【記念】hearthstone初レジェ決めました (中編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【記念】hearthstone初レジェ決めました (中編)

2017-10-31 23:38
    3、戦績とマッチアップの感想

    全体戦績:247-200-1 .552 ※引き分けは対戦中にサーバーダウン
    (ランク16~10:29-20 .591  10~5:79-64 .552  5~レジェンド:139-116 .545)
    ※5~レジェンドの時に25差ではなく23差なのは6☆5で勝利した際に連勝ボーナスで5☆1ではなく5☆2スタートだったからだと思います。それかメモミス。

    ヒーロー別戦績(対戦数順)
    プリースト45-35】 デッキタイプ不明1-0
    【ラザカス 30-25】
    勝ち越してはいるが毎試合ギリギリ。このマッチはDKグルダン前提の動きをしないと私は勝てないのでDKグルダンを出す前にAoEは使わせることを意識した。ラザ影刈以外ではライラでリソースを補充されるのとヴェレンの呪文2倍が痛い。とにかくどれだけリソースを吐かせるかとラザ影刈が成立する前にどこまで削り切れるかにかかっている。

    【ビッグ 10-10】
    今すぐ消えてほしいデッキタイプ個人的1位。ただの運ゲ―だと思うんですけどどうですかね。厄介な黒曜石は生命奪取の効果がダメージを与えた分回復なのでネルビアンで無敵を付与すれば回復を無効化できる。理想は黒曜石がデッキから出てこないことだが。

    【ドラゴン 3-0】
    このマッチはよくわからないですね。気を付けることはラザカスやビッグと同じだと思います。

    【アグロ 1-0】
    危ないのは超越者のバフとotk要素。

    ローグ 42-33】 デッキタイプ不明1-0
    【アグロ(テンポ) 38-31 エレメンタル型1-1】
    個人的にこのマッチアップはケレセスよりボーンメアの方が重要。後半になるといかにボーンメアを出せるかの勝負になることが多かった。話題のケレセス影隠れは厄介だがローグはドローに乏しい上に呪文も少ないわけではないのでバフがかかったミニオンが思ったよりこない。その為zooのリソース差でごり押しは可能。しかしながら次のターンで紳士3/3パッチーズとかされた場合や手札事故を起こした場合は降参押そう。

    【ミラクル 1-1】
    ここまでミラクルを見ない環境が続くとは思わなかった。ナイフの雨がある分アグロローグよりめんどくさそう。

    【ミル 1-0】
    このデッキに勝ってレジェンドを決めた。昔からこのマッチはzooが圧倒的有利なので当たったらカモにしたい。しかし有利だからと退散やスレイヤーケアを怠ってはならない。

    ウォーロック31-29-1】 デッキタイプ不明1-0
    【ケレセスzoo 22-22 ディスカードzoo 0-2 ミッドレンジデーモンzoo 0-1
    zooミラーはプレイングよりまずどれだけ手札が回るかの勝負だと個人的に考えている。時間がかかる場合や同程度の手札ならプレイングによる差は出てくるが。兎に角初手で動けないことには話にならない。

    【ハンド 3-3-1】 
    冒涜ほんと辛い。遅めのデッキにしては回復面が弱いからそこを上手く突けるかと最速山の巨人をどうするか。

    【コントロール(ハイランダー含む) 4-1】
    ハンドロックとコントロールの違いがよく分からない。

    【ミル 1-0】
    ミル系はzoo圧倒的有利だけど他のミルより全体除去多めだから厄介ではある。

    ドルイド【29-32】デッキタイプ不明1-0
    【翡翠 23-26
    この26敗内23敗は2マナ以上加速された上での究極+虫害。あとの3敗は始祖ドレイク突破できなかったのが1回、翡翠の生成速度に追いつけなかったのが2回。従来の対翡翠ドルイドの戦法は虫害のせいで使いものにならないので、代わりに場に置くミニオンはできる限り3体にする戦法を心掛けていた。

    【アグロ 4-6
    練気獰猛なヒナに代表されるインチキムーヴはなくなり、また卑劣なるドレッドロードの全体ダメージとウンゴロでのマッチアップとは天と地の差だが、今度はクリプトロードを突破できないという悲劇。最速の動き回るマナは手札や自分のライフの兼ね合いで何体まで破壊するかを吟味したい。

