レーシックのデメリットなどよくある質問
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

レーシックのデメリットなどよくある質問

2020-02-19 22:06
    レーシックについてよくある質問について解説していきます。
    ほかにも質問ございましたら、コメント欄よりコメントいただけると幸いです。

    私がレーシックを受けたクリニックはここです。webから適応検査の予約ができますよ。(無料)

    Q1.

    20年後、30年後は、どうなるのでしょうか?

    これはわかりません。私の見解としては、限りなく『なにも起こらない』と判断したので、自分自身でレーシックを受けました。
    私は、レーシックを受ける前は、コンタクトレンズをつけたことがありません。コンタクトレンズは年間数名の方が失明をしています。もし、あなたが本当にレーシック(iLASIK)について心配だったら受けないで下さい。
    ただ、私は何故、飛行機が飛ぶのかよくわからずに乗っていますが、確立からみるとその方がよほどこわいことかもしれませんね。
    【参考】
    米国では8年前にレーシックを受けた方のうち88%が矯正視力を維持しているとの調査結果があります。今と比較してレーザー機器の品質が大きく劣る当時の状況を考えると十分に信頼できる技術だと考えています。

    Q2.
    レーシック(iLASIK)を受けると老眼になるのが早くなりますか?

    老眼は年齢と共に一般的に誰でも進みます。レーシックを受けて遠くが見えるようになることが、老眼を早く気付かせる作用がある場合があります。「早くなる」のではなく「早く気づき」ます。老眼になると言うことは、目の中のレンズを支えている筋肉が衰え、近くを見るときに厚くしているレンズを厚くすることが出来なくなる症状です。近視の方は元から焦点が手元にあっているため目の良い方ほど調節することに筋肉を使わないのです。何気なくメガネを外している行動が老眼のはじまりです。(近視のメガネを外す≒近くを見るときに眼用メガネをかける。


    Q3.
    何で近視の人は、老眼になりにくいの?

    近視の人でも普段目の良い方でもある程度の年齢になると一般的に誰でも老眼になります。近視の方は通常時、メガネやコンタクトレンズにて視力矯正していますので、それを外した際に、近くを見ると見やすいことが生じます。


    Q4.
    海外で受けたほうが医療水準が高いでしょうか?

    海外で治療を受けられた場合、日本での経過観察の問題や合併症発症時のサポートの問題もありますので、あまりお勧めはしていません。


    Q5.
    将来、白内障手術、緑内障手術、網膜はく離手術などは受けられますか?


    全ての疾患について対応できます。ただし、疾患の際にかかるお医者さんにレーシックを受けていることを必ず伝えてください。
    また、将来開発される治療/手術方法において、レーシックを受けたことが適応外となるケースが発生する可能性は否定できません。ひとつのリスクとして理解下さい。


    Q6.
    運転免許証の眼鏡等の条件を外すにはどうしたらいいですか?

    レーシックなどを受けられて、視力が回復され「眼鏡等」の記載をなくすには、運転免許証センターへ行って頂く必要があります。
    (最寄の警察署などは不可)受付は平日のみで、各運転センターで受付時間が違いますので予めご確認ください。特に費用もかからず、写真や診断書なども不要です。(免許証に裏書して頂けます。)
    詳しくは最寄の運転免許センターへお問い合わせ下さい。


    Q7.
    レーシックは術後どれくらいの期間で視力が回復しますか?

    手術直後から、裸眼でご帰宅いただけるくらいまで回復しています。翌日には、ほとんどの方が裸眼視力で1.5程度の視力に回復しています。なんと言っても、一番感動するのは手術翌日の朝、目覚めた瞬間です。体験者の皆さんが口を揃えていろいろな感動秘話を聞かせてくれます。コンタクトをしたまま寝たと思った!時計がハッキリ見えた、枕もとのメガネをもう探さなくていい!見えすぎてなんだか自分の部屋が少し狭く感じた!などの言葉が寄せられています。


    Q8.
    エピレーシック・PRKは術後どれくらいの期間で視力が回復しますか?

    視力の回復には個人差があります。
    術後すぐに視力が回復する方もいますが角膜上皮が再生するまでに3~4日かかり、徐々に視力が上がってきます。但し、視力の安定につきましては半年位かかる場合もございます。


    Q9.
    両眼0.03と、かなり視力が低いのですが「レーシック」で回復する可能性はあるのでしょうか?

    ご自分の眼に最も合ったメガネやコンタクトを掛けた時に見える視力が、回復できる視力の目安となります。そのため0.03のような強度の近視の方でも、メガネやコンタクトの矯正器具をつけて1.0以上見えていれば、レーシックによって同じく1.0以上回復する可能性があります。正確には一度検査を受けていただければ、どの程度の回復が見込まれるか、レーシックを行うことができるのかをお調べすることができます。


    Q10.
    エキシマレーザーは、機種によって成績が違うのですか?

    レーザーの照射方法は、メーカーによって3つの手法があります。(ブロードビーム、フライングスポット、スリットスキャン&ローテンション方式)それぞれに利点や特徴がありますが、一般的なLASIKの適応者の方にとってはどの照射方式を選択されても、レーザー機器が正しい理解と操作法で使われていればほぼ同様によい結果が得られます。レーザーの種類で選ばれるよりレーシックについての経験と知識が豊富な執刀医が行っているかがとても大切でしょう。


    Q11.
    所要時間はどれくらいかかりますか?

    両眼で10分~15分くらいです。


    Q12.
    本当に痛くはないですか?

