【MHXX】スラッシュアックスのススメ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【MHXX】スラッシュアックスのススメ

2017-09-20 00:40
  • 2
思考の整理も兼ねて文章化。めっちゃ長いので各自で飛ばして、どうぞ。

1.スタイル選択
スラッシュアックスは6つのスタイルそれぞれにメリットがあり、最適な立ち回りも異なる。
いずれも使用に耐えうる性能をしているため十分に吟味が必要。

ーギルドスタイルー
各スタイル固有の動作以外の全ての動作を行うことができる。
特にプレイに影響があるのは剣モードの縦ループと横ループの両立
(これはギルド以外にはエリアルしかできない)や斧モードのぶんまわしフィニッシュ。

ただし、固有の動作もないため、
何かに特化した動き方をすると他のスタイルの劣化になる場合が多い。

柔軟で丁寧な立ち回りを要求され、豊富な攻撃パターンから状況に適したコンボを繰り出さなければならないため、初心者には不向き。
弱点が動きやすいモンスターや、SP状態でアイテム使用が高速化することを活かせるモンスターに対して選択すべきスタイル。
最初から全力を出せるため格下のクエストにいくには都合がよいスタイルでもある。

ーストライカースタイルー
狩技を3枠積むことができ更に常時狩技が溜まりやすい。
狩技で立ち回りを補助するスラッシュアックスにとって非常に重要なアドバンテージ。
"剣鬼形態"+"エネルギーチャージ"の組み合わせを用いるなら必然的にこのスタイルとなる。

剣モード時の横2連斬りが使用できないため横方向への定点攻撃は苦手。
また、防御性能&機動力が皆無なためフレーム回避に頼らざるを得ない。

剣鬼エネチャで剣モードを極限まで強化する剣特化スタイルとなる。
操作が簡単なのも初心者向け。
単純な定点物理火力としては全近接武器の中でもトップクラスに入る。

ーブシドースタイルー
ジャスト回避でスラアクの弱点である防御性能を克服している。
代わりに剣モード縦ループが使用不可になっており定点火力は控えめ。

ジャスト回避後の攻撃が斧・剣ともに高火力なため、定点攻撃を捨ててモンスターを追いかけることに特化したスタイルとも言える。

ーエリアルスタイルー
斧モードに大幅に制限がかかり(突進突きが使えない)、剣モードで跳躍すると自動的に足元を斬り付け火力を稼げることなどから、ひたすら剣で跳躍しまくるスタイルとなる。
立ち位置としてはエリアル大剣に近い。
起き攻めに弱い&機動力皆無&位置取りと視点変更が難しいといった難点を抱えておりモンスターを選ぶ。
剣モードに特化しているにも関わらずストライカーと違い狩技を1つしか積めないため、どうしてもカバーできない隙が生じる。

乗りやエア回避が特に有効なモンスターに対して選びたいスタイル。

ーブレイブスタイルー
イナシによりブシドー同様に弱点である防御性能をカバーできる。
ブレイブ状態になると、「高速連続ステップによる超機動力」「変形切りループによるビンに頼らない超火力」を兼ね備える化け物と化す。
強撃ビン一強であったスラアク界を轟かす新星。
斧と剣を織り交ぜて攻守隙のない立ち回りを可能とし、更に動きも派手とおススメのスタイル。

剣横2連斬りが使えず変形切りループは範囲が広いため、定点火力には剣縦ループを用いる。
ただし剣に比重を置くとストライカーに火力で劣る。

ーレンキンスタイルー
斧の動作に制限がかかっておらず、レンキンスタイルの共通動作としてノーモーション納刀&レンキンが可能なため、斧運用として最適なスタイル。

過去作では斧運用は「強撃ビン以外の武器を無理矢理使うための手段」といった認識で主流ではなかったが、斧を強化する狩技"テンペストアクス"と付加価値としてレンキンシステムが登場し実用に足るものとなった。

