漠然と考える日本語と英語 part1
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

漠然と考える日本語と英語 part1

2018-05-26 02:08



     上の本を買って読んでみたのだが、紹介されていたテクニックの一つとして、文末に注目してみるというものがあった。「~だ、~である」と「~だろう」は明確に区別がつけられると。あるいは、「~のだ、~のである」とも区別がつけられるそうで。普段意識してない人も多そうだが、考えてみると納得できる。例えば、

    1.これはペンである。
    2.これはペンだろう。
    3.これはペンなのである。

    この3つの例文を比較した際、1番は一般的な事実を述べているのに対し、2番は推測の意味が含まれる。そして、3番は何か結論を出したかのようだ。このような違いを意識することで、文章の読解力を身につけていこうと。現代文を読解する際に「事実と意見」というものがあるか、実は文末からある程度は推測できる。特に、3番のような表現に筆者の主張が来ることが多いから、設問でも問われやすい。ここで、考えてみたのは、「なぜ文末に注目するのか」ということ。これは日本語だけで考えても結論は出ないので、英語とセットで考えてみるとどうだろうか。これも例として、

    4.This is a pen.   これはペンです。
    5.This isn't a pen.  これはペンではない。
    6.Is this a pen?   これはペンですか。

    よくある肯定文、否定文、疑問文の3つだが、英語は文の前半で3つのうちのどれかが判別できる一方、日本語は後半まで読まないとどれだかが判別つかない。4番と6番なんて「か」が入ってるかどうかしか違いがない。そのため、日本語は最後まで聞かないといけないことがわかる。さらに、様々な表現として

    7.This must be my pen.  これは私のペンに違いない。
    8.This may be my pen.   これは私のペンかもしれない。

    というように、英語は助動詞が前半に来るので「違いない」のか「かもしれない」のかがすぐにわかる。一方で、日本語はやはり文末までいかないと、自信がどれくらいあるかがわからないのだ。また、「~だ」と「~だろう」について前述したが、この2つを英文に直すと、

    9.This is an expensive pen .      これは高いペンだ。
    10.I think this is an expensive pen.   これは高いペンだろう。

    となり、英語は一目瞭然である。「I think」と入っているので、自分の考えであることを最初に述べているのだ。それに対し、日本語は文末でないと事実なのか、考えなのかがわからない。9番の主語が「This」で、10番の主語は「I」であることは英語ならわかりやすいが、日本語だとわかりにくい。「これはペンだ」と「これはペンだろう」の2つを比べて主語が違うことにどれだけ気づけるか。この程度の短い文章なら簡単だが、現代文で扱うような文章でそんなことがきちんと判断できるか。そうでなくとも日本語は主語を省略することが一般的な言語である。「これはペンだと思う」で通じるので、「私はこれはペンだと思う」とはあまり言わない。逆に言えば、「私」とか「俺」という一人称を主語にすることが多い人は、自分の意見であることをアピールしたいという心理があるが、これは日本語ならではの考え方だろう。
    続いて、

    11.I play tennis.         私はテニスをする。
    12.I played tennis yesterday.  私はテニスをした。
    13.I'm playing tennis now.   私はいまテニスをしている。
    14.I was playing tennis then.  私はそのときテニスをしていた。

    過去形、進行形にするのも英語は前半で、日本語は後半で決まる。進行形の場合は「いま」、「そのとき」という単語が前半に入ってはいるが、「する」と「している」はやはり最後でないとわからない。
    英語はさらに文法を発展させて、

    15.I like playing tennis.        私はテニスをするのが好きだ。
    16.I like him who is playing tennis.  私はテニスをしている彼が好きだ。

    15番は動名詞、16番は関係代名詞を使っている。どちらも「好きだ」という文章だが、何が好きなのかは英語では前半でわかる。だが、日本語は後半までいかないとわからない。好きなのはテニスなのか彼なのか。似た文章でもそこが違ってくるので注意しなければならない。
    さらに、最メジャー級の疑問文である

    17.What is this?  これは何ですか。

    に関しても、日本語の場合、「ペン」→「何」に変えるだけでいいのだが、英語は「What」が文頭に来るのである。ここまでの流れでなんとなくわかりそうなものなのだが、英語は文の前半で肯定、否定、疑問を確定させようとする。今回の場合、「何」を聞きたいからそれを最初に持ってくる。まさに、英語は重要なものを前半に、日本語は後半に持ってくる傾向がある。そこを理解しておけば、英語も国語もある程度攻略しやすくはならないだろうか。

     このような2つの言語の違いを観察してみると、英語は文の最初で肯定か否定かを述べなければならない。最初の段階でそこをはっきりさせておくのだ。一方、日本語は肯定か否定かを最後に決められる。話している途中でも、後付けで肯定と否定を切り替えることができるのだ。全体の文の流れを最初に決めなければならない英語に対し、後からでも変更可能な日本語。よく、「アメリカ人はYes、Noをはっきりさせる」、「日本人は曖昧な表現を好む」と言われるが、言語の特徴からも説明できるのではないだろうか。
    次の例文ではどうだろう。

    18.I like baseball better than tennis.  私はテニスより野球が好きだ。

    これも、英語では好きなのは野球なのかテニスなのかをはっきりさせている。しかし、日本語では「私はテニス」まで言っても、そこから後の文章を変えることができる。そして、この文章は「私は野球の方がテニスより好きだ」とも訳せる。結局、どちらの方が好きなのかは後でも決められるのだ。
    極端な例を挙げれば、

    19.I love tennis.  私はテニスが大好きだ。
    20.I hate tennis.  私はテニスが大嫌いだ。

    好きなのか嫌いなのかさえ、日本語は後で決められる。当然、英語は最初に決めなければならない。「私はテニスが・・・・・・うん、ね」という具合に、日本語の文章は途中まで作れてしまう。やはり、はっきりとした英語、曖昧な日本語というのも納得できよう。


     こうやって一通り考えてみると、改めて日本語の文章は文末に注目せよというのは理にかなっていると言えよう。英語を学ぶからこそ、日本語の特徴が見えてくる。どちらも言語であるのだから、比較しながら両方の実力を高めていけたら理想だろう。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。