載猶予3760)
ダメージ係数 D-(x1.25)
歩行 D+(6.30m/s)
ダッシュ A-(25.50m/s)
加速 B(2.66sec)

67脚
チップ容量 1.8
重量 930(積載猶予3620)
ダメージ係数 D-(x1.25)
歩行 C(6.97m/s)
ダッシュ A-(25.50m/s)
加速 A(1.86sec)


この2つ、まずダッシュは同値。
δ脚は積載に優れ、67脚はチップ容量歩行加速に優れます。
この分だけ見ると67脚の方が優秀ですが、私は以前の記事でも書きました。
加速ステータスを伸ばす事に大きな意味は無いと!
トップスピードへの到達時間自体はおよそ0.8秒違いますが、これによって稼げる距離は何mだと思いますか?
見て貰った方が速いので、動画をペタリ。



…そう、たったの3mなのです。燕脚と比較しても5m程度。
1試合単位で観れば大きい差なのかもしれませんが、少なくとも1回のブースターで済ませるというだけであれば、もはや誤差に等しいとも言えてしまいます。
分かりにくいと思うので言い方を変えると、およそA-のステップ半分程度です。

しかもこれはブースターを全部使い切った上での話で、軽量脚部で2回も3回もブースターを切らして移動させるってケースが敵ベースに突っ込む時くらいしか思い浮かばない…。
ブースターを半分程度使って加速させるなら、ぶっちゃけダッシュ1段階上げてステップ踏んだ方が速いです。
そもそも使い切って移動させている人、実はあんまり見ないんで真価を発揮できてる人は殆どいないのでは説が。

一方で、δ脚の話。積載140の増加で何が出来るのか?
まず140という値、これはチップ換算で重量耐性Ⅱ相当なので3スロ並。
装備をストーム等で限界まで絞り、烈風腕を必須とした場合、

67脚:55頭(装甲A、重量740)+毛45胴(装甲B+、重量1450)
δ脚:AT頭(装甲A+、重量800)+LM胴(装甲A+、重量1530)

までグレードアップ可能です。
つまりアセンの幅が大きく広がり、必要な装甲や武器のグレードを上げる事が出来ます
67脚は55頭を別のものに変えれば容易に7スロにできるという強みが出ますが、その場合は装甲を更に減らす事となります。
そして67脚を使う上で一番大事なのは必ずチップを増やす事と、増やしたチップを活かす事を絶対条件とする事。
その枠に重量耐性を入れようものなら、67脚は履く意味がない事を理解しましょう。
理由は…上記で述べてますね?

・買い易さが引き起こすもの
積載互換で、今までゴリラアセンを組んでた人が加速型に転向するにはもってこいの性能を誇るδ脚なのですが、最初に述べたようにニーズは非常に限定されているというのが実情です。
何故なのか?答えはわかっているんです。加速の挙動のし易さ(から来る「早くなる」というイメージの錯覚)と、あまりにも簡単に入手できる購入時期の速さが要因。

ぶっちゃけ、自分も4.5から始めたのであれば「67脚買っておけば間違いないよー」と喧伝していた事でしょう。
何せレア2以下の素材(数は必要ですが)だけで買える一線級のパーツです。これで安く強く上がるなら満足でしょう。
逆にδ脚は購入までに微妙になりそうなα脚、β脚の購入を要求され、更にレア5素材を合計5つも喰わされます。Θ脚を購入するなら可能性はありますが、アレも支援や砂向けの脚部なので、買っておけ!と強く言えない…
そりゃ初心者には勧められません。

しかし、困った事に稼働初期から始めてるおじさんからしてみれば、積載の重要さを身に染みていますし、重量耐性チップが1スロで80も増加していた時代も経験しています。
上述の通り、アセンの拡張性が強いというのは機体を組む上での可能性が広いという意味なので、そっちを推してしまう…

まぁ素材も溜まってきたし買えるようになったぞ!という事で購入しても、元の鞘に収まってしまう事もあります。それ程に加速が高いと小回りが利いて動き易くなるのも事実です。
戦闘にも即座に対応できるという点で利点にもなります。その証拠にランキングで65V脚が食い込んできていますしね。
これまた既に書いた様に、加速自体は長距離移動を含めて動き易くなりますが、劇的に速くなる訳ではありません。その点だけは錯覚しない様に。

δ脚ユーザー増えろ!増えてくださいお願いします!


広告
×
>堅実に走る
RT脚(白目)
60ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。