    【ランプ 1-0】
    有利だけど虫害されたら大型出す時間稼がれてなあ。

    メイジ29-17】 回線勝ち1
    【クエスト 11-7】
    フロストノヴァ、ブリザードの2種4枚+α(発見)をどう対処するか。むしろこの2種と終末預言者以外で怖いカードはない。負けた試合は全試合でアイスブロックを剥がす所までは到達しているが結局全体凍結連打が敗因。相手は今何枚の発見したカードを握っているかは常に把握したい。

    【秘策 10-8】
    有利マッチだが初手マナワームを処理出来ないのと鏡ケア怠った場合は相手有利に傾く。地味に呪文相殺を剥せなくてメディヴの従者の3点ダメージをもらいやすいのが痛い。対メイジの中で唯一トレードにリソースを割かないといけないデッキ。

    【コントロール 4-1】
    印象としてメイジのデッキタイプを全部足して2で割った感じがある。エレメンタルメイジと同じような戦い方でいいのでは。

    【エレメンタル 1-1】
    有利マッチだがDKジェイナ後は3ターン以内に決めないと凍結+生命奪取が噛み合っているためジリ貧になる。ヒロパの効果も小型が多いzooにとって脅威。凍結もダメージを与えたらの条件なのでネルビアンが輝く。

    【バーン 1-0】
    本来フェイスに飛ばしたい呪文をミニオンに打たせ続けてリソース差で倒す。

    シャーマン【13-13 .500】 デッキタイプ不明1-0
    【進化 7-10
    進化で弱いやつが出てくることを祈るか進化される前に倒すか。退化はDKグルダン的に辛いがミットレンジシャーマン全盛期の様に除去マシマシというわけではないのでその面では楽。

    【トークン 6-3】
    正直進化シャーマンとの違いわからないから取りあえず進化されなかった試合は全部トークンにしてる。炎の舌によるバフと血の渇きは常に意識したい流れ。

    ハンター17-4】
    【ミッドレンジ 16-4】
    卑劣なるドレッドロードでかなり楽になり、ネルビアンの説凶師でより盤石になったマッチアップ。DKハンター後のヒロパで2点をフェイスに飛ばされなくなるのとバ獣に即効性がない点も追い風。

    【クエストケレセス? 1-0】
    ?なのはほぼ1マナミニオンしか使われず、かつ番兵までいれてたので多分クエストとケレセスを採用していたんじゃないかなと。

    パラディン【3-13
    【マーロック 1-7
    どうやって勝てばいいんだこの魚。ロックプールハンター強すぎィ!

    【コントロール 1-3
    DKグルダンになっても平等で飛ばされるわティリオン複数来るわラグナロスで回復するわタリムトレードあるわ。

    【アグロ 1-2
    他のパラディンよりはまだましだけど辛いことには変わらない。

    【ハンドバフ 0-1
    この1敗初手運び屋で手札3枚バフ→2ターン目ケレセスだったから無理。

    ウォリアー9-4】
    【海賊 3-2(回線勝ち1)】
    最近のzooはあまり海賊を意識してないような気がするがタールクリーパーとサロナイトが優秀なので問題はない。海賊が増えたらブラットセイルで武器の耐久を減らそう。

    【クエスト 1-2 クトゥーン型クエスト 1-0】
    コントロールより装甲を貼られないのでライフを減らしやすい。展開力がこちら持ち味なのでランダム8点への的はあるがランダムだしフェイスに当たるときは当たる。因みにクエストはあくまで手札から7体なのでサロナイトやヴェクロアの様なカードでも1つしかカウントは進まない。

    【コントロール 1-0】
    長い間不利マッチだったと思うがzooが爆発力を手に入れたので今はそうでもないかも。このデッキ自体が長い不遇期間を過ごしている。

    【激怒+海賊? 1-0】
    最初海賊かなって思ったら後半ブラットフーフとか現場監督とか内なる怒りのような激怒ギミック出てきたから多分混合。あくまで海賊はおまけで本命は激怒かもしれない。

    ヒーロー別収支
    +13 ハンター
    +12 メイジ
    +10 プリースト
    +7 ローグ
    +5 ウォリアー
    +2 ウォーロック
    ±0 シャーマン
    ー3 ドルイド
    ー10 パラディン

    (後編へ続く)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。