    レーシックは基本的に痛みはありません。
    レーザーを照射する前にまぶたを開く器具をはめることで、痛いと感じる方がいますが、痛みと言えるものではありません。手術中には目薬の麻酔が効いているかどうか充分に確かめながらおこないますのでご安心下さい。目は小さなゴミが一つ入っただけでも痛みを覚えますが、実際は点眼麻酔をしていますので、普段目にゴミが入る方が遥かに痛みを覚えます。レーザーを照射する前にフラップ(蓋)を作りますが、その際にチクリという痛みを訴える方が過去にいらっしゃいました。その際には、点眼麻酔を追加しますので安心して手術を受けて頂けます。


    Q13.
    レーザーが当たっている間は痛みませんか?

    痛みはございません。


    Q14.
    手術中に瞬きをしたり目を瞑ったり、目が動いたりしても大丈夫ですか?

    開瞼器によって目を開けたまま固定しますので、まばたきすることはできません。また、多くのエキシマレーザーは、アイトラッキング・システムと呼ばれる眼球運動の自動追尾機能を搭載しています。多少目が動いてしまっても、レーザーはその動きを追跡して照射します。検出できないほど大きな動きが起こった場合は自動的に照射が停止しますので、どうぞご安心ください。また、点眼を行いながら手術をしますので眼が乾くことはございませんのでご安心下さい。


    Q15.
    フラップがずれることはありますか?

    手術後早期に強くこすったり、強い衝撃を受けたり(ぶつけたり)すると、稀にフラップがずれてしまう可能性はあります。それを防ぐために、手術当日に保護用メガネやEPILASIK、PRKの方には保護用コンタクトレンズをお渡ししています。必ず医師の指示を守って着用するようにしてください。もし万が一フラップがずれるようなことがあっても、すぐにお越し頂ければ治療することは可能ですので、ご安心ください。


    Q16.
    手術の跡は残りますか?

    レーシックは、フラップと呼ばれるフタを角膜の表面に作ります。このフタ(フラップ)は、一枚の角膜に戻ることはありませんので、特殊な染料で染めればフラップの後を見ることができます。ただし、一般の方が普通に眼を見てもその後を見ることはできません。また顕微鏡下でも染色をしなければ見つからないほどです。なおEPIレーシックの場合は、レーザーで取り除いた角膜上皮が再生してくれば元の一枚の角膜に戻りますので、レーシックのような跡は残りません。


    Q17.
    レーシック、イントラ、エピレーシック、PRK術式の違いは何?

    IntraLaseの導入によって、コンピュータ制御されたレーザーでの切除が可能と なり、より安全で正確なフラップも作成できるようになりました。IntraLaseでのフラップの切除面は、均一かつ平坦であり、近視・遠視・乱視の 矯正精度が向上します。また、従来のマイクロケラトームに比べ、フラップのエッジが立っているので、フラップを戻したときの固定する力が増し、角膜の強度が向上するとともに術後のフラップのずれ、しわといった合併症がより少なくなりました。

    CustomVueとの組み合わせによるiLASIKは、フラップ強度、視力回復の精度から、過酷な環境で確かな視力を求められる米軍のパイロット、NASAの宇宙飛行士にも認められています。

    一方で、強度近視の方や、もともとの角膜の厚みが薄い方の中には、フラップを作成すると近視・遠視・乱視を矯正するだけの必要な厚みが確保できず、iLASIKやレーシックが実施できない方もいらっしゃいます。

    このようなケースでも、視力矯正の適応範囲を拡げるために、フラップを作成しないエピレーシックという術式が開発されました。 エピレーシックのフラップは、非常に薄くできており、レーザー切除のために必要な角膜厚をより多く確保できます。この術式により、レーシックが適応にならない人でもエピレーシックでは可能になる場合があります。

    レーシックと比べ、視力回復には、若干時間を要しますが、最終的な目指す視力はレーシックと変わりません。また、フラップが残らないので、格闘技をする方には、角膜強度や、 フラップのずれといったリスクを回避するため、iLASIKやレーシックよりも、エピレーシックをお勧めしています。

    PRKは、エピレーシックと同じく、フラップを作成しない術式です。特に、眼の大きさが小さく、レーシックやエピレーシックを行うときに使用する 機器が眼に入らないケースや、角膜に深い傷跡が残っているようなケースでは、フラップを作らずに角膜に直接レーザーを照射するPRKを選択します。術後の視力回復経過や特徴はエピレーシックの特徴とほぼ同じと考えていただいて結構です。

    Q18.
    エピレーシックの方が何で、目に負担が少ないのですか?

    蓋を作らないからです。
    蓋が無いのでずれる心配がありません。

    Q19.
    レーシック(iLASIK)手術では片眼ずつの手術も可能ですか?

    片眼ずつの手術も可能です。ただし、医学的に必要と認められた場合のみの対応となります。実施にあたっては左右の視力が大きく異なる期間ができますので、視力の左右差によって気分が悪くなったり、肩こりなどの影響がないかどうか詳しく検査し、専門医との相談上で判断いたします。


    Q20.
    手術の失敗はないのですか?

    盲腸の手術でも失敗することはあります。100%完璧な手術はありません。視力矯正の場合をとりますと、視力が1.0以上に回復しなかった場合はあります。またフラップ(ふた)を作る際にフラップが均一にできないケースが15000症例の内、10症例程ありました。その際にはレーザーを実際に照射することを中止し、3ヶ月程後に角膜が正常化してから再手術をして治療します。もっとも多くの皆さんが心配しているだろう、致命的な失敗である失明はアメリカ・日本を含み世界で例はありません。


    Q21.
    手術を失敗するとどうなるのですか?

    まれに視力の戻りが起こることがあります。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。