• うちバトpart2 裏話

    2019-11-12 18:10



    手描き実況者の苦労がよくわかった、そんな回。

    今回は色違いウォーグルのアルタと、サンドパンのハリスがメインとなっています。
    うちの子の設定に関してはこちらを参照プリーズ。
    うちのこまとめ→https://www.uchinokomato.me/user/show/32724

    また、間接的に関係があるのでニャオニクスのセレーネにも焦点を当てています。
    全部同じ人からのもらい物っていう繋がりなんですけどね。お世話になってます。
    アキさんとはクロスオーバーさせて頂いており、ハリスの妹であるAサンドパンのレイカと、セレーネの双子の兄にあたるアステルが、アキさんのポケ擬動画シリーズの主人公・カエデのところにいます。
    アルタはアキさんの通常回シリーズのヒナタがゲットして交換してくれたことになってます。アキさんのところにはグラムくんいるからね。
    カエデはハリスたちに会うためにレイカやアローちゃん連れてラボに来てくれてるみたいです。胆力あるなぁ……。
    別次元の世界にお互い住んでいるので、ウルトラホール使ってます。便利設定すぎる。
    そんな珍しいお客さんをユゴートが放っておくはずがないのですが、彼女らに手を出すと周りが黙ってないので大人しく自室に引きこもってるようです。というかアローちゃんに勝てないもんね。

    そんなこんなで視聴者置いてけぼりの身内ネタぶっこんで自由にやってみました。
    基本的にみんなユゴラボでうまくやってくれてます。アルタは大人なので、暇つぶしにじゃれついてくるハリスも笑顔で薙ぎ払ってます。大人です。

    動画内でうちの子最強って言われてるアルタですが、実際に最強。
    ウォーグル自体が滅茶苦茶使いやすくて、威嚇が多い環境によってすごく選出しやすいです。
    ステロが多いのでそこだけネックですが、調整次第で見れる相手も変わるし厄介どころに幅広く戦えるのが強みです。全抜き性能は無いので、エースとしてはマンダとかの方がやっぱり使いやすいですけどね。
    剣盾でも出るからみんなウォーグル使え。

    セレーネは中の人が誕生日に頂いた子。負けん気が強いなら勝ち気も戦えるだろうと思って使ってました。
    実際発動はするのですが、いかんせん種族値と技の威力が足りない。
    四倍弱点を突けば流行どころに有利取れますが、上述の通りステロが多く、先発以外だと出しにくいので対面負けするとそこから崩されやすかったです。
    しかしながら動画内でも言っていますが、キノガッサに強かったです。猫だまし→サイコショックで、全てのキノガッサを無傷で突破してます。なんで最後にマッハパンチすらしてこないのか気になるのですが……。
    ガッサを無傷突破→メガゲンのシャドボで勝ち気発動→メガゲン突破した時はポケモンやっててよかったと思える瞬間でした。

    フレミーは残念ながら動画内で出番を与えられませんでしたが、バトルでは大活躍でした。
    フロストロトムの攻撃範囲が環境に合っていて、受けに来るナットレイをめざ炎で焼きまくってくれました。
    剣盾では別フォルムでも出してあげたいですね。

    ご視聴済みの方はありがとうございます。
    そして、ウルトラサン/ウルトラムーンもありがとう!
    剣盾楽しみだー!


  • 広告
  • 【ポケモンUSM/剣盾】ウォーグルの調整

    2019-06-13 01:12


    最近自分の周囲でウォーグルがプチブームみたいなので、
    自分が調整したウォーグルを紹介しておきます。

    ※追記(2020/01/16)
     剣盾用に作った調整が使いやすかったので載せておきます。
     なぜ別記事にしないかというと、そのうちランドロスやカプ・テテフが戻ってくるからです。

