初自作PC制作記~ストレージ編~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

初自作PC制作記~ストレージ編~

2020-07-09 22:32
    ストレージとは記憶媒体
    なじみのあるHDD、ランダムアクセスで高速化されているSSD。
    そして今回OSが入るメインストレージとして選んだのが。

    Western Digital SSD 500GB
        WD Blue PC M.2-2280 SATAWDS500G2B0B-EC




    こちらはマザーボードに直接差し込むことができるSSD。
    配線の必要がなく、ケースの中をすっきりさせることができます。

    同じ配線するSSDよりは高価ですが、そこまで極端ということではないので、コストを極端に下げたいという人以外は小貫の選択がよいかなと思います。


    Windowsを起動して使うだけなら500GBで十分なんですが、
    配信や動画保存していくにあたりこの容量では心許ないので、
    以前PS4の外部ストレージとして使用していた「Samsung 250GB SSD」と
    新規で「SEAGATE 4TB HDD」を搭載しています。



    M.2のSSDはWindows他PCのメインに当たるデータ。
    SATA SSDは配信・編集ソフト本体。
    HDDはデータ関連と使い分けるようにしました。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。