投げやりフリーpart6 使用PTの紹介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

投げやりフリーpart6 使用PTの紹介

2014-01-17 21:49

     あけましておめでとうございます。ブロマガ初めてなのでお手柔らかにお願いします(?)
     動画の中でも言ってますが、今回は新しく育てたポケモンが多いので、こちらで紹介しようと思います。ピーキーなポケモンもいて参考になるかはわかりませんが、テンプレじゃないからこそ紹介する意味もあるのかなと思います。


    ・オノノクス(NN:エンドイフ)
     性格:意地っ張り 特性:型破り 個体値:31-31-31-01-31-31
     努力値:H188 A244 S76 実数値:175-217-110-×-90-127
     技構成:逆鱗/地震/毒突き/竜の舞@ラムの実

     五世代でも一般的だった175オノノクスがベース。Aを若干削り、Sにちょい足し。1舞で最速120族まで抜けたはず。多分。
     このS調整はルチャブルを抜こうと思った結果の副産物。エンカウント率は低い相手ですが、上から飛び膝撃たれるのは怖いですからね。対面時の勝率を上げるために頑張って振りました。
     竜の舞は元々剣の舞で使う予定でしたが、PT全体のSが遅く、ガブに抜かれて顔面クリムガン(同期竜)になったので、ガブリアスに厚くするにはこっちかなと。電磁波まきびしサポートを受ける関係上、剣舞の方が向いてるんですけどねぇ~。
     オノノクスを動画で使うのは初めてだった気がしますが、五世代ではよくお世話になっていた思い入れのあるポケモンです。ずっと使ってた自分が言うので間違ってないと思いますが、オノノクスって火力ないですよね。A147で一致120が撃てるのに何言ってんだと思われそうですが、使ったことある方なら同意してもらえると思います。逆鱗以外の火力が出ないし、逆鱗自体が使いにくい技で撃つのをためらうので、なかなか種族値に物を言わせた全抜きができない現実。メガシンカポケモンの登場で火力インフレに置いてけぼりを食らった印象があります。それでも型破り地震がロトムに刺さる、鬼火ファイアローなどにラムで一泡吹かせられるなど、見どころは多々ありました。
     毒突きは正直いらないかなと。いっそアイアンテールの方がマシに思えました。氷河要塞のせいで。
     NNの由来はファンタシースターポータブル2インフィニティというPSPのゲームに登場する斧の名前。僕の動画にはPSPo2iを由来にしたNNがけっこう出てます。


    ・ルンパッパ(NN:まゆしぃ)
     性格:控え目 特性:すいすい 個体値:31-18~19-31-31-31-31
     努力値:H156 B4 C204 D132 S12 実数値:175-×-91-149-137-92
     技構成:ハイドロポンプ/ギガドレイン/冷凍ビーム/気合玉@突撃チョッキ
     
     
     

     トゥットゥルー♪
     エンドイフが物理エースなら、このルンパッパは特殊エース。とはいえ持ち物がチョッキのため火力は微妙。すいすい発動で抜けるのは115族まで。耐久面に振りまくったため、足が遅くなりました。火力も素早さも微妙な雨エースってどうなんだ会議。
     チョッキを持ちながら回復できるじゃんという発想。特殊相手にちゅっちゅるーしてるだけで殴り勝てる。その耐久は眼鏡ラティオスの流星群を2連打されても耐えきるほど。Dに厚くしたルンパには個人的な信頼を置いているので、甘えずガッツリ振りました。この耐久のおかげで雨がなくても戦えるのは強いと思います。
     気合玉はナットレイへの申し訳程度の装備。めざ炎粘る気力もなかったし、でも持ってないと鋼きついしということで。PTに格闘技なかったし、まぁ持たせとけばいいかなと。命中安定の水技や威力の上がったエナボも考えてました。PTによって組み替えればいい気がします。
     NNの由来は説明不要ですね。実はコイツのNNだけで三日三晩悩んでました。あの存在感だからこそ、NNに手を抜くわけにはいかない。帽子をかぶっているキャラクターを考え抜いた結果、行き着いたのがこのNN。これが運命石の扉の選択……!


    ・ユキメノコ(NN:ユキジョロウ)
     性格:陽気 特性:呪われボディ 個体値:31-31-31-18~19-31-31
     努力値:H252 D4 S252 実数値:177-100-90-×-91-178
     技構成:氷のつぶて/まきびし/電磁波/雨乞い@湿った岩

     コメントを参考に育ててみようと思ったポケモン。徹底した撒きサポート役。とにかく目の前の敵に電磁波を撒いて起点にしたいので、うかつに氷漬けにする可能性のある冷凍ビームは不採用。無効化されるシャドーボールも却下。悩んだ結果、居座った敵のタスキなりマルスケなり引っぺがせるつぶてに行きつきました。
     まず雨を降らせることで、ルンパッパのすいすい発動、レアコイルの雷の命中率、ギャラドスの火力サポートなどを狙います。タスキを持っていないのは、1ターンで落ちることができれば雨ターンを無駄にせず済むのと、炎技読みで降らせれば生き残ることができ、まきびしまで撒いて散れるという理由から、持つメリットは薄いのかなと。
     初手で電磁波を入れれば痺れて動けない可能性もあり、撒ける物をとにかく撒きまくることができます。電磁波を撒くことでオノノが舞う起点を作れて、まきびしのおかげで逆鱗がタスキで止まらなくなります。ルンパッパを活かす場合は雨乞い優先、オノノクスを活かす場合はまきびし優先、電磁波はとりあえず撒いておくのが正義と言った感じ。
     使い勝手は良好。耐久も最低限あり、ガブの逆鱗くらいなら耐えられるので、甘えたタスキつぶしの技を逆手にとって撒ける物撒いちゃいます。痺れ運が良ければまきびし3段重ねまで行けます。そのうちグドラと組ませてみようかなぁ。
     NNの由来は真・女神転生IMAGINEに登場する悪魔。ちなみにメガテンシリーズはプレイしたことないですが、友達がやってるのを見ててユキジョロウかわいいなと思ってました。