    ■種族値
     H100 A123 B75 C57 D75 S80

    ■特性
     ちからずく……追加効果のある技の効果を消す代わりに威力1.3倍
     負けん気(隠)……能力が下がると攻撃力が2段階上昇

    ■利点
    ・カッコいい
    ・威嚇が多い環境で、負けん気が発動しやすい
    ・一度負けん気が発動してしまえば、相手のエースを相打ちで持っていける火力がある
    ・技範囲が広く、S操作もこなせて、アイテムの自由度も高い
    ・♂のみなので遺伝技がなく厳選しやすい
    ・やっぱりカッコいい
    ・カッコいい
    一部のダイマックス技で負けん気が発動する(2020/01/16追記)

    ■調整
    ①チョッキ想定フルアタ型
    ②追い風型
    ③チョッキ想定フルアタ型改変 6/28追記
    ④剣盾用チョッキフルアタ型 2020/01/16追記

    ◆チョッキ想定フルアタ
     性格:意地っ張り
     特性:負けん気
     調整:A236 D52 S220
     実数値:H175 A190 B95 C× D102 S128
     技構成:ブレイブバード/岩石封じ/蜻蛉返り/シャドークローor馬鹿力

    ・岩石封じで最速ゲッコウガ抜き
    ・ブレイブバードで無振りミミッキュを99%以上の乱数一発
    ・ブレイブバードで無振りゲッコウガを確定一発
    ・岩石封じ+ブレイブバードでH252カプ・テテフを確定
    ・岩石封じで無振りメガリザードンYを確定一発
    ・シャドークローでH252シールドギルガルドを確定三発
    ・馬鹿力→A↓馬鹿力でH252ナットレイを確定
    ・威嚇で負けん気発動時、ブレイブバードでH175霊獣ランドロスを確定一発
    ・威嚇で負けん気発動時、ブレイブバードでH252ボーマンダ(メガ前)を高乱数一発
    ・チョッキで特化眼鏡テテフのフィールド込みサイキネを最高乱数以外耐え
    ・チョッキで特化霊獣ボルトロスの10万ボルトを確定耐え
    ・陽気霊獣ランドロスのストーンエッジが低乱数一発(37%)
    ・臆病メガリザードンYの日照りオーバーヒートが超低乱数一発(18%)

     突撃チョッキ想定のフルアタウォーグル。
     メジャーどころを対面から撃破、あるいは相打ちすることが出来る。
     特に現時点で使用率TOP30に入るポケモンの内、約半数に対面から互角以上に勝負できる。
     特にギルガルドのキングシールドを気にせずシャドクロで殴れるのは利点。
     威嚇を回して物理を受けに来る相手には、交代先の威嚇勢を確殺してわからせよう。
     スカーフを持たせても便利で、ゲッコウガが抜けるというだけでオイシイやつ。
     スカーフ型の場合は岩石封じを岩雪崩に、火力の出ないシャドクロは馬鹿力にすると良い。
     ゴーグルを持たせれば、フシギバナやキノガッサとも渡り合える(岩封はきついが)。
     ヒコウZを持たせてブレバで突っ込むだけでも恐ろしい火力になる。
     威嚇+負けん気発動時、ブレバZでH252メガボーマンダが確定一発とかいう爆発力。
     相性の良い相棒としては、弱点タイプをすべてカバーできるドリュウズ等が挙げられる。
     アタッカーにはなれるがエースになれるほど抜き性能は無いことに注意。
     ドリュウズ等が全抜きできるよう、邪魔者を正面から片付ける露払い役が適任だろう。
     チョッキ以外で追い風を使う場合、最速スカーフガブリアス抜き抜き調整になっている。
     追い風を使う場合の構成もさっき考えたので記載しておく。


    ◆追い風型
     性格:意地っ張り
     特性:負けん気
     調整:A236 D148 S124
     実数値:H175 A190 B95 C× D114 S116
     技構成:ブレイブバード/追い風/蜻蛉返り/馬鹿力or岩雪崩