手数が他のスタイルより増える傾向にあるため属性ダメージを稼ぎやすく、属性の通りがよいモンスターに対して選択したい。
レンキンシステムの都合上スロースターターになるため大連続クエや超大型モンスタークエでも活躍する。



2.武器選択
【ビン】
スタイル毎に火力面での剣と斧の比重が異なり、剣に偏れば偏るほど強撃ビンが有力となる。
(どの形態でいる時間が長いかではなく、主力となる攻撃パターンでのダメージ比率の話。)
更に、手数が増えるほど属性偏重に、手数が減るほど物理偏重となる。

具体的に振り分けると、
ストライカー&エリアル→剣重視・物理偏重
ギルド   &ブシドー→剣重視・属性偏重
ブレイブ        →剣斧中間・物理偏重
レンキン        →斧重視・属性偏重
となりやすい。
ブレイブは変形切りループが異常ビン確定発動である点も考慮して、滅龍ビン以外の全てが候補に入る。
レンキンは斧主体で動くためビンの影響が少ない。素の性能で選びたい。


【二つ名武器】
狩技の回転率がそのまま立ち回りのしやすさに繋がるスラアクでは、
二つ名武器の狩技補正は非常に大きい。
二つ名武器であるというだけで多少のスペックの差はひっくり返せる。


【武器候補】
期待値は爪護符込み。
特に有用で作成の優先順位が高いものは大文字にした。
全部読む気が無ければ大文字の四つだけで問題ない。

似たり寄ったりの性能の武器の細かい解説は省略し、
もう片方の武器解説に名前を出すという形をとった。

  • 真名アナトカルナイム
武器倍率:330
切れ味:紫20
会心:0%
スロット:3
ビン:強撃ビン
期待値:479
匠無し剣火力:1位
匠有り剣火力:6位
備考:防御+60
汎用性最高の一品。スラアクに触りたいだけならこれ一本で事足りる。

匠無し火力1位であるにも関わらず、火力以外の差別化点であるスロットと斬れ味の長さにも隙がない。おまけに防御も上がる。
スロット3強撃ビンスラアクは7本しかなく、その中で期待値2位が匠を使っても448。
紫20を有するのも6本しかなく、2位の期待値は445(白20を含めてもスロ無し455)。
よってこの武器を担がない理由として考えられるのは、
「匠有りでの物理火力」「属性」「二つ名補正」ぐらいしか存在しない。
以下に記載する武器はいずれもこの三点のいずれかを満たす。

ちなみに強撃ビン以外の武器を含めても匠無し斧火力2位である。

  • 餓斜ン牙王の大解放
武器倍率:370
切れ味:白20(匠)
会心:5%
スロット:0
ビン:強撃ビン
期待値:514
匠有り剣火力:1位
備考:氷20 防御+10 二つ名武器

武器倍率370にプラス会心を併せ持ち匠有り火力堂々の1位を誇る一品。
二つ名武器補正を活かし、ストライカー運用に特に向いている。
スロットが0で匠必須であるから、ストライカー以外だと火力スキルを増やした真名に劣る場合が多い。

  • アイカラス
武器倍率:350
切れ味:紫20(匠)
会心:0%
スロット:0
ビン:強撃ビン
期待値:507
匠有り剣火力:2位
備考:無し

無属性強撃ビンの中で真名を期待値で上回る二本のうち一本。
一つ上の大解放と比較したとき、
「切れ味が一つ落ちて白になっても真名を上回る」点以外は劣化である。
しかし白10を含めても切れ味30でありメリットとするには弱い。
さらに下に記載する匠有り順位3位と4位が紫30武器であるため使うメリットは皆無。

(大解放と比べると非常に作りやすい。)

  • 黒龍剣斧
武器倍率:340
切れ味:紫30(匠)
会心:0%
スロット:1
ビン:強撃ビン
期待値:493
匠有り剣火力:3位
備考:龍30

スロット1と紫30が持ち味。
スロット持ちとしては最大火力であるためスロット1欲しい場合の有力候補。
大解放の項でも触れたが匠必須であるため火力スキルを増やした真名に劣る場合が多い。
基本は龍属性弱点に対して担ぐことになるだろう。

