ボケボケしている暇はない!(軽度認知症本人のブログ)こんなチョットした事から始めました。Part2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ボケボケしている暇はない!(軽度認知症本人のブログ)こんなチョットした事から始めました。Part2

2019-05-23 22:09




    まず最初にした事は、朝食を抜くでした。


    もう一度書きますが最初に始めた事は、
    朝食を抜いて、1杯の珈琲にしただけです。

    夜8時に食事を終えて、朝食を抜く12時に昼食の時間ならば 丁度16時間断食になります。普通の仕事についている人なら、取り入れやすい断食方法です。
    これは、リコード法でAPOE4の人に推奨している14〜16時間の断食になります。

    『アルツハイマー病 真実と終焉』のなかではケトフレックス12/3として紹介されています。この空腹時間はとても大切で ケトーシスを引き出すのに非常に効果的な方法で、インシュリン感受性を改善させることで認知機能を高めます。
    それと、もう1つの大きな効果は、(脳細胞も含めた)細胞を構成する成分をリサイクルし、ダメージを受けたタンパク質やミトコンドリアを破壊する、自食作用を促すことである。
    これが細胞の再生にとても良い。

    そして、「パレオダイエット」でもプチ断食を重要視しています。
    狩猟採集民の自然な食事パターンである可能性が高いとともに、ダイエットと若返りに効く具体的なメリットを紹介しています。
    ぜひ、『パレオダイエットの教科書』で確認してください。



    実際、私は半年で10kg痩せ 体調も良くなり、MCIリスクもD判定からB判定に改善しました。もし、認知症が心配な人がいましたら、ぜひ『アルツハイマー病 真実と終焉』を読んで実行に移してください。実行に移していくと家族から朝食を抜いて大丈夫?とか心配してくれると思いますが、その時は、「パレオダイエット」をしていて、栄養には気をつけているからと言えば良いと思います。
    ここも結構大切です。「リコード法」をしているとは言いづらいのです。
    実際、軌道に乗って家族に伝えるまでには ダイエットしてると言っていました。

    そして、なかなか、なかなか、人に相談できる事ではないので、自分の体調に気を配りながらやってください。栄養が足りなくて認知症にかかる人も沢山いるので 出来れば検査をして栄養補充もしながらの方が良いです。

    次は、食事内容について書いていきます。

    参考
    (書籍)
    「一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書」
    「最高の体調」
    「アルツハイマー病 真実と終焉」

    (病院)
    ブレインケアクリニック
    https://brain-care.jp

    (ブログ)
    ・パレオな男
    ・Dr.今野裕之 オフィシャルブログ

    (ニコニコチャンネル)
    ・メンタリストDaiGo「心理分析してみた」
    ・メンタリストDaiGo&つっしーのメンタル料理講座






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。