    ・追い風発動で最速スカーフドリュウズ抜き(準速スカーフガブリアス抜き)
    ・岩石封じで最速106族(レパルダス、カエンジシ)抜き
    ・臆病アーゴヨンのZヘドロウェーブを確定耐え
    ・臆病ウルガモスの蝶舞大文字を確定耐え

     叩き台なので仮想敵は適当。追い風する前提なのでそんなにS確保していない。
     純粋に耐久ラインが上がったのでチョッキじゃなくても等倍特殊相手にそこそこ強い。
     ヒコウZを持てばブレイブバードと追い風、どちらで使うか選べる。
     Z追い風は急所ランクが上がるので、疑似的な火力補強にもなる。
     この場合、PT全体のS操作をこなせるようになる代わり、対面性能は落ちている。
     仮想敵を絞った上でアイテムを選び、全抜き性能の高い効果力アタッカーを添えると良い。


    ◆チョッキ想定フルアタ改変 6/28追記
     性格:意地っ張り
     特性:負けん気
     調整:H124 A212 S172
     実数値:H191 A187 B95 C× D95 S122
     技構成:ブレイブバード/岩石封じ/蜻蛉返り/シャドークローor馬鹿力

    ・岩石封じで最速ジャローダ抜き抜き(ジャロ抜きメガマンダ意識)
    ・耐久無振りゲッコウガをブレイブバードで最高乱数以外で一発
    ・臆病メガリザードンの日照りオーバーヒートを確定耐え
    ・陽気霊獣ランドロスのストーンエッジを確定耐え
    ・陽気メガボーマンダの捨て身タックルを75%の確率で耐える

     技構成は以前までのチョッキ型と同じ。
     極端に耐久ラインが変わっているわけではないが、威嚇勢により厚くしたかった結果。
     Aが若干下がっているが、H252テテフへの遂行能力は変わらず。
     最速ジャロ抜きメガマンダ(いわゆる183マンダ)を意識している。
     威嚇により負けん気が発動すれば、捨て身の反動+ブレバで確殺できるようになっている。
     絶対数が多いわけではないが、似た構成のメガマンダに有利なギャンブルを仕掛けられる。
     意地っ張りランド相手でも、63%の確率でエッジを耐えられるようになった。
     火力は下がったが、そもそも負けん気が発動してもランドロスを確殺するのは難しい。
     であれば岩石封じから入り、乱数をずらすことでブレバで仕留められる。
     負けん気を見たのに岩石封じをしてくるランドもいないので、スカーフ以外には安定する。
     ネックはSラインを下げたことでスカーフ運用が出来なくなっていること。
     ゲッコウガやアーゴヨンが抜けなくなったが、タスキでなければ今まで通り迎え撃てる。
     B=Dになってしまったのでダウンロードには注意が必要。


    ◆剣盾用チョッキフルアタ型 2020/01/16追記
     性格:意地っ張り
     特性:負けん気
     調整:A252 D44 S212
     実数値:H175 A192 B101 C× D100 S127
     技構成:ブレイブバード/インファイト/岩石封じ/アイアンヘッドorシャドークロー

    ・岩石封じorダイジェットで最速121族抜き
    ・ブレイブバードでH無振りヒヒダルマ高乱数一発
    ・A↑ブレイブバードでH252ギャラドス高乱数一発
    ・岩石封じで化けの皮破壊+ダイジェットでH252ミミッキュ確定
    ・ダイジェットでH無振りリザードン確定一発
    ・ダイジェットでH無振りドラパルト高乱数一発
    ・ダイジェットでH252サザンドラ確定二発
    ・インファイトでH252ジュラルドン確定二発(D↓しても特化徹底光線を最高乱数以外耐え)
    ・ダイナックルでB特化ナットレイ確定二発
    ・岩石封じでH無振りリザードン確定一発
    ・ダイロックでH無振りヒートロトム確定一発
    ・ダイロックでH無振りリザードン(ダイマックッス)確定一発
    ・アイアンヘッドでH252ニンフィア確定二発
    ・ダイスチルでH252オーロンゲ確定一発
    ・ダイスチルでH無振りトゲキッス(ダイマックス)確定二発
    ・A↑シャドークローでH252ギルガルド確定二発
    ・C特化ヒートロトムのダイサンダー(10万ボルト)乱数一発
    ・ダイマックスで特化トゲキッスのダイジェット(エアスラ)確定四発

