ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

地上波挌闘技復活を願った者 vol.15
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

地上波挌闘技復活を願った者 vol.15

2015-06-04 02:41
    スターダムの世Ⅳ虎が沈黙を破った時に発表したのはプロレスから引退をする、ということでした。

    あの騒動から随分という訳ではないですが、プロレスのマットには一度も上がらずじまいでした。

    実際は八方塞がりだったのでしょう。

    今更他の団体へ移る訳にもいかないのでしょう。

    私としては、それを選ばざるをえないのかとさえ思ってしまいました。

    不器用な生き方しか出来ない人の末路と感じてしまいました。

    昔の事を言う訳でもないですが、直ぐ引退を賭けた戦いをプロレスラーは行なったりもしてました。

    引退マッチはプロレスのギミックの一つであることは今更言うまでもないです。

    引退しても直ぐに復帰したりしていました。

    ただ、今はもう違うのでしょう。

    ガチとアングルを綯い交ぜにしていたのがプロレスの持ち味だったはずなのに、それがいつの間にか摩滅してしまいました。

    エンターテインメントととしてのプロレスは地上波とともにありました。

    最後とも言うべきは小川直也のプロレスデビューだったのでしょう。

    あれからプロレスは崖を転がり落ちるように衰退していきました。

    プロレスラー自身も使えるカードを使い切ったのでしょうか。

    模索することを諦め小さな箱のなかに閉じ籠もるようになってしまいました。

    その後のプロレスは自分達が引退を賭けて戦うというようなカードを一切使わなくなりました。

    自分達の価値がそこまでないというのは解っているからなのでしょう。

    プロレスラーが引退を口にする時は本当に引退をする時です。

    矢筈尽き果てる、そんな感じです。

    世Ⅳ虎の場合はやる気を失ったからなのでしょう。

    しかし、これではプロレスは更に崖を転がり落ちるばかりです。

    世Ⅳ虎の所為ではありません。

    世Ⅳ虎を追い詰めたプロレス業界でしょう。

    スポンサーの所為でもありません。

    価値を見失ったプロレスの醜態が露わになっただけです。

    地上波への配慮なのでしょうか?

    スターダムは時々地上波で紹介されますがプロレスを放送することはありません。

    どんなことがあってもプロレスを貫いてほしいと思いましたが、その道を選んでしまったのでしょう。

    こうなっては終わりです。

    衰頽は免れません。

    キックボクシングは地上波を逃してしまいました。

    チャンスはあった筈なのに自ら潰してしまいました。

    私としては世Ⅳ虎の動向には興味がありません。

    引退にも興味が無いです。

    カード尽きて世Ⅳ虎を手放してしまったプロレスが愚かなだけです。

    ここまで醜態を晒すプロレスもないでしょう。

    増々世間一般から馬鹿にされることは間違いないでしょう。

    醜態を晒すプロレスの一例として、W-1と言う団体があります。

    所属レスラーは多くとも殆どが使いものにならない雑兵ばかりです。

    団体の長である武藤でさえもプロレスが馬鹿にされても反論が出来ないままでいます。

    プロレスは既に世間から馬鹿にされていることは周知の事実です。

    現実です。

    プロレスが八百長か否かとか最早問題にさえならないのでしょう。

    競技ですらなく況してやエンターテインメントですらありません。

    ガチを前にした時にでさえガチになれないのだからもうプロレスの存在意義は終わっているのです。

    スターダムだから女子部門だからと言う訳ではないです。

    W-1のレスラーでさえも鈴木秀樹にベルトを奪われたまま呆然と立ち尽くすのみで何も出来ないままでいます。

    エンターテインメントと言う呼び方でさえも曇ってしまいます。

    そして外部に経営権を委譲せざるを得ない状況に陥ってます。

    さて、これでこの団体のベルトに価値はあるのでしょうか?

    鈴木秀樹が防衛戦を行った時にそのベルトをポイと放り投げました。

    ゴミを放り投げる感覚です。

    東北北海道の人はゴミは捨てると言わずにゴミは投げると言います。

    正に投げ捨てると言う感覚です。

    ゴミ同然という価値でしょう。

    しかし、そんな崩れ去った状況でも一から建て直そうとする人達がいることは事実です。

    今度鈴木秀樹に挑む近藤修司なんかもそうでしょう。

    ベルトを奪い返すのではなく、権威を取り戻す事をして欲しいと思います。

    プロレスラーは強いことにおいてのみ尊敬されるのだと。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。