• 【剣盾S7シングル】対面マニュシャン~5世代の亡霊~【最終755位レート1902】

    2020-07-01 23:41
    1 はじめに


    (おっ…?)


    (このシャンデラは孵化兼レイド要員でランクマで使ったことないのは内緒)

    2 パーティ・戦績



      


    3 コンセプト・基本選出
     コンセプトは、2体がかりで有利状況を作って最後の1体で全抜きすることです。
     元々定めていたものではないですが、結果的にはこうなっています。
      
      基本選出は次のとおり
     (1) 通すポケモンがドサイドンかスピンロトムの場合
       ナットレイ+シャンデラ+ドサイドンorスピンロトム
     
    トリル選出。ドサイドンは言わずもがなですが、スピンロトムがトリルエースの場合、トリルを見た時点で相手が裏ドサイ前提で立ち回ることが多いので、ロトムが通しやすくなることやトリル最終ターンにダイジェットを打つことで、トリル後も上から動けるようにできるのが利点です。
     (2)
    通すポケモンがマニューラの場合
      
    スピンロトム以外の5体+マニューラ
      終盤増えた選出。トリルが有効でないかつスピンロトムが刺さっていない場合の選出です。
      上記の他、試合の流れでシャンデラとアシレーヌをエース運用する場合も少なからず。

    4 個体解説
     (1) マニューラ(意地っ張り・プレッシャー→わるいてぐせ)@命の珠
       わざ  氷柱落とし→トリプルアクセル、地獄突き、蹴手繰り、礫
       実数値 157(92)-189(252)-85-×-105-166(164)
           H:余り(陽気珠ドラパルトのドラゴンアロー確2、ダイマ控えめトゲキッス
             のダイフェアリーをダイマ時確定耐え) 
           A:ぶっぱ
           S:最速サザンドラ抜き(S+1時最速ドラパルト抜き)
     今までマニュシャンじゃなくてデラドサイと言われても仕方ないレベルの選出率だったが、なぜかリベロエスバ解禁後に選出率が改善された。配分はS1のスカーフマニュと一緒。
     鎧解禁でトリプルアクセルを習得しましたが、個人的にはアタッカーマニューラなら優先度は高いです。マニューラ自体は耐久が低く、極力1撃で相手を倒したいポケモンなので、威力120を襷貫通の連続技で打て、ダイアイスだと威力140になるのは、仕様上3発当たる確率が気合い玉程度ということを差し引いても十分魅力的です。
     蹴手繰りは、カビゴン・ラプラス・ドリュウズ辺りの処理速度を上げるのと、ダイナックルを威力100で打てるからです。
     最後に、エスバの処理ルートにマニューラの礫圏内に入れるルートを設定していましたが、そもそも最速エスバを抜けていた方が良いので、今後はAS陽気の方が絶対使いやすいと思います。

     (2) シャンデラ(控えめ・すりぬけ)@気合いのたすき
       わざ  大文字、シャドーボール、エナジーボール、トリックルーム
       実数値 135-×-110-216(252)-111(4)-132(252)
           D:余り CS:ぶっぱ
     いつもの。基本はトリルを張って退場だが、今期はサザンやバンギといった強力なシャンデラ受けポケモンとあまり遭遇しなかったので居座って襷を盾に殴り合う場面が多かったです。

     (3) ナットレイ(呑気・鉄のトゲ)@オッカ
       わざ ジャイロ、ボディプレス→パワーウィップ、宿り木、ステロ
       実数値 181(252)-115(4)-201(252)-×-136-22
           HB:ぶっぱ A:余り S:最遅
     とりあえずステロを撒いて欲しい。欲を言えば相手の先発を倒して欲しい。
     珠エスバのかえんボールぐらいまでオッカ込で耐えるため、明らかに炎技が見えていても突っ張らせた。半減実とナットレイの耐久の組み合わせが強力で実質襷を2個使用できるような感じでした。ウィップに変更したのはアシレーヌ・ミトムが重すぎたのとミラー対面が激減したため。

