レーシックとは?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

レーシックとは?

2020-02-18 23:57
    近視矯正レーシックについて分かりやすくご説明させていただきます。

    私がレーシックを受けたクリニックはここです。webから適応検査の予約ができますよ。(無料)


    日米における安全性の証明

    全米では、年間130万症例を越える屈折矯正手術が毎年実施されています。
    1995年にFDA(米国食品医薬品局、日本の厚生労働省にあたる機関)が、エキシマレーザー治療による矯正手術を認可してから、急速に発展してきました。
    これまでにAAO(米国眼科学会)やASCRS(米国白内障屈折手術学会)によってその安全性が認められていましたが、国の機関であるアメリカ国防総省の医学委員会が、 レーシックを積極的に取り入れるようになったことで、その安全性がさらに証明されました。
    日本でも2000年1月に厚生省(現:厚生労働省)がエキシマレーザーによる矯正手術を認可し、その安全性が確認されました。

    2006年国内症例数15万件(私調べ)と、2006年米国症例数155万件(私調べ)に比べるとその普及度合いの格差は歴然としています。しかし近年序々に社会的に認知度が高まり、プロゴルファーや野球選手などの プロスポーツ選手や各界の著名人など多くの人が、裸眼視力による快適な生活を手に入れています。
    レーシックは、メガネやコンタクトレンズに代わる第三の近視矯正方法として注目を集めています。

    レーシックを受けられた方々
    メガネ・コンタクトに代わる第三の視力矯正方法であるレーシックの素晴らしさが、少しずつ認知されてきました。多くのプロスポーツ選手や、著名人の方々が裸眼視力による快適な生活を手に入れています。

    LASIKによってより確実に視力回復が出来るようになりました。

    「自分の目で物を見たい」これは今も昔も同じ、たくさんの人々の「夢」です。
    屈折矯正手術の歴史は1869年までさかのぼります。
    世界中の眼科医がその夢を叶えようと様々な研究が繰り返されてきました。

    1975年
    エキシマレーザーが開発されてからは飛躍的に進歩

    1983年
    アメリカのTrokelによって初めて屈折矯正手術に対して使用

    1985年
    ドイツのSeilerによって臨床応用へと発展

    1988年
    アメリカでPRKが始まる。

    1990年
    ギリシャでLASIKが始まる。

    1995年10月
    アメリカにおいてFDA(アメリカ食品医薬品局)がエキシマレーザーを認可

    PRKが主流となっていた1996年~1997年前半は、症例数も少なかったのですが、1997年後半よりLASIK手術が広まり、驚異的な伸びを示すようになりました。

    1999年から症例数は飛躍的に伸びていて、2006年アメリカでは、155万症例(メーカー調べ)を超すレーザー屈折矯正術(LASIK)が行われています。

    アジアの中でも韓国は、早くからエキシマレーザーが導入されており、台湾・シンガポール、そして国産のエキシマレーザーを開発した中華人民共和国でもPRK、LASIKが行われ始めました。

    眼科の世界では、LASIKは革命のようなものです。日本での普及はまだまだこれからですが、現在のアメリカでは「クリスマス、誕生日プレゼントは何がほしい?」と聞かれて「LASIKがいい!!」という会話が当たり前なくらい普及しています。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。