     ダイマックス考慮のせいで仮想敵がやたらと多い。
     大雑把に言えば、USM時代に引き続き多くの流行どころを対面から相手できる。
     特に大きいのは、壁オーロンゲとダイドラパルトを一匹で処理できること。
     ソウルクラッシュで負けん気が発動し、ダイスチルでBが上がり、ダイドラグーンでも負けん気が発動するため、ダイマックスのタイミングを間違えなければ構築単位で破壊することが出来る。
     無理なのはドリュウズ、アーマーガア、水ロトム、ドヒドイデあたり。
     サニーゴは鬼火が厄介だが、力を吸い取るでAが上がり、ダイホロウでBが下がるので運が良ければ押し切れる。
     また、キングシールドの仕様変更によって負けん気による上昇分が勝つようになったため、シャドクロでガルドを押し切れるようにもなった。
     ちからずくの場合は岩石封じの代わりに追い風を採用し、命の球を持たせると火力が爆発的に上がる。その場合はSを追い風でスカドリュ抜きくらいにして、ADベースで調整すると使いやすい。
     

     みんなウォーグルを使え。


  • うちバトpart1 裏話

    2019-05-27 23:09


     興味本位で手を出したポケ擬の沼が深かった。その一言に尽きる。

     今回はエンペルトのフリゲートがメインの回となっています。
     最初に擬人化したのはサンドパンのハリスなんですが、フリゲートのデザインがいたく気に入ってしまい、この子をシリーズのメインにしていこうと決めました。今後は彼女が左上に固定されることでしょう。
     先ずは純粋に使用感ですが、エンペルト使いやすい。弱点がメジャーで等倍が多いのがネックなものの、耐久も火力も安定してて場持ちが良い。鋼タイプというだけで現環境では頼りになるので、あの6匹の中では選出率が非常に高かったです。ちなみに選出率トップはポリゴン2のクルースチャ。フリゲート、クルースチャ、クロネの選出が一番バランス良かったです。
     全体的に鈍足PTになってしまったので、次回からはSの速いポケモンも入れていこうかなと。特にキノガッサやヘラクロスなど、格闘タイプの通りがよすぎてヤバかった。ルカリオには勝てません。

     さて、今回の主役だったフリゲート。当初は「面倒見の良いクールなお姉さん」的なポジのつもりでした。今もその面影はあるのですが、動画を編集している内に徐々に個性が独り歩きを始め、気付いたら「クールだけどたまにポンコツなクソ真面目系お姉さん」になってました。可愛いものに弱いです。
     私の動画に登場する擬人化ポケモンたちは、それぞれが何かしらの経緯を経て擬人化という体験をしています。フリゲートの場合、「人間に奪われた仲間を取り戻すため人間の身体に近づいた」という皮肉のような現象を体験しています。しかし変化は中途半端で、下半身はエンペルトの水かきが残っており人間としては異形な姿となっています。ポケモンの肉体の一部を残すのが、個人的なポケ擬のこだわりでもあったり。
     ボロボロになりながら太平洋を縦断するなど無謀の極みですが、プライドの高いエンペルトというポケモン、隠れ特性にある"まけんき"に加え、ピンチになると全力を出す"げきりゅう"を考慮し、フリゲートはどんな逆境でも諦めない不屈の精神を持っているポケモンとなりました。そのため所持するアイテムもチョッキや残飯など、耐久を上げるアイテムで統一しています。決して倒されず、ここ一番で逆境を乗り越える、不沈艦のような存在です。

