• 中学英語読解問題

    2018-10-30 00:06

    【問】次の文章を読み、以下の設問に答えなさい。

     金曜日の5・6限目は家庭科なんだけど、私、水沢加奈子は料理よりスポーツが好き。今日も友達の秋山なつきとバドミントンの練習をする。市立体育館は料金がかかるので、学校の体育館で練習。なつきは4人家族で、両親と旅好きな姉が一人いる。学校への道すがら、昨日の調理実習で作ったクッキーを一緒に食べながら聞いてみた。彼女によれば、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドと色んな国を訪れ、アメリカにもいつか行ってみたいそうだ。そんなに海外旅行へ行くのなら英語はさぞ堪能なのだろう。外国人とコミュニケーションを取るコツは、曰く、「弟という通訳を連れていくこと」、だそうだ。


    【設問】以下の選択肢から最も適切なものを2つ選びなさい。

    Natsuki's sister asked Natsuki to talk with foreigners in English, when she went to America.

    Natsuki's sister has traveled abroad a lot, so she can speak English well.

    Yesterday, Kanako and Natsuki made cookies at school and ate them all there then.

    Natsuki told Kanako about her wish to go to England, Australia, Germany and China.

    Natsuki has a friend named Kanako whose sisiter likes cooking better than sports.

    Instead of using the city gym, Kanako and Natsuki decided to go to their school because it is not free.

    On Saturday, Kanako practices a sport with a boy.

    The girl who practices badminton with Kanako is Natsuki.



  • 広告
  • 日課、習慣

    2018-10-13 06:10

    最近気合が入ってないので、自分に喝をいれるためや、ゆくゆくの外国語練習用の雑記帳として思考したことを書き残してみようと思った。

    日課、習慣

    【問題点の発見:ゲームに対する姿勢の変化】
    ・最近:楽しさを求めるように変化させた。原因は、仕事や生活に疲れを感じてきたから。
     上達を目的にしていない。楽しくなかったらやりたくない。⇒結果下手になっていった。or下手になっても気にならない。(楽しければよいので)
    ・数年前:日課、習慣として、ある意味惰性でやっていた。
     自分の状態がどうであれ(例:疲労、空腹、眠気etc)習慣としてゲームを起動。純粋に上達のために時間を使えた。⇒結果上達していった。

    【下手になる精神上のプロセス】
    自分の性質(たち)=良い所も見るが、悪い所も注目する。悪い所が目立つとやる気に関わる。
    ゲーム=楽しむ対象⇒楽しくなくなるとやる気がなくなる。
    ゲーム=日課⇒多少の悪い所は問題ではない。

    ゲームに対する捉え方・価値観「習慣」「楽しみ」の間には上下関係はない。
    が、敢えて自分の価値体系の中で優劣をつけるなら「習慣」>「楽しみ」∵ゲームは上手い方が価値がある。(≒ゲームの楽しみ方が上手い人になりたいとは思わない)

    毎日ジョギングしている人は、何を考えているのか?激しい楽しさは求めてないように思う。習慣として、ある意味惰性で続けている。惰性なので毎回深く思索を巡らせてる訳ではない。が、小さな試行錯誤はある。(今日は体重のかけ方を変えてみよう。あそこに花が咲いていたな。)精神の稼働率は1%だとしても、長い時間を掛け積み重ねられたものには安定感がある。ジョギングに何を求めるか?

    【対応策】
    ゲームに対する姿勢を戻す。

    【書いてみて】
    多少は気合が入ったかも。


  • Are we living in a fair society? (Agree)

    2017-05-05 20:52

    Are we living in a fair society?


    Capital gap between the rich and poor.

    Equal chances of education.

    Guaranteed social security.


    Japan is said to be a safe and peaceful country by many foreigners, and when I take such opinion, I definitely agree that we are living in a fair county from the following three aspects.


    First, Japan has proven to be a country where economical gap between the rich and the poor is the smallest of all OECD nations. Great economical gap among people results in that what kind of family you are born to will influentially determine your future. For example, in Britain there still remain some descendants of ancient aristocrats who have no need to work to earn money, whose living standard is quiet different from that of other average people.


    Second, Japan has a fair education system. It offers equal educational chance to whoever lives in Japan regardless of their social class, race, religion and so on. In the world, there are some countries where not all children can get proper education. One example is China, where only children living in urban districts are allowed to go to school and those in rural are not.


    Lastly, anyone living in Japan can get attentive social security when they need it. Even when you become seriously ill and unable to work, you can keep living healthy thanks to the governmental aid. In a truly fair nation, not only those who are completely healthy, strong, or competent but also those who are rather unhealthy, weak, or incompetent would lead their lives without trouble. Japanese well-designed social security makes it possible.


    Everyone is born with different background, and sometimes such background, which we cannot control by ourselves, might be obstacle in way of our future. However, Japanese social system is, at least, aimed to be designed for minimizing it.