  • ウィルofソウル
武器倍率:310
切れ味:紫30(匠)
会心:30%
スロット:1
ビン:強撃ビン
期待値:485
匠有り剣火力:4位
備考:龍20

黒龍剣斧の武器倍率と属性倍率を下げ会心率を上げた武器。期待値ではやや下回る。
超会心発動下において会心率30~85%の範囲でのみ同条件の黒龍剣斧の期待値を上回る。
ただし属性倍率にも10の差があることを考えるとなお微妙。
弱特やエネチャを使わず、会心率upは見切り程度で済ませる時には候補に入るかも、くらい。

ちなみに会心率30超会心発動で期待値505相当(最も黒龍剣斧と差がつく)。

  • ユアガリアックス
武器倍率:350
切れ味:白20(匠)
会心:0%
スロット:2
ビン:強撃ビン
期待値:481
匠有り剣火力:5位
備考:無し

無属性強撃ビンの中で真名を期待値で上回る二本のうち一本。
スロットが2である点以外大解放以下4点の劣化である。
スロットを1つ減らし防御力を60減らし匠をつけて真名を期待値2だけ上回る。属性も無い。
当然採用されるレベルには程遠い。真名の壁は高かった。

  • ハイ=リオヴェルミオ
武器倍率:320
切れ味:紫20(匠)
会心:0%
スロット:0
ビン:強撃ビン
期待値:465
備考:火36

火属性強撃ビンスラアクは全体的にイマイチであり、敢えて作るなら、これ。
二つ名武器でもないのにスロットがないのが痛い。
スロットが1つ欲しければ光焔斧リオエクシードに乗り換え。

  • シンヴァルツグレイブ
武器倍率:300
切れ味:白50 紫50(匠)
会心:10%
スロット:0
ビン:強属性ビン
期待値:426 448(匠)
備考:火38 二つ名武器

火属性の中では切れ味が比較的マシで、匠の有無に関わらず使える。
二つ名補正もありレンキンで斧運用すると強い。

  • ともしびの灯滅刻彫斧
武器倍率:310
切れ味:白30 紫40(匠)
会心:20%
スロット:0
ビン:強撃ビン
期待値:450 474(匠)
備考:水28 二つ名武器

水属性強撃ビンの中で物理偏重武器。
海王斧ナバルディード太虚ノ剣斧【天維】に物理火力で僅かに負けているが、
どちらも他の欠陥を抱えているため扱いやすさでこちらが優る。
ブシドーで匠つけてもよし、レンキンで狩技を回しつつ斧運用してもよし。

スロットが1つ欲しければにはたづみ流麗玉筆斧に乗り換え。
ちなみに匠無し物理期待値が二つ名強撃ビン内では1位。
匠切ってストライカーするときもコレ。

  • 奇猿斧ワチャルナッカ
武器倍率:300
切れ味:白30 紫40(匠)
会心:0%
スロット:3
ビン:強属性ビン
期待値:415 437(匠)
備考:水45

ぶっちぎりの水属性値とスロット3が目玉。
レンキンで斧振り回し用に。
スキルの自由度と属性値が二つ名補正とトレードオフ。

  • 鬼神大角斧【震為雷】
武器倍率:300
切れ味:紫20(匠)
会心:30%
スロット:2
ビン:強撃ビン
期待値:470
備考:雷23

雷属性強撃ビンスラアクの中で匠有り火力1位。
物理偏重属性武器の中で珍しいスロット2を持つ。
素の切れ味に難があるため匠を切って斧運用には向いてない。

  • 極・金狼牙剣斧【曄】
武器倍率:300
切れ味:白50 紫30(匠)
会心:10%
スロット:0
ビン:強属性ビン
期待値:426 448(匠)
備考:雷40 二つ名武器

