【語学雑記】インプット、考え、表現する(話す、書く)③
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【語学雑記】インプット、考え、表現する(話す、書く)③

2016-09-23 19:37
    備忘録として自分の生放送説明文から転載&ちょっと所感を追記。

    パス単・SVL12000覚える。
    「レベルを上げてから慣れるのではない、慣れてからレベルを上げるのだ」
    TEDを教材にリスニング力ライティング力スピーキング力を全部まるっと解決したい。
    (※↑一つの勉強法で全てまるっと解決よりは、S,W,L,R、発音、ボキャビル、話の論理構成力それぞれに特化した練習法を採用した方がいいと思った。)

    【英文書写勉強法】
    (※↑書き写すだけではつまらない、きつい、頭に入らない。やはり何らかの形で覚えた表現を実際に使わなければならず、覚えるのであれば書写する時間が無駄。)

    英語する目的:
    ⓪留学とか海外生活とかのチートを使わず一定の語学力を手に入れたい①箔をつけるため②趣味③他の外国語を学ぶための下地

    [1級英検面接の対策について]
    戦略:
    ①与えられたトピックのPhylosophical Argumentを見抜く。
    ②その概要を語る。
    ③今回のトピックに対してどう具体的に当てはまるか語る。
    [1級英検面接の対策]
    ①トピックに関してリサーチする。
    過去の面接のお題(http://geteiken1.blog.fc2.com/blog-entry-338.html)を見て背景のPhylosophicalなArgumentを考えていく。
    ②文章にする。話す。

    NHKの名番組「ロンリのちから」曰く、「議論の本質とは相手に勝つことではない、互いの違いを知り互いを理解することである。」


    [良い説明3原則]
    Simple, Quick, Precise, If Possible, Humorous!
    簡潔に、素早く、正確に、できれば面白く!


    [トピックの広げ方]
    ①Phylosophy-based
    ②水平に、上下に


    [サイヤ人理論]
    英語喋ると脳が疲れるが、疲れた状態で負荷を掛けることで成長を促せる。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。