     (4) アシレーヌ(臆病・激流)@スカーフ→しんぴのしずく
       わざ  アリア、ムンフォ、エナボ、ハイドロカノン→滅びの歌→つぶらな瞳
       実数値 156(4)-×-94-178(252)-136-123(252)
           H:余り CS:ぶっぱ
     最初はスカーフで特にミトムとヒトムを意識していたが、HCベースばっかりだったのでしんぴのしずくに変更。ただ殴ってるだけで何かしら仕事をしてくれる優秀なポケモン。
     最後の1枠は、ダイウォール用です。つぶらなひとみは使用しても襷エスバのダストシュートで確1。瞑想でよくないですかね。迷走してたし。
     振り返ると、持ち物と4枠目の理由がふわっとしているので、この2点を固められていたらより上位にいけたかもしれないです。

     (5) ドサイドン(意地っ張り・ハードロック)@ラム
       わざ ロクブラ、地震、炎のパンチ、剣の舞
       実数値 213(180)-203(196)-153(20)-×-82(52)-68(60) 
           A:余り
           HB:ダイマ時陽気珠ギャラのダイストリーム(滝登り)を確定耐え(77.6~93.4)
             意地珠は低乱数1(6.2%)
             非ダイマ時型破り陽気ドリュウズのダイアース(地震)を確定耐え
             (84.5~99.5)
           HD:ダイマ時D+1で無補正水ロトムのダイストリーム(ドロポン)耐え
             (71.8~84.5)
           S:無振りカバ抜き
     今期は、あまり通せなかったポケモン。ドサイドンの通りが悪いと言うより次のスピンロトムの通りがよすぎた。
     前回の記事でも触れましたが、剣盾のドサイドンはASの方が使いやすいと思います。

     (6) スピンロトム(控えめ・浮遊)@オボン
       わざ  エアスラ、放電→10万→ライジングボルト、あくのはどう、悪巧み
       実数値 156(252)-×-127-167(204)-127-113(52)
           H:ぶっぱ C:余り S:準速60族抜き
     エスバに強いって聞いて入れてみましたが、結果としてもっと早く使っていればよかったと思えるぐらい活躍しました。
     電気技は、一長一短なのでどれを選んでも良いと思います。放電は麻痺、ライジングボルトは瞬間火力、10万は安定火力。
     素早さに関しては、ほぼダイマックス運用でその場合ダイジェットを撃たない試合は無かったので、S+1で最速エスバを抜けるぐらいまで振った方が良いと思います。
     ガチガチの起点作り要員がパーティにいないので、悪巧みはあまり積めませんでした。ラムであればカバルドン等を起点にできると思いますが、悪巧みを打つ機会を増やすより、対面の打ち合いを強くした方が良いと感じたので、オボンにしています。


    なにかあれば、twitter@LAW_Chandelureまで


  • 広告
  • 【剣盾シングルS5/S6】マニュシャンナットリターン【最終9,141位/2,371位】)

    2020-05-03 18:04
    1 前書き
      25,276→63,522→15,536→14,247ときてようやく最終4桁(9141)になったのでシーズン1以来の記事書きます(あと前回戦績とかダメ計とかっていってたけど結局書かなかったので、もうこの記事で書きます)。

    2 PT・戦績








     基本戦術は、誰かを通すように立ち回る。
     一番多かったのはドサイドン。


    3 個体解説
      
    以下、名前(性格・特性)@持ち物
         技、実数値H-A(努力値)-B-C-D-S(努力値)表記で書きます。

     (1) マニューラ(意地っ張り・プレッシャー)@くろおび→命の珠
       わ ざ 氷柱落とし、地獄突き、かわらわり、礫
       実数値 157(92)-189(252)-85-×-105-166(164)
           H:余り
           A:ぶっぱ
            H252トゲキッスを氷柱落としで確1(106~)
            B4サザンを持ち物無し氷柱落としで確1(100~)
            B4ドリュをかわらわりで乱1(68.7%)
           S:
    最速サザンドラ抜き
       シーズン1と同じ配分。珠の枠が余ったので珠に。珠にしたことで、つららさえ当てればトゲキッスも良い感じに処理できる。最近知ったけどこの配分ならダイマすればラムキッスのダイフェアリー(マジシャ)を耐えるらしい。逆にお互い通常だとマジシャで落ちる。