高属性値&素で長い白&二つ名武器と斧運用に向いている雷武器。
同じ属性偏重武器のミラアンセスヴェルデより扱いやすい。

  • 黒兎雪斧アウリスパダ
武器倍率:300
切れ味:白40 紫30(匠)
会心:15%
スロット:0
ビン:強撃ビン
期待値:431 454(匠)
備考:氷30 二つ名武器

大解放に埋もれがちな氷属性強撃ビンスラアク。
物理火力では大解放に敵わないため、匠が切れることや属性値の差で差別化することになる。
スロットが要らない装備での斧運用とするのが妥当か。
スロットが1つ欲しければ琥牙剣斧ラヴィーナ
2つ欲しければギガフロストアンバーへ乗り換え。

  • 赫醒剣斧バティスタ
武器倍率:300
切れ味:白250
会心:0%
スロット:2
ビン:強属性ビン
期待値:415
備考:龍48

使いきれないほど長い白ゲージを持つ属性偏重龍属性武器。
業物すら必要としないため専用装備を組む必要があるが、属性特化斧運用としては最適。
スロットが必要なく、他の属性の装備を使いまわすなら龍焔剣斧【竜喰】も候補。

  • 轟剣斧【斬虎】
武器倍率:340
切れ味:紫20
会心:-10%
スロット:0
ビン:滅気ビン(32)
期待値:481
匠無し斧火力:1位
備考:無し

匠無し火力で真名をギリギリ抑え1位に輝く滅気武器。
滅気ビンにスタンは期待できないため疲労状態を狙うことになる。
似たような性能の滅気ビンがいくつかあるが、
素紫で斧火力トップのこの一本で十分だと思われる。

獰猛化モンスターは疲労状態にならないため大人しく強撃ビンを。

  • 紅熊豪斧【摩雲天】
武器倍率:350
切れ味:紫10(匠)
会心:10%
スロット:0
ビン:毒ビン(39)
期待値:520
匠有り斧火力:1位
備考:二つ名武器

匠有りで火力一位。
斧火力が凄まじく高いため、ビンのハンデを負いながらもブレイブスタイルなら候補に入る。
しかし無属性武器であるため手数を稼ぐレンキンには不向き。
二つ名武器であり、毒という肉質無視のダメージソースもあるため
真名とは差別化ができている。

切れ味が10と短いためスキルでのカバーは必須。

  • ランドグリーズエピネ
武器倍率:290
切れ味:紫20
会心:10%
スロット:0
ビン:強撃ビン
期待値:434
備考:毒41 二つ名武器

強撃ビン補正を加味すると期待値520となるため、
剣モード時に限り上記の摩雲天の上位互換である。
匠を切れるため剣主体で毒が欲しい場合こちらが有力。

  • 甲翅刃カンタゴスタ
武器倍率:260
切れ味:紫20
会心:0%
スロット:3
ビン:強撃ビン
期待値:382
備考:麻痺26

麻痺スラアクの中で最もバランスのとれた武器。
麻痺武器の宿命として物理期待値は悲惨だが、
強撃ビン&スロット3&素紫のおかげでマシな方ではある。

これ以外の麻痺武器では完全に物理性能を捨てることになるので、
他の武器種でおkになりがち。
一応麻痺ビンなら完全に麻痺タイミングを調節できる近接というポジションにはなれるけど。

  • 瀑剣斧メギスプテギオ
武器倍率:310
切れ味:紫20(匠)
会心:0%
スロット:1
ビン:強撃ビン
期待値:451
備考:睡眠28

睡眠スラアク唯一の強撃ビン。そもそも睡眠が三本しかないが。
そこそこの剣火力と睡眠属性を両立しており上手く睡眠爆破できれば強い...かもしれない。
スラアクは大技が多段ヒットする武器種なので自前で睡眠を活かすことはできない。

