• 千葉県と東北地方は苗字の分布がかぶってるかどうか考えてみた

    2019-03-07 00:13

    千葉県が、というよりは関東地方が、だと思います。佐久間はたしかに、実数では福島県より千葉県に多くあります。全国の佐久間さんの内、2割近くが千葉県にあり、千葉県に集中する苗字と言っていいでしょう。

    ただ、及川は神奈川県や東京都にも多く、確かに千葉県に多いけれども飛び抜けて多いというわけではありません。佐久間にしても、千葉県にかなり集中していることは確かですが、関東地方に広く分布しています。

    東北地方は関東地方やその付近の地名を苗字とした武士団の移動によって、関東地方の地名を由来とする苗字が多く分布しています。(cf.下記動画)

    代表的なのは、宮城県や秋田県などに多い三浦(現在の三浦市が由来)とか、岩手県や宮城県に多い千葉(現在の千葉市由来)、岩手県、宮城県に多い熊谷(現在の熊谷市由来)とかですね。これらは発祥地の県にものすごく多いというわけではありませんが、関東地方でも普通に見られる苗字です。ただ、たしかに関東地方は首都圏で人口の流入が激しいので、比較的最近になって増えたのかなという点も考えておかなければなりませんが。

    他にいくつか例を挙げると、青森県や秋田県に多い奈良姓は、現在の埼玉県熊谷市の奈良という地名が由来ですが、埼玉県北部や群馬県に現在も奈良さんが比較的多いです。秋田県・青森県に多い浅利姓は(関東地方ではありませんが、)山梨県中央市浅利の地名が由来です。これも山梨県に一定の分布があります。

    佐久間は現在の千葉県鋸南町の佐久間という地名が由来です。なので、千葉県に多くても不思議ではありません。及川の場合は、由来は現在の兵庫県の地名だといいますが、現在地はよくわかりません。ただ、推測ですが、匝瑳の地を経由して増えたとは考えられますよね(ちなみに匝瑳市の及川さんは「およかわ」と読みます)


  • 広告
  • 九州の苗字の分布傾向を解説してみた

    2019-02-23 02:32

    マシュマロでこういう質問が来たのですが、

    Twitterではちょっとまとめきれないのでブロマガにまとめます。

    九州特有の苗字の傾向をお知りになりたいということですね。なるべく絞って書くようにしますが分かりづらかったらごめんなさい><

    九州は各県で苗字の分布している傾向が違います。各県で個性が違うのですが、大きくざっくりと系統を分けるなら

    • 九州北部(福岡・佐賀・長崎・熊本):江頭など「江」。江副など「副」。納富など「富」。岩隈など「隈」。石丸など「丸」。光武など「武」。池永など「永」のつく苗字が多い。
    • 大分県:佐藤・後藤・阿部など東日本で見られるような苗字が多い。
    • 九州南部(宮崎・鹿児島):有村など「有」。松元など「元」。上園・上薗など「園」「薗」。福留など「留」。大迫など「迫」。下水流など「水流(つる)」の付く苗字が多い。
    • 奄美諸島:栄や朝、福など一文字の苗字が多い。

    のようになります。個性的なんですね。

    なので、九州全体に多いという苗字となると中村とか田中とか前田とかなのですが、これは他の地域にも多い苗字ですよね。

    何県かにまたがっている苗字を挙げるなら古賀です。古賀は福岡・佐賀・長崎に集中する苗字で九州に全国の80%近くが集中しています。熊本県に多い緒方も九州に70%があります。黒木は全国世帯数ランキングベスト100にも入ってないのに宮崎県で最多姓となっている苗字です。これらは全国世帯数も多い苗字なので、九州を代表する苗字の一つと言って良いのではないでしょうか。

    九州北部の福岡・佐賀・長崎は結構共通する苗字が多いです。江口鐘ケ江井手などがそうですね。宮崎県から熊本県にかけて多い林田や、大分県から宮崎県にかけて多い甲斐、宮崎県から鹿児島県にかけて多い日高も九州っぽい苗字ですね。

    九州各県の苗字でその県に集中する苗字を挙げると

    • 福岡:八尋(やひろ)、野見山(のみやま)、波多江(はたえ)
    • 佐賀:副島(そえじま)、陣内(じんのうち/じんない)、百武(ひゃくたけ)
    • 長崎:岩永(いわなが)、三根(みね)、阿比留(あびる)
    • 熊本:有働(うどう)、赤星(あかほし)、紫垣(しがき)
    • 大分:衛藤(えとう)、岩男(いわお)、財津(ざいつ)
    • 宮崎:長友(ながとも)、岩切(いわきり)、椎葉(しいば)
    • 鹿児島:伊集院(いじゅういん)、海江田(かいえだ)、是枝(これえだ)
    • 奄美:恵(めぐみ)・慶(いわい)・与(あたえ)

    とかですね。あくまでもごく一部なんですけれども。

    もっと詳しく知りたければ、ニコニコ大百科の「日本の苗字分布」という記事(ぼくが書きました)や、この記事に挙げられている書籍、サイトなどもご覧くださいね!


  • アイドルマスターの苗字を解説した本を作ってみた

    2017-04-24 23:40

    Здравствуйте!!! 皆様こんにちは。北海道にもようやく桜前線が到達しつつある今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。

    というわけで今回、前記事でちらりと話が出ました同人誌ですが……

    まななんさんとちもさんとぼくのサークル「トリ☆サマ」で
    「アイドルマスターの苗字を語る本
    THE SURNAMEM@STER」

    というアイドルマスターの様々なアイドルについての苗字を解説するというなんとも珍妙な同人誌を発行する運びとなりました!
    (珍妙といいましたがぼくとしては通常運行です)

    2017年5月5日(金祝)、東京都台東区の東京都立産業貿易センター 台東館で開催される「都産祭2017」内のアイドルマスターオンリーイベント「MyBestFriends10」にて頒布します。配置番号は「40」
    (ぼくは北海道にこもりきりなのでちもさんとまななんさんがいるはず)

    なお、夏コミ(C92)も申し込みをしておりまして、当選すればそちらでも頒布を行う予定です。

    内容としてはいつもまななんさんたちとやっている生放送「アイドルマスターの苗字を語る生(アイマス苗字生)」のスピンオフ的なものとなります。ぶっちゃけタイトル通りです。アイドルマスターシンデレラガールズでのお話が中心になっていますが、アイドルマスターシリーズ全体についてのものになっております。

    以下はサークルカット

    以下は表紙。

    とっても素敵な表紙はよしこ(Twitter:@yoshikeizi)さんに描いてもらいました!

    以下は本文サンプルです。




    B5判・46Pで、500円で頒布いたします。

    通信頒布は申し訳ありませんが今のところ未定です。

    ぼくの住む北海道でも機会があれば何らかのイベントで頒布する予定です。

    みなさんにアイドルマスターを通じて少しでも、苗字の面白さを知ってもらったり、担当アイドルに対しての理解を深めてもらうきっかけになればいいなと思います。

    それでは5月5日、都産貿でぜひ手に入れてくださいね!До свидания!!