• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

日本に「ゲーム」インディーズ時代は来るのか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本に「ゲーム」インディーズ時代は来るのか?

2012-10-10 17:37
     去る、9月20日から23日まで幕張メッセで「東京ゲームショウ2012」が開催されました。20日、21日はビジネスデーでしたが、例年よりも若干、来場者が少なかったような印象を受けました。その分海外からのお客さんが目立つような気がしました。

     

    家庭用ゲームメーカーとしてはマイクロソフトが出展を行わず、ゲームハードを開発生産しているメーカーはソニーコンピューター・エンタテインメントのみ、そのSCEでもPSVITAに依るコンテンツのダウンロード販売やモバイルでの展開など、デバイスを問わない方向に徐々にシフトしているように思いました。

     

    今年の会場を支えたのはソーシャル系のスマートフォン向けのコンテンツパブリッシャー、それを取り囲むようにに配置された家庭用のゲ-ムメーカーブースも出展コンテンツも大半がスマートフォン向けのコンテンツであり、報道によれば出展コンテンツの7割がソーシャル系コンテンツ、昨年比2・7倍の数のスマートフォン向けゲームが会場に展示さてたということもあり、時代の流れを感じさせます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。