    ・レアコイル(NN:れあちーず)
     性格:図太い 特性:アナライズ 個体値:31-10~13-31-31-31-31
     努力値:H252 B252 S4 実数値:157-×-161-149-90-91
     技構成:雷/ボルトチェンジ/ラスターカノン/光の壁@進化の輝石

     コメントを参考に育成。エレザードが出ずっぱりだったので、新人の電気タイプとして採用。物理受けを任せましたが、格闘も地面も弱点の物理受けってどうなんだ会議。
     アナライズは相手の交代際にも発動するのでボルチェンとの相性が良好。雨が降ってれば雷が頼もしいリーサルウェポンに。光の壁は技枠が余ったので覚えさせましたが、地味に良い隠し味になりました。
     頑丈じゃないため、やはりガブがつらかったです。せっかく夢特性がメタモンで厳選できるようになったのでアナライズで作りたかったんですが、もっと活躍させたければ頑丈でいい気がします。
     アナライズなら最遅安定じゃねと言われそうですが、同速のグロスに抜かれて地震撃たれるのもシャクなので、Sに4振りだけしておきました。4振りグロスまで考えてもうちょい振るべきでしょうが、耐久面もけっこうカツカツなのでこれくらいで。
     コメントをもらったので育ててみましたが、ぶっちゃけるとジバコイルの方が圧倒的に使いやすいです。今はクレッフィに勝てる磁力分身ジバコイルとかもいけそうですし。大体ジバコイルでおkなことになりかねないので、種族値が違うとはいえレアコイルを最前線で活躍させるのは難しそうですね。とはいえ決して弱いわけではなく、頼りになるときもありました。
     チーズケーキ好きです。


    ・ギャラドス(NN:ブラッディ1)
     性格:意地っ張り 特性:威嚇 個体値:31-31-31-04~05-31-31
     努力値:H244 A164 B92 D4 S4 実数値:201-182-111-×-121-102
     技構成:滝登り/氷の牙/電磁波/身代わり@ゴツゴツメット

     part5で登場したギャラと同じ個体。ガブリアスに厚くするため、噛みつくを氷の牙に変更し、持ち物をメガストーンからゴツメにしました。努力値は調整しなおさなくても流用できるように振ってあったので、持ち物と技を変えるだけであら不思議、れっきとした物理受けギャラドスに大変身。
     正直に言ってめちゃめちゃ強いです。ギャラドスが強いのは周知の事実ですが、とにかく選出率が高くなる。なんという安心感。アタッカーとしても、電磁波・威嚇サポートとしても優秀な器用な奴。負けそうになってもまひるみで押し勝つことができます。まひるみ最高。
     メノコによるまきびしサポートがあるので、竜舞型も育成しようかと思ったんですが、個人的に耐久型の方が使い慣れているので育てなおしはしませんでした。
     NNの由来は破邪大星ダンガイオーというロボットアニメに登場する、青くて巨大な怪獣型ロボット・ブラッディⅠから。頭部に収納された機体が分離することで、赤い細身のロボット・ブラッディⅡが出現。だからキザンとギャラはセットで登場させたかったんです。ところでダンガイオー知ってる人いるんですかね。


     
    ・マフォクシー(NN:ステイル)
     性格:臆病 特性:猛火 個体値:31-14-22-31-31-31
     努力値:H4 C252 S252 実数値:151-×-88-166-120-171
     技構成:火炎放射/サイコキネシス/シャドーボール/めざめるパワー氷@気合の襷

     NNを見て気づいた方もいるかもしれませんが、今までずっと登場していたRedFoxとは違う個体です。ガブリアスに厚くするため(3回目)、新しく作りなおしました。かなり時間に押されて作ったので、めずらしく個体値を甘えてます。
     104族という素早さがガブに対する圧力になるのかなと。タスキのおかげで対面からなら殴り勝てます。めざ氷ぶつけても落ちないのがガブリアスですが、最近はタスキも多いようなのでそこまで気にしない。まきびしを踏んでいてくれれば1発で落ちることもあります。メノコ様々すぎる。
     RedFoxはサイコショックでしたが、こちらはキネシスになっています。が、ショックの方がよかったと思う場面が多々あったのでショックに変えます。やっぱりハピが怖い。火炎放射は大文字にしようか迷いましたが、タスキなら2回殴るチャンスもあるし別にいいかなと。僕は行動の試行回数を増やし、命中不安の技には頼らないようにしてます。行動回数こそ火力だと思ってますので。
     NNの由来はイギリスの魔術師。必要悪の教会に所属する、魔女狩りの王を従えたニコチン。魔法名はfortis931。


     ふぅ。
     けっこう長い記事になってしまいましたね。口で伝えようと思っていたことをつらつらと書き上げていたらこの量。やはりブロマガにしておいて正解でした。動画だったら40分超えたかもしれんww

     何かの参考にでもなれば幸いです。あと、これからも型紹介はブロマガがいいという意見がありましたら、参考にさせていただきます。それでは、また次回の動画で。しーゆーあげいん。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。