投げやりフリーpart8 新メンバー紹介+α
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

投げやりフリーpart8 新メンバー紹介+α

2014-01-30 20:35


    この記事の需要を考えてみた。
    「需要あんの?」→「別にないけどせっかくだから見てやろうかと」
    多分こんな感じだよね。


    テッカニン(NN:ビルバイン)
    性格:意地っ張り 特性:加速 個体値:31-31-31-18~19-31-31
    努力値:H4 A252 B116 D12 S124 実数値:137-156-80-57-72-196
    技構成:シザークロス/とんぼ返り/つばめ返し/守る@命の珠

     BW2のころの動画で使っていたテッカニンと同じ技構成。個人的に一番使いやすい。
     素早さはファイアロー抜き。疾風ブレバ撃たれたら意味ないじゃんと思うかもしれませんが、もしこだわりフレドラ辺りをロックできていたら、上から殴るチャンスもあるわけです。というか、耐久面を調整した結果、Sにはこれしか振れなかったというのが現実。130族抜けないのを忘れて加速せずにサンダースに突っ込んで以下略みたいなこともありましたハイ。
     耐久面は、マンムーのつぶてを1発耐える(=ガブのドラクロ辺りまで耐える)ことができます。珠ダメで意味ないように思えますが、1発耐えることに意味がある。耐久調整してるのに珠は相性悪いですが、少しでも火力があった方がとんぼ返りが使いやすい。本当は虫・飛行ジュエルがほしいのですが、取り上げられてる上にあったとしても1.3倍じゃなぁ・・・といった感じ。ホントかわいそう。
     このテッカニン、五世代だとめちゃくちゃ強かったんです。ラティオス、キノガッサ、サザンドラ、ヤドラン、クレセリア、エーフィ、ウルガモス、バシャーモなどを上から殴れて、1発では無理とはいえ深手を負わせることができました。しかし、新タイプフェアリーの登場で鋼・毒が増加。強力な炎タイプの出現、流行。そしてメガシンカによる種族値の暴力。これにより、カロス地方のテッカニン(というより虫タイプ)は息をしておりません。どれくらいひどいかというと、メガフーディン・メガヘラクロス以外のメガポケモンに絶対に勝てません。よくて相打ち。メガヘラに関しても、H振りはつばめ返しで落ちないレベル。4倍弱点ってなんだっけ。
     こんな環境にアタッカーとして連れて行くのは無理がありましたが、やはり使いたくてしょうがなかった。使うなら、使い慣れてる構成で行こう。そんな感じで採用。やはり手になじみます。
     バトン要因としても考えたんですが、バトンするならペンドラーの方が仕事できる(タスキなしでも耐える耐久、どくびしの存在、殴っても強い)というのと、単に僕がテッカニンをサポートではなくメインとして使いたかったので、アタッカーとして起用。削り役としては申し分なかったです。
     NNの由来は、聖戦士ダンバインというアニメに登場する機体。主人公が最終的に乗るロボットの名前。タイトルはダンバインなのに、ってツッコミはダメ絶対。
     地味に、ギルガルドがオーラ斬りで突っ込んできたのが楽しかったです。


    ガメノデス(NN:ヤザン)
    性格:意地っ張り 特性:硬い爪 個体値:31-31-31-31-31-31(6V)
    努力値:H76 A252 B4 D4 S172 実数値:157-172-136-66-107-110
    技構成:シェルブレード/ストーンエッジ/クロスチョップ/殻を破る@ラムの実

     コメントを参考に育成。結構強いのが笑える。
     技構成自体はテンプレだと思いますが(というかこいつにテンプレってあるんでしょうか)、PTでの役割を考えた時にこの構成になりました。クロスチョップはメガギャラドスに対しての有効打で、威嚇が入っててもからやぶクロチョで落とせます。仮にメガシンカされなくても、エッジが抜群で入る。そんな感じ。S調整もギャラを意識していて、1回舞ったギャラを抜けます。スカーフ80族辺りも抜けてちょうどいい。
     命中不安の技ばかりで、命中率信者の自分としては不安いっぱいでした。でも、これくらい割り切らないと運用は難しい。ファイアローに強かったりと評価できる点は多々あったので、
    今後も活躍してもらおうと思います。
     
