ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • うちバトpart6 裏話

    2021-02-16 21:56

    久々のUSM回。フリゲート含むガラル入国禁止勢を使いたかったのです。
    バレンタイン要素は皆無。
    うちのこまとめ(いろいろとネタバレあり)→https://www.uchinokomato.me/user/show/32724



    まずは初登場となるティーアから。
    アルファサファイア組で、ユゴラボでは現状唯一のドラゴンタイプ。
    特異点であるウルトラホールの先にあるホウエン地方に向かった先で出会った子。ミーハーでゲーマー。感性が我々オタクに一番近い。
    大切な兄であるラティオスとは、今でもウルトラホールを通って会いに行っているらしい。
    せっかくUSMやるならメガシンカできる子を採用したいと思い、今回登場となりました。準伝説って強い。

    続いてツクモ。
    頂き物の色違いカミツルギ。その節はお世話になりました。
    ウルトラビーストなのでウルトラホールを自在に開けられる。カンムリ雪原で冒険をサボっているクロヤリを強制的に連れてこれるなどある意味最強の御仁。
    とはいえ主人に忠義を尽くしているらしいので、横暴はしない。でも倫理観と常識が若干フッ飛んでいるので言動が怪しい。
    ユゴートの作る《門》はウルトラホールに類似した性質を持つので、彼女の研究の手伝いをしているとかなんとか。彼女もまた、ツクモにとっては居場所を提供してくれている恩人なので逆らえないらしい。

    そして二回目の登場ながらまたもやバトルに出なかったユゴート。
    彼女に関するネタバレはうちのこまとめを読んでいただくとして、さすがの領域外の生命。
    次元を超えたハッキングなどお手の物の様子。皆さんの反応次第で出番が増えるかもしれない立ち位置のお人。存在が便利。
    B2階にある「立入禁止の部屋」に関しては、入室したことがあるのはクロヤリのみ。自分を仲間と信じて疑わない彼に、真実を知ることの恐怖を植え付けて彼の価値を図ろうと入室を許可。結果、莫大なSANチェックに見舞われながらも正気を保ち、彼女の存在を認めた上で仲間として接しているクロヤリという男に呆れながらも、彼女もまた仲間として認めている様子。
    ちなみに当該の部屋の中は、地球外生命体である菌糸とキノコ類にまみれた暗黒空間と化しており、巨大な《門》が口を開いている……ユゴスと呼ばれる冒涜的な惑星へと。


    よく出てくる単語や、動画でまだ解説していない情報などは、積極的に出していきたいところ。Twitterやうちのこまとめでは書いてあっても、やっぱり動画シリーズとして作っている以上は出していきたいですね。


  • 広告
  • うちバトpart5 裏話

    2020-10-27 21:44
    鎧、冠と来たら、次は槍ですよね??????????
    うちのこまとめ(いろいろとネタバレあり)
    https://www.uchinokomato.me/user/show/32724

    トレーナーとしての新キャラ「アイハ」と、その相棒であるギルガルドの「カテナ」が登場。
    また、擬人化旅で仲間になったHG組の「ラース」と、ホワイト組の「ケルツェ」「ヤエ」「ジェリム」が登場しております。新キャラばっかりじゃねーか!!
    ちなみに「エピス」はプラチナ組です。

    まずはアイハについて。
    カロス地方出身の新米トレーナー。
    コボクタウン付近の城下町に住んでいて、実家はちょっと裕福。お母さんと一緒にガラル地方に一時的に引っ越してきてます。
    アホでのんきながら、パッシブスキル幸運S+により未知の冒険もなぜか踏破できてしまう人。
    サブロムの「ソード」で主人公やってます。
    カテナが擬人化したことに驚いて、詳しい人を探していたら風の噂でクロヤリのことを知り、いろいろ教えてもらってます。クロヤリのことは「残念な変人」としか思ってないようですが、トレーナーとしては誰よりも尊敬しているそうです。

    続いてカテナ。
    アイハの母が、幼いアイハの友達になればとショボンヌ城付近でゲットした子。
    友達というより家族のように接してきており、無鉄砲なアイハを支えてきた姉のような存在。
    アイハのことを「お嬢様」と呼んでいるのは、もうちょっと清楚でおしとやかな女性に育ってほしいという母の思いを汲んでいるため。めっちゃいいやつですね。
    表情に変化が少ないのは、従者としてポケモンとして友達としてどう接していけばいいのかどう答えていけばいいのか悩みすぎた結果、目を開けることを忘れてしまったからだそうです。

    ラースは怒りの湖でゲットされました。
    ロケット団の毒電波により無理やり成長されたことから、心は幼いまま身体だけ成長しています。大人びた言葉遣いなのも、背伸びした結果のもの。たまに口調が崩れます。
    当時の旅パは男性陣が多かったのですが、ラボに来てからは女性比率が多いためちょっとドギマギしている様子。お姉さんたちにからかわれてかわいそう。
    ギャラドス自体、中の人が昔からよく使っていたのでやはり扱いやすいです。いつの時代も環境の最前線で活躍するギャラドスはホントいいポケモンですよね。

    ケルツェはホワイト旅で最後に仲間になりました。
    タワーオブヘブンに出る妖怪として恐れられており、中になる前から擬人化していた子。
    お参りに来る人間の魂を少しずつ吸い取って糧としていましたが、クロヤリたちに退治されて更生(?)した様子。
    しかしながらクロヤリの魂が誰よりもおいしいことに気づいてしまい、たびたび彼を色々な意味で襲っています。フリゲートやクロネがストッパーになっていなければ、クロヤリは今頃この世にいなかったかもしれません。いやよく死んでるんですけども。
    ちなみにラボの中の実力で言うと、序列はフリゲートと並んで2位に君臨。
    なおフリゲートと組めばそれでやっとアルタに勝てるらしいです。アルタがおかしい。

