• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

  • 【第336号】虚構新聞友の会会報

    2020-11-28 17:3018時間前
    660pt

    第336号(2020.11.28)

    ++++++++++++++++++++++++++++++
     虚構新聞社発行
       虚構新聞友の会会報
    ++++++++++++++++++++++++++++++
     目次
      1.ごあいさつ
      2.流言蜚語~「裏紅白歌合戦」の話~
      3.次回予告
    ++++++++++++++++++++++++++++++

    1.ごあいさつ

     友の会のみなさん、こんにちは。週末いかがお過ごしですか。虚構新聞のUKです。早いものでもう今月最後の会報です。

     先日「フライデー」に掲載された社主へのインタビューのデジタル版記事が、どういうわけか今月19日、ヤフーニュースのトップに選ばれてしまい、特に更新もしていないのにアクセスが集中して、サーバーがパンク寸前になりました。

     ▼「虚構新聞」が16年間ウソのニュースを発信し続ける理由
      →https://news.yahoo.co.jp/articles/e8947728f058f219b384b16c32fcb800e20deba8

     ヤフーニュースの中の人が一体どういう基準で記事をチョイスしているのかは謎ですが、「ゴシップでもない読み物記事がヤフートップに選ばれることはとても珍しいです!」とのこと。取材に来たフライデーの記者さんが興奮交じりのメールをわざわざ送ってくださいました(※社主もこのメールで掲載を知りました)。

     また、以前告知していた小学館のファッション誌「Maybe!」にて、藤原ヒロシさんとの対談が掲載されました。ファッションに無頓着な社主には場違いなオシャレ雑誌ですが、よろしければお近くの書店でご覧ください。

     ▼小学館「Maybe!」
      →https://www.shogakukan.co.jp/pr/maybe/

     さて、話が少し変わりますが、みなさんは「裏紅白歌合戦」という企画を掲載しているホームページ(古臭い言い方ですが、あえてこう書きます)をご存知でしょうか。

     ▼第71回裏紅白歌合戦
      →http://jiyujoho.a.la9.jp/urak20.htm

     詳しくは後で書きますが、先日「音楽ナタリー」にこのホームページを運営するjiyujohoさんへのインタビュー記事が載りました。

     ▼インターネットの毎年恒例行事「裏紅白歌合戦」、22年目の大きな変化
      →https://natalie.mu/music/column/404534

     このような企画を20年以上にわたって続けていく中でjiyujohoさんが感じたネットの変化や読者との向き合い方などを読む中で、本紙の運営方針に通じるものを感じたので、今回の流言蜚語はこの「裏紅白歌合戦」を取り上げます。

     UK@虚構新聞社

     
  • 【第335号】虚構新聞友の会会報

    2020-11-21 17:30
    660pt

    第335号(2020.11.21)

    ++++++++++++++++++++++++++++++
     虚構新聞社発行
       虚構新聞友の会会報
    ++++++++++++++++++++++++++++++
     目次
      1.ごあいさつ
      2.流言蜚語~「トランプ首相」の舞台裏~
      3.次回予告
    ++++++++++++++++++++++++++++++

    1.ごあいさつ

     友の会のみなさん、こんにちは。週末いかがお過ごしですか。虚構新聞のUKです。いつもご支援ご愛読ありがとうございます。

     車の故障でがっくりしていたら、今度は記事が立て続けに好評を得るという、良い話と悪い話が結構な高低差で波のように襲い掛かってくるもので、心穏やかならない毎日です。

     で、「トランプ総理大臣」の記事に手ごたえを感じた今月も、先週から39度近い謎の高熱と胃痛・腹痛に襲われ、数日寝込んでおりました。先月の体調不良はただの風邪で済んだものの、2か月連続で風邪をひくということはまずありえないので、今度こそ「ヤツ」に感染したかと半ば観念していましたが、診断の結果、胃腸炎だと判明。

     胃腸炎にかかって安堵する、というのも妙な話ですが、そんな気持ちになってしまうところに今年の異様さを実感せずにはいられません。ちなみに1週間経った今もまだ少しお腹がぐるぐる鳴っていて、完全回復までもう少し時間がかかりそうです。

     さて、今月2通目の会報は前号での予告通り、例のトランプ氏の記事制作の舞台裏について。記事だけでなく、当時どのように動いていたかということも記していきたいと思います。

     UK@虚構新聞社

     
  • 【第334号】虚構新聞友の会会報

    2020-11-11 17:30
    660pt

    第334号(2020.11.11)

    ++++++++++++++++++++++++++++++
     虚構新聞社発行
       虚構新聞友の会会報
    ++++++++++++++++++++++++++++++
     目次
      1.ごあいさつ
      2.坂本問答~米大統領選とフェイクニュース~
      3.次回予告
    ++++++++++++++++++++++++++++++

    1.ごあいさつ

     友の会のみなさん、こんにちは。ポッキーの日、いかがお過ごしですか。虚構新聞のUKです。今月最初の会報をお届けします。

     まだかまだかと手をこまねいて(※誤用)待っていたアメリカ大統領選挙もようやく決着がついたようで、投票前日には既に完成していた「トランプ氏、日本初の外国人大統領に意欲」の予定稿も無事9日に配信することができました。

     ▼敗北トランプ氏、「日本初の外国人総理大臣」に意欲
      →https://kyoko-np.net/2020110901.html

     前回2016年はトランプ氏当選という大番狂わせでボツ(詳しくは後述)、そして今回は配信まで1週間もの結果待ちと、本紙は大統領選とあまり相性が良くないようです。

     さて、今月最初の会報ですが、お待たせしました。ようやく先生と連絡が取れたので、放談「坂本問答」をお届けします。内容はご想像の通り、米大統領選について……なのですが、あいにく収録の都合でバイデン氏当確が出る前の対談となってしまいました。予めご了承ください。ただ、ほぼ当選すること前提で話していたのでさほど違和感なく読めると思います。万が一、最後の最後で大どんでん返しが起きたら、こちらの文字起こしも破棄しなければならなかったので、ひとまずホッとしています。

     UK@虚構新聞社