     (2) シャンデラ(控えめ・すりぬけ)@気合いのたすき
       わ ざ 大文字、シャドーボール、エナジーボール、トリックルーム
       実数値 135-×-110-216(252)-111-132(252)
           D:余り CS:ぶっぱ
       剣盾全シーズン通算で1番結果を残してると思われる型そのまま。トリルで使い捨ててもそのまま殴らせても強い。

     (3-2) ナットレイ(呑気・鉄のトゲ)@オッカ
       わ ざ ジャイロ、ボディプレス、宿り木、ステロ
       実数値 181(252)-115(4)-201(252)-×-136-22
           HB:ぶっぱ
           A:余り
           S:最遅
       ギャラドスに対する回答がトリルドサイしか無かったので、終盤にHA威嚇ギャラドスと交換。最終日はナットデラドサイの並びで順位を上げた。ギャラやミミッキュを止めるのとステロ撒きが主な仕事。ボディプレスの枠はウィップでも良いかもしれない。


     (4) ニンフィア(図太い・フェアリースキン)@たべのこし
       わ ざ ハイボ、マジフレ、欠伸、みがわり
       実数値 201(244)-×-128(252)-130-150-82(12)
           H:余り
           B:ぶっぱ 
           S
    :4振り60族抜き
       HB欠伸ニンフ考えた人天才でしょって思いながら使ってた。重いドヒドに対して唯一勝てるポケモン(TODで)。マジフレは、アーマーガアとか脱出コータス意識で入れた。
           
     (5) ドサイドン(意地っ張り・ハードロック)
    @弱点保険
       わ ざ ロクブラ→がんせきほう、地震、アイへ、鉄壁→剣の舞
       実数値 213(180)-203(196)-153(20)-×-82(52)-68(60) 
           A:余り
           HB:ダイマ時陽気珠ギャラのダイストリーム(滝登り)を確定耐え(77.6~93.4)
             意地珠は低乱数1(6.2%)
             非ダイマ時型破り陽気ドリュウズのダイアース(地震)を確定耐え
             (84.5~99.5)
           HD:ダイマ時D+1で無補正水ロトムのダイストリーム(ドロポン)耐え
             (71.8~84.5)
           S:無振りカバ抜き
       
    最初は、ポケ徹にあるS振りドサイドンを自分好みに調整して使用していた。変に調整した結果相手より早いのか分からない、耐えるかわからない等ごちゃごちゃしてきたので最終日前日に上記の配分にした。結果として対戦中に考えないといけないことが減ったので上手く暴れてくれた。余談だけど、ドサイドンのトレンドはASらしい。実際ぽけっとファンクションさんで調べてたら結構ポケ徹ドサイかASドサイだった。
       
     (6) ネギガナイト(意地っ張り・きもったま)@ながねぎ
       わ ざ インファ、ブレバ、リフブレ、フェイント
       実数値 141(28)-205(252)-115-×-102-114(228)
           H:余り
           A:ぶっぱ
           S:準速バンギ(61族)抜き、S+1で最速106族抜き
       キョダイカビゴン・ラプラスに対する回答(運がよければ)。リフブレが確定急所のため、アシレや水ロトムにも強くでれる。はたきおとすは意外と撃つ場面が無かったのと、襷で耐えた高速ポケモンに対する回答が欲しかったので無効化されないフェイントと交換。
     
    4 その他
      ドロポンドリュの話を聞くまでドリュ→ドサイのダメ計ハードロ込で計算してました。
      ミロカロス入りは記憶してる限り全敗。

    5 追記(R2.7.1)
      シーズン6にニンフィアをCSスカーフアシレーヌに、ドサイドンの弱保をラムに変えて、最終2,371位(94-70)レート1835いきました。

  • 【ポケモン剣盾】マニュシャン構築シーズン1

    2019-12-31 16:36
    1 前書き
     久しぶりの記事です。浪人したりHearthStone楽しすぎたりで第7世代は全くポケモンをしていませんでしたが、ガラルは無事マニュシャンが続投したのでガンガン対戦していきたいです。

