【旅行記】大分に行く!の巻(その2) 
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【旅行記】大分に行く!の巻(その2) 

2013-07-02 17:43
  • 5
もっと近くにあるだろwww
○○ーでいいだろw
    ↑
おまえ どんだけ上目線のコメントしてんだよ。このやろう!


はいど~も~
最近、こういうガキに無性に腹が立つ り~ です。
ずらじゃねーよ!


ってことで、大分の旅の2日目のご紹介です(間違いを指摘されて訂正です)1日目がまだまだ続きます。

いいちこ工場で思い切り試飲してしまったおいらは、運転をりんご先生に譲り、「耶馬溪」というところに行きました。
ここは、昨年の豪雨で大きな被害がでた地域の1つなのです。
ちょうど大分に行く前に、耶馬溪の耶馬溪橋(地元ではオランダ橋)が約1年ぶりに復旧開通をしたというニュースをみましたので、早速その場所を訪ねてみました。

どうです? きれいな橋でしょ?
この形態の石の橋としては、日本一の長さを誇る橋だそうです。
橋の近くには、10台ほど止められる無料の駐車場があり観光客にもやさしいですよ。


日本一の橋でさえ、修復し開通するまでにこれだけの時間がかかりました。
この川の上流にも、いくつかの橋がありますが、まだまだ昨年の豪雨によって壊れた橋がいくつもそのまま残されたままありました。


地元の方々は、まだまだ非常に不便な生活を余儀なくされているようです。
一日も早く復旧がかないますことを、そして今年は去年のような災害がおきないことを切に祈ります。

げろ げ~ろ~ !!

<羅漢寺で はぁはぁ・・・ _| ̄|○> ほろ酔い気分もぶっ飛ぶ!!

五百羅漢をご存知でしょうか?
羅漢とは「悟りをひらいた高僧」のことをいい、釈迦の滅後、その教えを広めていこうと集まった阿羅漢(あらかん)達のことをいうそうです。
ここは日本三大羅漢の1つだそうです。
ちなみに、他には「川越の喜多院」(すでに拝観済)・「鎌倉の建長寺」だそうです。

能書きはここまで
画像を見ていただきましょう(^O^)v

羅漢寺への入口はこんな感じです。
うっそうとして歴史をすごく感じますよね?


しかしぃぃぃぃぃぃ

そんなのんきなことを言っていられたのはここまでであった・・・・


羅漢寺は、こんなガケのところにあり、そこまでは濡れた急な石畳の坂や階段を登らなければならないのであった。
ぎゃぁぁぁぁぁーーーーー
 

羅漢寺に着いた頃には、もう全身汗びっしょり。
息は切れるし。
もう体力の限界を感じいりましたでございます。

 お陰様で、いいちこの魔力もここまで・・・


写真が少ないのは、かなりへろへろになって、意識がもうろうとして。。。。

まさに、命がけの五百羅漢の拝観でござった。









…とまぁ、日本三大羅漢の2つを制覇いたしました。
残るはあと一つでございます。もちろん、残り一つも拝観を目指します!


<補足>
羅漢寺には、リフトがあるんですね。
なので、このリフトを使って登るっていう方法もあるわけですよ。
最初は、速攻でリフト乗り場に向かいましたよ。もちろん。。。
ところがね、リフト乗り場の近くで、清掃作業していた60~70代のおばさんたちがいうんですよ。
「羅漢寺までしかいかないのなら、リフトなんか乗ってもね。。。」
私、ちょっと意地になりましたわ。
しかし・・・・ これが間違いの第一歩でした。
すぐに地獄絵図はやってきました。はぁ。。。

ちなみに、リフトの代金ですが・・・こんな風に書いてありました。
 羅漢寺まで(約3分) 750円 (片道)
 頂上まで (約6分) 900円 (片道)
あなたなら、乗りますか?
それとも、歩きますか?

 




広告
×
アンケートの答え  「登る」「上がる」などの危険性が予想される場合、元からそこには近づきません(`・ω・´)
80ヶ月前
×
まぁ~なんて素晴らしい石段なんでしょぉ~
清々しい汗がかけそうで
あるきたぁ~い・・・・・[壁])≡サッ!!
80ヶ月前
×
さっそくの時事ネタを仕込むあたりがリアルタイム感をビンビン
感じます

長崎の眼鏡橋のロングバージョンみたいな立派な橋ですな
ちゃんとももさだがえるもいるし
あれ、ももさだがえるって長崎だっけ?

すごい階段ですねぇ
やはりこれって 登ってます?

80ヶ月前
×
重大な誤りがありました。
てっきり2日目と思っていた「その2」ですが、なんとまだ初日の出来事でございましたぁ。
訂正しておわびいたしやす ( ̄。 ̄;)

きむきむ
 人生と同じです。山あり谷あり。
 巨乳好きでしょ?

まちゃさん
 自分の足で登ってこそ感動と御利益があるのですよ。(ΦωΦ)フフフ
 車で五合目にいって帰っちゃうのではなく、そっから登りましょう。頂上へ。
 いってくれれば、いつでもご一緒にいきますよ(^O^)v

弥太郎さん
 長崎の眼鏡橋ににてますよね。
 とても見た目のすばらしいきれいな橋でした。
 今回は登ることが多く、かなし楽しめましたよ。
80ヶ月前
×
もちろん リフトでしょ?
80ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。