     NNの由来は、機動戦士Zガンダム・ZZガンダムに登場するパイロット、ヤザン=ゲーブル大尉。最初このポケモンを見た時はウルトラ怪獣みたいだなって思いましたが、ずっと見てるとティターンズのMSっぽく思えてきて。イメージとしてはZ時代のヤザンというより、ZZ初期のコメディ担当だったヤザンさん。しかし煮えたぎる戦闘意欲は目つきに現れている。顔怖いです。


    ヒードラン(NN:Heatran)
    性格:陽気 特性:貰い火 個体値:09-25-29-14~15-12-31
    努力値:H172 A84 S252 実数値:177-118-125-127-117-141
    技構成:マグマストーム/アイアンヘッド/悪の波動/怖い顔@締め付けバンド

     問題児。こいつの説明って必要あるん・・・?
     俺「ヒードラン使いたい」
     友人「陽気ならいる」
     俺「いらないならくれ」
     友人「なん・・・だと?」
     といった経緯でゲット。なんか、使わなければいけない気がして。
     細かい説明ほど馬鹿らしいことはないと思うので、適当に解説。マグストで締め付けてヘッドで怯ませて定数ダメージで生き地獄。速い奴は怖い顔でビビらせて、下降補正無振りのくせにAより高いCから悪の波動を放って怯ませられたらいいなぁって。
     まぁ、悪乗りした結果の産物です。当然普通のヒードランの方が強いかもしれないけど、使ってて楽しいから何も問題ないね。勝てるか勝てないかじゃなく、遊べるか遊べないか。これがフリー民ですよ。
     NNは英語名デフォ。英語だから無駄にかっこよく思えるダサいヒードラン。今後も活躍してください(肥やし的な意味で)。


     そうそう。ついでにパンプジンの話を。動画の中で「HAパンプジンはつえぇ」と言ってますが、正確には「使ってると楽しい」です。実際強いと言えば強いのですが、所詮はA100族。一致火力も微妙ですし、本当の意味で強いとは言えませんが、面白いくらいに活躍します。
     なぜ活躍するのか。それは、パンプジンが呼ぶ相手にことごとく刺さるからなのです。
     皆さんのパンプジンに対するイメージって、物理受けだと思います。鬼火とか宿り木とか。対戦相手も同じなのだと思います。パンプジンと出会ったら、まず炎タイプに引いてきます。リザードンとか。
     そこでこちらはゴーストダイブを選択、姿が消えるわけです。相手は「珍しい技もってんな」くらいの印象でしょう。リザードンはそのままメガシンカして、とりあえず技を放ちます。当然あたりません。
     そして後攻ダイブが炸裂。鉢巻ゴーストダイブで、メガリザードンYにかなりのダメージが入ります。次のサイクルで影うちで処理可能なライン。宿り木読みでヌメルゴンが出てきたとしても、H振りでも7割近く削ります。倒しきれないが、味方が処理しやすくなる、といった感じ。これがシャドーダイブなら大体1発でもっていけるんですがね・・・。
     ただ実際は火力がないので、メガハッサムなどは等倍とはいえ受けきられますし、こだわってて小回り効かない不便もあります。しかし、面白いように活躍するんです。大爆発でリーフィア吹き飛ばしたときは気持ちよかった。
     こんな感じで、僕はテンプレを崩して「面白い方向」に走ります。テンプレが面白ければテンプレも使います。今回のガメノデスがそうですね。全ては自分が「楽しむ」ため。ポケモンってゲームは自由度があって本当に大好きです。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。