【PSO2】お手軽ジ・ソール5スロ+α
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【PSO2】お手軽ジ・ソール5スロ+α

2016-12-29 17:29
    ■始めに
    というわけで以前の装備作成記事の発展形である。

    今回は5スロにして能力をさらに追加して、
    XH帯やエキスパBに持ち込んでもそう侮られないものというイメージ。

    前回の記事では3スロ装備を素材に、最終合成時にエクストラスロットで4スロにしたが、
    今回は最初から5スロで作る。
    何故なら成功率が下がらないから。

    ■作成物

    任意のジ・ソール
    任意のステータスⅢ
    スピリタⅢ
    スタミナⅢ
    フィーバー

    の5スロ。
    ステータス+75 HP+50 PP+9
    となる。

    予算に余裕があれば、5スロ目のフィーバーは課金アイテムのブースト系でもよい。
    おススメは安定性重視で「特殊能力追加(HP&PP)」の
    ノーブル・スタミナ(HP+50、PP+3)

    以下、ジ・ソールとフィーバーについて説明するので、
    興味のない方は2項目ほど先にどうぞ。

    ■ジ・ソールとは
    特定のソールと「トウオウ・ソール」または「フルベガス・ソール」を
    同時に素材にセットしたときに付与可能になるソール。
    アクト・ジ・ソール(打撃)
    ティル・ジ・ソール(射撃)
    マギー・ジ・ソール(法撃)
    の3種類から成り、それぞれ対応したステータスに+35とPP+3の効果を持つ。
    能力的にはアルティメットクエスト産ソールのやや下位互換といったところだが、
    付与するために別の「特定のソール」が必要になるため
    同時に付与する能力に継承ボーナスを付与しやすいのが長所(と思う)

    大きな違いとしてはジ・ソール自体の継承率が低く、ソールレセプターを使っても50%
    同一のジ・ソールを3個並べても40%までしか確率が上がらない。
    基本的にはそのまま継承することは考えない方がよい。

    「特定のソール」は羅列していくと長くなるので、wikiででも調べてほしい。

    ちなみに、3種類どのジ・ソールを作るにせよ「特定のソール」は共通である。

    ■フィーバーとは
    季節限定ラッピーやニャウが落とす装備品に付与される特殊能力。
    様々な種類が存在する。
    能力値自体はステータス+10とHP+5、PP+2など微々たるものだが、
    1つだけでも基礎継承率が100%なので多スロの品を安く用意しやすく、
    コスパが非常に高い。

    こちらも様々な種類があるので、何を付けるべきかはwikiで調べて判断してほしい。
    個人的にはHPかPPのどちらかしか付いていなくて、技量+のないやつがおススメ。

    ■レシピ

    今回は単純なので画像にて。
    打撃でレシピ例を用意したが、ソールとステータスの特殊能力を変更すれば
    どれにでも対応可能。

    シミュレートツールは「みりんは犠牲になったのだ」様
    いつもお世話になってます。

    (クリックで拡大)


    平時は成功率+40%、成功率+10%期間なら+30%で完封可能。
    本体のスロット拡張をする際にフィーバーを入れていけば一石二鳥。
    素材1つにつき能力1つなので、さくっと作ることもできるだろう。

    さて、見ればわかると思うが、素材のスロットがガバガバである。
    せっかくなので、今回は発展型も載せておく。

    ■作成物2
    任意のジ・ソール
    ステータスⅣ
    スタミナⅣ
    スピリタⅣ
    フィーバー

    ステータス+80 HP+60 PP+10
    最初のレシピとは微々たる差だが、見栄え的にはワンランク上かなって(白目
    フィーバーはブースト系で置き換えてよいのは同じ。

    ■レシピ2
    例によってレシピ例は打撃。

    (クリックで拡大)


    ●本体
    5スロに拡張していく際に各特殊能力を仕込んでおく。
    ●素材1~3
    5スロのパワーⅢだけ、スタミナⅢだけ、といった装備を用意し、合成し作成。
    それぞれ2個ずつ合成すれば継承率は80%になるので、そこまで難しいことはない。
    ●素材4、5
    ビジフォンで買う。

    平時でも成功率+30%を使用すれば完封可能。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。