ちなみに匠を切る≒物理性能を求めないのであれば夢爪大公エレソムヌスでよい。

3.狩技選択
明確な目的がない場合とりあえず臨戦で間違いはない。

ーギルドスタイルー
  • 絶対回避+絶対回避【臨戦】
所謂W絶対回避。ギルドの持ち味である柔軟な立ち回りをサポートする。
絶対回避をSP設定すると納刀してすぐに高速アイテム使用ができる。

  • テンペストアクスⅢ+絶対回避or絶対回避【臨戦】
よりアグレッシブに弱点を狙いたい人向け。
切れ味に難がある武器なら臨戦、無い武器なら絶対回避が無難。


ーストライカースタイルー
  • 剣鬼形態Ⅲ+エネルギーチャージⅢ+絶対回避【臨戦】
ほぼこれで固定される。剣を限界まで強化して物理で殴る。
エネチャⅡだと維持しやすくなるが会心率30%UPを捨てるのは痛いため
二つ名武器を担いでなんとしてでも維持しよう。

回避性能を積んでいて切れ味が長い武器なら
臨戦を切ってトランスラッシュでロマンを求めるのもいいかもしれない。

ーブシドースタイルー
  • 絶対回避【臨戦】
最安定。スラッシュゲージが余り気味なためエネチャは必須ではない。
納刀しなくとも防御性能が高いスタイルであるため絶対回避にする必要性も薄い。

  • エネルギーチャージⅢ
どうしても会心率30%UPが欲しい場合に。

ーエリアルスタイルー
  • 絶対回避【臨戦】
安定を取る場合。切れ味消費が激しく地上での機動力が皆無な点をある程度改善する。
スラッシュゲージが切れたらリロードする必要があるためmh4時代のリロードソードになる。

  • エネルギーチャージⅢ
火力を求める場合。
機動力を犠牲にリロードの手間を省いても、結局今度は研ぐハメになる。
会心率30%UPが決め手となるか。

ーブレイブスタイルー
  • 絶対回避【臨戦】
最安定。これが欲しい、というよりも消去法でこれになる。

  • エネルギーチャージⅢ
ブレイブ状態ならスラッシュゲージを使い切るどころか半分を切ることすらあまり無いため
会心率30%UPを目当てに採用することになる。

  • 剣鬼形態Ⅲ
剣鬼形態の「スラッシュゲージが時間経過でのみ減少する」仕様と、
ブレイブ状態の「属性解放フィニッシュの後隙をステップでキャンセルできる」仕様
が噛み合い無限に属性解放フィニッシュを叩きこむロマンコンボが可能になる。

ーレンキンスタイルー
  • テンペストアクスⅢ+絶対回避+絶対回避【臨戦】
斧主体のためテンペストアクスは必須。
残り二枠は立ち回り補助とSP状態維持のためにW絶対回避がド安定。
任意に2~3つSP設定すれば問題なし。

4.スキル選択
剣士テンプレのネセト、グギグギグ系以外では
回避距離UPを内包しているGXミラルーツベースのキメラ
白疾風にXRグリードで匠を追加したキメラ
が特におススメ。
超特殊許可などの高難易度クエストでは防御力の高い一式も選択肢。

【必須】
  • 超会心
mhxx最強の火力スキル。
スラアクにはマイナス会心で強力な武器も特にないため裏会心にする選択肢もない。

  • 見切り・連撃・弱点特攻・挑戦者
超会心を採用する以上会心率UPも併用が必須。
スタイルやモンスターによって適切なものを使い分けられると尚よい。

  • 匠・業物
匠で上の切れ味が現れるなら匠を。
業物は臨戦と相性がよい。
スラアクは臨戦業物の両立でないと切れ味を完全に維持できないため、
両立しないのであれば砥石使用高速化(+剛刃研磨)や挑戦者の納刀も選択肢に入る。

