3月真皇杯東北予選PTの再考察とORASマニュシャンまとめ+SMに向けて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

3月真皇杯東北予選PTの再考察とORASマニュシャンまとめ+SMに向けて

2016-11-15 02:33
    この記事の内容は
    1、3月真皇杯東北予選で使用したPTの再考察
    2、ORAS環境でのマニュシャンまとめ
    3、サン・ムーンにおけるマニュシャン
    の3点となっています。

    1、真皇杯PTの再考察
    まず、PGLに載らない最終シーズンにおいて一応自己最高の1760(約70戦で勝率6割)まで来ました。対戦数が少ないのは悪い癖です。XYから数えても100戦を超えたシーズンが5シーズンもないのでSMではもっと対戦をこなしていきたいです。真皇杯の時から変えたのは技構成のみなのでその他の情報は省きます。前の記事で確認してください。

    PT単位として
    元々ヒードランやパルシェンに弱いPTでしたが、やはりこの2匹との勝率はあまりよくないです。特にパルシェンに関しては全敗に近いと思います。またレート終了直前に某オフ優勝者の人とフレ戦をした際に襷ウルガモスに3タテされるという悲劇が起こりました。改めて思うとこのPT襷ウルガモスに対する回答がないです。強いてあげるならシャンデラかガブリアスですが安定しません。またメガリザードンYについても同様の事が言えます。苦手なポケモンに対して何もできない割には勝率はまあまあなので、結論としては苦手なポケモンに対して極度に弱いけどそれ以外なら十分戦えてるPTということなのでしょう。

    マニューラ、サーナイト
    この2匹自体は特にないです。が、マニューラは使い方の面で後述。

    シャンデラ
    シャンデラも特に変わった点はありません。分母は少ないですがトリックルームかとけるが決まった試合は全勝してます。しかしながらやはり冷静S0個体にすべきだったと思っています。理由はシャンデラがS80属と中間の位置にいるので相手がシャンデラより早いポケモンとシャンデラより遅いポケモンを同時選出してくることが多かったからです。コンセプト的にもシャンデラの交代強制力を生かしてトリックルームかとけるを使うため、素早さはあまり関係ないからです。SVで12振りにしたのは同族を意識したものでしたがそもそも同族がいないのでやはり冷静一択です。改めて思いました。

    ナットレイ
    技構成が何回か変わり、最終的にステルスロックが抜けパワーウィップが入りました。これはラグラージなどの電気が通らない水タイプに対しての回答です。そもそもなぜステルスロックを入れていたのかというとマニュシャンはステロ込み確1、確2というのが結構あるためです。しかし、ステルスロックを打てる場面が少なく、ほぼ死に技になっていたので外れました。真皇杯の時とはちがって十分仕事をしてくれました。やはりちゃんと使えれば強いです。

    ガブリアス
    どくづきが大文字に変わりました。しかし打ったのはエアームドに対して1試合のみです。ハッサムやナットレイに打つ場面がと思っていましたがどちらもサンダーが処理していました。今だに4枠目になにがいいか納得のいく回答が出せていません。何かいいのがあればコメントにお願いします。

    サンダー
    サンダーも変わった点はありません。実は鋼タイプをシャンデラよりも倒しています。これはシャンデラがメガハッサムやメガクチートに弱いのとシャンデラが暴れた後に出てきた鋼タイプをうまい具合に処理してくれたからです。またサンダーミラーや対ボルトロスではめざ氷がなくても毒羽で勝利をもぎとってきた試合が何試合かありました。妥協個体でもやはり準伝といったところでしょうか。

    立ち回りについて
    レート終了後にフレ戦を2回行いました。2人ともレート2000達成者で内1人は前述の某オフ優勝者です。その2人が揃って言ってたことはマニューラが重いという事でした。その理由がPT全体でマニューラに上をとられているということでした。ダブルバトルの概念に素早さによる縛り性能というものがありますがシングルではあまり意識したことが有りませんでした。2戦ともマニューラを選出しなかったのですがその理由が確1をとれる相手もいないし逆にマニューラはすぐ倒されてしまうと考えたからです。つまり素早さについては全く考えていなかったということですね。サンムーンではこういう所も直していきたいと思います。


    2、ORASマニュシャンまとめ
    XYの時と比較すると新しいメガ進化と教え技が追加されたORAS環境でしたがマニュシャンにとっては逆風の強いシーズンだったと思います。メガ進化ではメガボーマンダ、メガメタグロスの2匹が重くのしかかり、またマニュシャンの周りはともかく本体の強化も乏しく、むしろ相対的弱体化が多かったです。C145という最大の武器もギルガルドに上を行かれ、更にマニューラより早いポケモンが増えたり、マニューラ最大の強化である叩き落とすもシャンデラが滅茶苦茶被害を受けているので±0です。そんな中なのかマニュシャンの構築記事も私が検索した限りではXYの時より増えてませんでした。ただ何回かレートでは当たったのでサンムーンではもっとマニュシャン使用者を増やせるように私自身努力していきたいと思います。


    3、サンムーンに向けて
    まず最初のシーズンはアローラ図鑑に載るポケモンのみだそうなのでマニュシャン両方アローラに進出していることを祈るばかりです。また新技も何個か覚えてくれると嬉しいです。あとは周りのポケモンですが事前情報の時点で優秀なポケモンが多いです。特にカプ系は全員採用の余地がありますし。自分としてはまず真面目にポケモンに取り組むことから始めようと思います。ポケモンに限らず様々な場面で甘さがでるのでそういう所はちゃんと直していきたいです。サンムーンでの目標はマニュシャンでレート2000かマニュシャン全1です。頑張ります。

    余談ですがこれからポケモン以外の記事もあげれるように頑張りたいです。ハースとかハースとかbf1とか
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。