    ヤエはヤグルマの森で迷っているクロヤリたちを助けてくれたお姉さん。
    面倒見がよく気遣いができるので、ユゴラボの中でも交友関係が広いそうです。
    しかし百合キチのため女性陣からは恐れられている部分も。愛情表現は鼻血。
    剣盾で技が一部変更となり、夢食いが消えたことで使いにくさが上がってしまいましたね。それでもハマれば強いのは積みポケの良さでもあります。
    今回はアイハが来たことで「クロヤリさんが女の子連れ込んでるキャー」とか頭の中に花が咲いていましたが、後であの二人に何の進展もなさそうなのがわかって美味しくないとのこと。

    ジェリムは念力が暴走して周囲を壊しまくっていたところを捕まえられました。
    頭が非常に良い反面、頭を使うと念力が暴走するという難儀な子。
    結局のところ、念力で作り出した拳をたたきつけるパワープレイがお好みな様子。
    そんな危険人物である自分に優しく接してくれるクロヤリには一定以上の感情があるとかないとか。は?切れそう。
    際どい格好をしていますがマジックガードにより見えません。見えません。


    また、今回は2戦目に実況者のヤクンテさんとの対戦の様子をお送りしました。
    たまたまカジュアルバトルでマッチし、びっくりしました。普段はランクマッチでの動画を上げている方なので。
    「もしかしたら次の動画で使うPTかな?」と思い、こちらの動画に使用する許可を取りに行ったところ、ヤクンテさん側の動画が上がった後なら大丈夫とのことで快諾いただけました。この場を借りて改めて感謝申し上げます、ありがとうございます。

    こちらがヤクンテさんの動画。ヤブクロンの正体がわかるかも?

  • うちバトpart4 裏話

    2020-07-15 19:45

    ヨロイ島の解禁組が嬉しくて投稿ペース上がったってマジ?
    うちのこまとめ(いろいろとネタバレあり)→https://www.uchinokomato.me/user/show/32724


    ハリス、クロネに関しては今までの動画で補完しているので置いておきましょう。
    アンタレスは前回を参照。ちなみに今回はしれっと生脚差分です。

    まずはクルースチャについて。
    ユゴラボのメンバーの体調管理をしています。動画内では"トレース"ですが、"アナライズ"も使えるので相手のことをよく把握しています。メカなのでその辺は便利設定ってことで。
    妙に発音しづらい名前ですが、元ネタはもはやお馴染みのクトゥルフ神話から。這いよる混沌でおなじみニャルラトテップの化身の一つ、解き明かしたものをニャルラトテップに変えてしまうというクルースチャ方程式です。
    ポリゴン2って宇宙開発用に作られたらしいので、宇宙と交信する能力持っててもおかしくないじゃないですか(ろくろ回し)。トバリシティのゲームコーナーの倉庫で眠っていた不良品ポリゴンが外宇宙から毒電波拾い化身に取りつかれた姿です。
    女性の外見をしていますが、これはユゴートに「改修するけどデザインに注文あるかい?」と聞かれたクロヤリの趣味です。
    ユゴートは中身に気づいており、絶対にクルースチャを「修復不能なレベルまで破損させてはならない」と語っています。中身出てきちゃうからね。
    しかしながらそこはさすがのポリゴン2、簡単には壊れません。マスターの役に立つため、戦うことは好きな様子。

    続いてミルファですが、こちらは風嵐@ウィックさんより頂いた際に「姉妹設定にする?」と提案されて「あざまーーーーーーーーーーすwwwwwwwww」と喜んで採用させていただきました。ペルセウスかわいいよペルセウス。
    実際にGoogle再翻訳させているわけではありませんが、セリフを考えるのが難しいながらも楽しい子です。支離滅裂だが言いたいことは伝わる、というブロントさん的な言葉選びは素人がやると頭がおかしくなって死ぬ。
    なお電磁砲とハサミギロチンの命中率が80%を超えています。やっぱり姉妹なんすねぇ。
    ちなみに貰い物の子に関しては特に闇のある設定は入れていません。

    クラウスは……あんな感じです。
    ちなみにアンタレスもクラウスも、今のところお互いに意識しておりません。タブンネ。

    で、最後に登場したリカードですが、実はクロヤリが初めて出会った擬人化ポケモンです。
    その時はポケモン擬人化現象について聞き及んでいなかったクロヤリが、カロスを冒険しているときに出会った「ちょっと変わったにーちゃん」程度の認識で会話した仲。楽しく冒険のできるトレーナーを待ちわびている内に擬人化してしまい、人にくっついていくのに抵抗感の出てしまったリカードは、また彼が自分を思い出して遊びに来てくれたら正体を明かそうと数年待っていました。
    やがてユゴラボでユゴートと出会い、フリゲートやハリスを仲間に加えたクロヤリが、「あの時も彼もそうかもしれない」と思い出して会いに行き、仲間入り。そのため時系列的には割と古参です。
    軽薄そうに見えて思慮深く、出番がない時も鍛錬を怠らない努力家。他人を評価するのが上手く、かといって自分を卑下することもしない。
    多くのメンバーに対して「兄さん/姉さん」と呼び、年下には「くん/ちゃん」をつけ、クロヤリとイサラにだけは「旦那」と呼びます。目ざとい。
    解禁が待ち遠しいメンバーの1人。ドードリオって結構面白い技を覚えるので楽しいです。

    モチベーション上がって一気に作り上げてしまいましたが、次はいつになるかわかりませんね。冠が来るまでには……