【任意選択】

  • 回避距離UP
武器の特性上回避で位置取りを行うことが多く、
これ一つで距離の詰めやすさと離脱のしやすさを兼ねる。

  • 納刀術
納刀が遅いため選択肢となる。
回避距離UPでも追いつけないほどのモンスターには
大人しくブレイブかブシドーで張り付いたほうがいい場合も多いが。

ーギルドスタイルー
  • 回避性能
回避距離UPとの違いは
スタイルで補えない防御性能を各段に上げることができる点
咆哮や振動をフレーム回避し手数を稼げる点
細かい位置取りに適している点

ーストライカースタイルー
  • 回避性能
ギルドスタイルと同様

  • 明鏡止水
狩技の回転数を上げる。
ストライカー+明鏡止水+二つ名武器で
剣縦斬り5回+剣斬り上げ3回+剣横斬り2回で臨戦が溜まる。
つまり業物を切りつつ切れ味完全維持が可能となる。

ーブシドースタイルー
特に必要スキル無し

ーエリアルスタイルー
  • 飛燕
ジャンプ攻撃を主体とするため必須火力スキル。

  • 回避距離UP
全スタイルで有用なスキルだが、
回避を攻撃の始動とするエリアルではそのまま攻撃射程距離の延長にも繋がる。

ーブレイブスタイルー
  • 挑戦者の納刀
このスキルは武器種毎に切れ味の回復量が決まっており、
納刀頻度が低い武器種ほど多く設定されている傾向にある。スラアクはかなり多めの14。
モンスターの怒りやすさにもよるが、
イナシで納刀できるブレイブスタイルなら切れ味補助として一考の価値がある。

  • 体術
高速ステップを多用するためあるとスタミナ管理が楽になる。
狂走薬でいい上に体術のSPがついていて有用そうなのが
パッと見GXジンオウやルーツくらいしかなさそうだが...

※追記:狂走薬をケチるにしても5スロスキルのキノコ大好きでいいことに後から気付いた。

ーレンキンスタイルー
  • 明鏡止水
狩技3つにレンキンゲージまで加速するためストライカーよりさらにシナジーが強い。
狩技とレンキンが既に強いシナジーを持っているため、
両方をブーストすると凄まじい効力となる。

  • 心眼
斧運用がメインとなり、匠を積む余裕がないことが多いため弾かれが気になる場合がある。
特に物理肉質は固いが属性が通りやすいモンスターに対して付けたい。

  • 砥石使用高速化
レンキン狩技砥石の存在により、他のスタイルよりも使い勝手が向上する。
5スロスキルであるためスキルポイントを圧縮できるのもポイント。

  • 耳栓・耐震・風圧無効etc
各種耐性系。レンキンタルを振ったり、レンキンアイテムを使用する隙を作るのに有用。
回避性能と違い安全で大きな隙を作れるため住み分けは出来ている。

  • 属性攻撃強化系
属性値で攻める場合候補に入る。
細かくダメージ計算をし超会心軸とどちらが有効か確認するのが望ましい。


5.立ち回り

移動は基本的に斧。剣主体のストライカーとエリアルは納刀ダッシュか距離UP回避。

攻撃チャンスには突進突きか縦斬りから入りそのまま変形斬りで剣ループ。
再度変形斬りで斧になって離脱のサイクルが望ましい。

これだけを徹底すればあとはスタイル固有のアクションを随所に挟み、
各スタイル最強の攻撃を叩きこんでやればいいだけ。


ちなみにDPS比較としては
剣鬼強撃ビン解放フィニッシュループ>強撃ビン剣鬼横ループ>テンペぶん回し
>強撃ビン剣鬼縦ループ>強撃ビン横ループ>強撃ビン縦ループ>ぶん回し>縦ループ
と続いていく。



広告
×
レンキンは縦ループに拘らなければ普通に2連斬りと横薙ぎループで剣鬼エネチャで剣運用可能。気合玉で剣鬼が維持できない事故も回避できるし味方近くにいなきゃ2連斬りから解放突き挟めばDPSも高い。
20ヶ月前
×
ブシドースラアクはテンペストアクス積んで斧モードメインで立ち回ることのほうが多いような...
15ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。