     当初、故郷はペンギンの暮らす南極にしようと思ったのですが、図鑑説明ではポッチャマは北国にいるとのことだったので、おそらくシンオウ地方のさらに北が彼女の出身。北極に近いアラスカ近辺かもしれません。そこに現れた某なんとか団とかいうマフィアに襲われ、仲間を運ばれて行きました。あんまり深く考えてないけど、多分カントーの方まで連れていかれたのではなかろうか。どんだけ泳いだんですかね。

     そしてたどり着いた人間の世界で、同じく密漁組織を追っていたくろやりという男に出会います。彼はあくまで作中の存在であって、私自身を投影したつもりはありません。まぁ、たまに中の人と思考や知識がリンクしますが。
     彼は、私の思い描く理想のトレーナー像が形になったもの。手持ちポケモンと以心伝心で通じ合い、バトルを心から楽しむ生粋のトレーナー。そして実際のポケモンシリーズのストーリーを踏襲し、それらを経験してきている設定です。七世代の動画なのに物語の拠点となるユゴラボがシンオウにあるのも、ポケモンでも運営できる施設を拠点にしたい→放置された研究施設であれば使いまわせそう→諸事情で雪山にしたい→テンガン山にギンガ団が放置していった設定にしよう、という理由のため、DPPtにおける槍の柱の事件はこのくろやりが解決したことになっています。なお、雪山にした諸事情については後程ユゴートの裏話にて語る予定。

     絶望の底から救われたという意味で、フリゲートはこの男に感謝と敬意をもって仕えています。それはもしかしたら愛情とも呼べる感情なのかもしれませんが、本人には理解が出来ていない。そんなことを考えることすらせず、あるのはただ忠義のみ。大切なものを守ろうとする鋼の決意。彼がバトルを楽しむのなら、彼が楽しめるように自分もバトルを楽しむ。『必ず貴方の役に立つ』という一本槍が彼女の芯となっています。

     さて、この「うちバト」シリーズでは今後もテンガン山にあるユゴラボを舞台として作られて行きます。しかし対戦動画という名目の構成上、視聴していただく皆様を序盤に退屈させたくいはないので、3~5分程度の前置き部分でユゴラボでの日常風景をお届けし、すぐ対戦パートに入れるようにしていきます。長編の物語というより、一話完結式の連載漫画のようなノリでお届けしようかなと。
     そして対戦パートを1~2本収録し、残りの時間をメインとなるポケモンのストーリー部分として垂れ流します。見ても良いし見なくてもいい、気になる方だけどうぞという自己満足二次創作をお見舞いしていきますので、どうぞよしなに。
     ちなみに今回登場したポケ擬はメスおよび性別不明、外見はすべて女性という並びでしたが、今後はオスも出てきます。オスのポケモンでも使いたいのはいっぱいいるし、擬人化デザイン思いついちゃったのもいるからね。可愛い子だけじゃなくイケメンも出したいんだよ!!
     初回ということで試しにノベルゲー風に展開してみたのですが、見にくかったという意見はあるでしょうか? 出来る限り改善はしていくので、指摘や注文は随時受け付けます。動画時間は画質を考慮して30分に収めます。

     以前、自分の記事で「面白い動画の三軸」を偉そうに語りましたが、正直な話自分ではどの程度それを体現できているかわかりません。センスはあると思っていたいし、編集も頑張ったつもりではあるけど、全ては視聴者の感想がモノを言うので、アドバイスは欲しいです。普段の実況は自分でも投げやりにやっているのは理解しているのでこれからもテキトー(いい意味で)にやっていきますが、このシリーズは一種の創作のような物なのでもっとブラッシュアップしていきたいです。

     多くの再生/コメント/マイリス/広告に感謝を。そして、動画の素材を拝借させて頂いたフリー素材提供者様、およびすべての立ち絵を描いてくれた担当、楽曲提供者、皆々様に御礼申し上げます。これからもよろしくお願いいたします。




    ちなみにフリゲートの下着の色は黒です。