• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【第452号】虚構新聞友の会会報

    2024-02-20 17:30
    660pt

    第452号(2024.2.20)

    ++++++++++++++++++++++++++++++
     虚構新聞社発行
       虚構新聞友の会会報
    ++++++++++++++++++++++++++++++
     目次
      1.ごあいさつ
      2.流言蜚語~「こたつ記事」の話(後編)~
      3.次回予告
    ++++++++++++++++++++++++++++++

    1.ごあいさつ

     友の会のみなさま、こんにちは。虚構新聞のUKです。パッとしないお天気が続きますがいかがお過ごしですか。こちら社主は、配信記事、ポッドキャスト原稿といった定例の執筆に加え、「虚構新聞展」の準備、受験直前の追い込み授業などが重なって忙しい毎日を過ごしております。

     まずはお知らせです。初めてゴールデン進出を果たした「立岩陽一郎のファクトチェックラジオ」のYoutube配信が始まりました。政治資金問題に迫った真面目な本編に加え、Youtube限定のおまけコーナーではMBS記者・亘さんと社主が、リスナーからいただいた虚構記事を紹介しながら雑談をしております。よろしければお聞きください。

     ▼2024.2.1110回 ファクトチェックラジオ「政治資金」「裏金」を緊急チェック
      →https://www.youtube.com/watch?v=Ep37pM0pbZ4

     さて、今月2通目となる今回は前回に続き「こたつ記事」の話をお送りします。また「次回予告」でも少し告知がありますので、こちらもご覧いただければ幸いです。

     UK@虚構新聞社

     
  • 【第451号】虚構新聞友の会会報

    2024-02-10 17:30
    660pt

    第451号(2024.2.10)

    ++++++++++++++++++++++++++++++
     虚構新聞社発行
       虚構新聞友の会会報
    ++++++++++++++++++++++++++++++
     目次
      1.ごあいさつ
      2.流言蜚語~「こたつ記事」の話(前編)~
      3.次回予告
    ++++++++++++++++++++++++++++++

    1.ごあいさつ

     友の会のみなさま、こんにちは。虚構新聞のUKです。週末いかがお過ごしですか。今月最初の会報をお届けします。

     前号を配信した翌日の1日、「虚構新聞展」のプレスリリースが出されました。「2月の早いうち」とは聞いていましたが、まさか1日に告知が出されるとは思いませんでした。

     ▼創刊20周年記念 虚構新聞展
      →https://asahi.co.jp/event/kyoko-np/

     展示内容についてはTwitterの公式アカウント(https://x.com/kyokou1020/)から随時発信していくとのことなので、よろしければこちらもフォローするなどしてご覧いただければ幸いです。会員のみなさま向け詳細案内は「次回予告」で改めて。

     また、第8回関西親睦会アンケートについてもご回答ありがとうございました。アンケートの結果、3月なら多く集まれそうなので、3月開催ということで進めさせていただきます。具体的な日時、会場については改めて詳細をご案内差し上げます。

     さて、今回のコラム「流言蜚語」は、前回予告していた「こたつ記事」の話の前編をお送りします。「『こたつ記事』とは何ぞや」という方も含め、その問題点などについてご覧いただければ幸いです。

     UK@虚構新聞社

     
  • 【第450号】虚構新聞友の会会報

    2024-01-31 17:30
    660pt

    第450号(2024.1.31)

    ++++++++++++++++++++++++++++++
     虚構新聞社発行
       虚構新聞友の会会報
    ++++++++++++++++++++++++++++++
     目次
      1.ごあいさつ
      2.流言蜚語~『ウソの歴史博物館』~
      3.第8回関西友の会親睦会のご案内
      4.次回予告
    ++++++++++++++++++++++++++++++

    1.ごあいさつ

     友の会のみなさま、こんにちは。虚構新聞のUKです。大きな事件が相次いだ1月も、はや最終日ですが、いかがお過ごしですか。今月最後の会報をお届けします。

     さて、今回のコラム「流言蜚語」は久々に本の紹介。取り上げるのは『ウソの歴史博物館』(アレックス・バーザ/文春文庫)という本で、近代以降、欧米でどのような嘘やペテンが広まったのか、その歴史についてまとめています。「博物館」の名の通り、ペテン、詐欺、エイプリルフール、ネットでの嘘などあらゆるものが紹介されていて興味深かったので、ぜひ読んでみてほしいです。

     また、延期となっていた第8回関西友の会親睦会についても、開催日についてのアンケートを再度させてください。前回のアンケートではご都合が合わなかった方も、もしお越しになれそうでしたら回答をいただけるとうれしいです。

     それ以外にも告知事項が2つほどありますので、次回予告をご覧いただければと思います。

     UK@虚構新聞社