    2 PT
    画像

     基本戦術はシャンデラトリル→ドサイドン全抜き

    3 個体解説
      
    以下、名前(性格・特性)@持ち物
         技、実数値H-A(努力値)-B-C-D-S(努力値)表記で書きます。
      なお、パッチラゴンは丸パクりなので省略します。意地食べ残しです。

     (1) マニューラ(いじっぱり・プレッシャー)@こだわりスカーフ
       わ ざ 氷柱落とし、地獄突き、けたぐり、イカサマ
       実数値 157(94)-189(252)-85-×-105-166(164)
           H:余り A:ぶっぱ S:スカーフ最速サザンドラ抜き抜き(実数値249)
            ※スカーフ無しのS実数値は、最速99族(パンプジン小)及び準速114族(
             ココロモリ)と同値
       スカーフドラパルトが出現した時に、だったらスカーフマニューラでもいけるので
      はと考えた。スカーフ以外のドラパルト及びダイジェットを積んだポケモンを上から
       殴れるのは大きな魅力。Sの努力値を減らしHに回しているのでASマニューラと比べ
      て耐久も多少ある。
       また、今回イカサマを採用したが、非ダイマックス限定でA二段階上昇ギャラドスと
      ミミッキュ及びステロ込でガラルヒヒダルマを確1にできる。
       欠点は、スカーフ対面の場合こちらは相手がスカーフかわからないが、相手はスカー
      フが分かることや交代わざを覚えないので、先発運用がしにくいこと、いじっぱりでも
      火力が足りないこと。

     (2) シャンデラ(控えめ・すりぬけ)@気合いのたすき
       わ ざ 大文字、シャドーボール、おきみやげ、トリックルーム
       実数値 166()-×-110-216(252)-110-102(12)
           H:余り C:ぶっぱ S:4振り80族抜き
       役割は、先発で投げてトリルしておきみやげ。場合によってはおきみやげせずに普通
      に殴る(ドラパルト等の有利対面や襷がありそうな場合)。おきみやげはダイマックス技
      の能力上昇を空かせるのがいい。
       直接の強化はマジカルフレイム習得だけだが、間接的な強化として今作からシャンデ
      ラに進化させてもすべてのレベル技を覚えることができるようになったのと、ガラル環
      境で特攻種族値同率1位になったことがある。

     (3) パッチラゴン(省略)

     (4) カットロトム(臆病・浮遊)@こだわり眼鏡→磁石
       わ ざ リーフストーム、10万、ボルチェン、トリック→鬼火
       実数値 145(156)-×-127-138(100)-127-151(252)
           H:余り C:余り S:ぶっぱ
           補完枠。眼鏡をやめたのは、草技と電気技を打ち分けたかったから。
           
     (5) ドサイドン(勇敢・ハードロック)
    @突撃チョッキ→命の珠
       わ ざ ロクブラ、地震、アイテ、岩石砲
       実数値 191(4)-211(252)-150-×-107(252)-54(最遅)
           H:余り A、D:ぶっぱ 
       シャンデラから繋いだトリル3ターンとダイマックスの3ターンを組み合わせて相手
      を倒す不退転ドサイドン。
       最初はチョッキだったが、そもそも攻撃される前に倒すのが主軸なので珠に変更。某
      有名強者がダイマトゲキッスを岩石砲で確1にできると話していたのが採用理由。
       通れば本当に強いが、カバエルフブシン水地面勢辺りはキツい。キツいが、このPT自
      体ドサイドンに依存しすぎなので出さざるを得ない。
       あと、Sについて、自分はレイドバトルで理想個体がでたので最遅だが、無理に最遅
      にする必要は無いです。

     (6) ガマゲロゲ(臆病・貯水)@リンドの実→オボン
       わ ざ 熱湯、大地の力、こごえるかぜ、ステロ→パワーウィップ
       実数値 205(196)-×-95-113(60)-95-138(252)
           調整意図は覚えてないです。
       補完枠。普通に強い。パワーウィップはあまりにも水地面勢が重いのでとりあえず
      入れた。



    4 その他
     ダメージ計算や戦績は後日上げます。