新年一発目の風景-要約するとただの岩場-
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新年一発目の風景-要約するとただの岩場-

2016-02-10 23:00
    こんばんは、lagurezio改め、So-ma.と申します

    名前が変わりました理由は、小学生から付き合いのある友人から

    「お前の名前(アカ名)呼びづらいねん!!」

    と怒られたので、渋々変更
    まあ、察しの良い人は分かると思いますが、もう考えるのも面倒なので名前の一部を抜粋しました

    そんなこんなで、これからもよろしくお願いいたします


    さて、話しを本題に戻しますが、2日前に新年一発目の日本の絶景を見にまたヒョコヒョコと出かけてきました
    今回は、珍しく一人旅

    場所は日本のグランドキャニオンと呼ばれる”日本キャニオン”
    ビックリするくらい名前そのまんま過ぎませんかねぇ…

    まずは、冬季の車両通行止めがかかっている所の近くで車を止め、そこから30分ほど歩きます
    ※雪道を見る限り、誰かが歩いた足跡がなかったので、2月はまだ誰も侵入してない様です


    途中からスノーシューを履き、林の中をさらに15分ほど歩くと遠くからでも目的の日本キャニオンが見えてきました




    さらにさらに、川を渡り小さなダムを超えて、ようやく目の前に出ました









    第一声は「デカッ……」でした。

    しかし、これでもまで下から見上げているだけで、次は雪山を1時間ひたすら登り、”日本キャニオン展望台”にて上から見てみます

    けど…

    まぁぁぁぁぁぁぁぁ、辛い!!

    本当に到着する前に死ぬかと思いました
    雪山の林の中を、登山道入り口に置かれているマップを頭に叩き込んで、後は勘で進むので精神的にきます



    やっぱり、先導者の足跡が無い状況だと心細い事この上ないです

    なんやかんやで、ようやく展望台に到着









    松の木邪魔だよ!!

    高さ的には、下の写真の位置が低すぎて見えないくらいには高い場所におります

    本当は、この後にもう一箇所見たい所があったのですが、突然暗くなり始めて
    あっと言う間に夕方のような暗さに



    流石にやばいと感じ、おとなしく下山の決断をして、また1時間30分かけて車のある道路まで引き返しました




    下山したらめっちゃ晴れてるじゃん!!

    しかし、山の方は雲がかかり始めていたので素直に下りて正解だったと思います


    もう一箇所の目的地には、雪が解けて春になったら再挑戦しよう



    それでは、また
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。