ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 練習したことのある曲の大雑把なリスト

    2016-10-28 22:25

    このブロマガを開設した最大の目的の、リストを投下。
    すべてを弾きこなせる訳ではありません。(←これ重要)

    練習したことのある曲の大雑把なリスト(弾けるとは言っていない)

    ※ 曲名の色違いはレギュラーチューニング以外の曲です(自己判断含む)。
    「橙:半音下げ」「緑:ドロップD」「赤:全音下げ」「紺:半音未満のピッチずれ」
    「紫:その他変則チューニング」


    洋楽(HR/HM系中心)

    • - A -
      • AC/DC「T.N.T.」「High Voltage」「Let There Be Rock」
        「Whole Lotta Rosie」「Highway To Hell」「Girls Got Rhythm」
        「Back In Black」「Shoot To Thrill」「You Shock Me All Night Long」
        「Thunderstruck」
      • Aerosmith:「Dream On」「Mama Kin」「Walk This Way」「Sweet Emotion」
        「Last Child」「Rats In The Cellar」「Sick As A Dog」
        「Get The Lead Out」「Nobody's Fault」「Home Tonight」
        「Draw The Line」「Kings And Queens」「Sight For Sore Eyes」
        「Remember (Walking In The Sand)」「Jailbait」
        「Let The Music Do The Talking」「Magic Touch」「Rag Doll」
        「Dude (Looks Like A Lady)」「Girls Keeps Coming Apart」「Angel」
        「Young Lust」「Love In An Elevator」「The Other Side」「What It Takes」
        「Eat The Rich」「Get A Grip」「Shut Up And Dance」
        「Livin' On The Edge」「Cryin'」「Falling In Love (Is Hard On The Knees)」
        「Something's Gotta Give」「Full Circle」「Kiss Your Past Good-bye」
        「What Kind Love Are You On」
      • Alice Cooper:「School's Out」「I'm Eighteen」
      • Avril Lavigne:「Anything But Ordinary」
    • - B -
      • Backyard Babies「Made Me A Madman」「U.F.O. Romeo」
        「I Love To Roll」「Payback」「Brand New Hate」「Star War」
      • The Beach Boys:「I Get Around」
      • The Beatles:「Love Me Do」「I Want To Hold Your Hand」「She Loves You」
        「A Hard Day's Night」「Help!」「Yesterday」「Birthday」「Blackbird」
        「Helter Skelter」「Day Tripper」「Paperback Writer」「Come Together」
        「I'm Down」「In My Life」「We Can Work It Out」「Yellow Submarine」
        「Magical Mystery Tour」「Back In The U.S.S.R.」「Ob-La-Di, Ob-La Da」
        「Don't Let Me Down」「Across The Universe」「Old Brown Shoe」
        「Let It Be」「Get Back」
      • Black Sabbath:「The Wizard」「N.I.B.」
        「War Pigs/Luke's Wall」「Paranoid」「Iron Man」「Fairies Wear Boots」
        「Neon Knights」
      • Billy Joel:「The Stranger」
      • Blind Melon:「Dear Ol'Dad」「No Rain」
      • Bon Jovi:「Runaway」「Roulette」「She Don't Know Me」
        「Shot Through The Heart」「Love Lies」「Breakout」「Burning For Love」
        「Come Back」「Get Ready」「In & Out Of Love」「The Price Of Love」
        「Only Lonely」「King Of The Mountain」「Silent Night」「Tokyo Road」
        「Always Run To You」「Secret Dreams」「You Give Love A Bad Name」
        「Livin' On A Prayer」「Wanted Dead Or Alive」「Raise Your Hands」
        「Wild In The Streets」 「Lay Your Hands On Me」「Bad Medicine」
        「Born To Be My Baby」「Blood On Blood」「Stick To Your Guns」
        「I'll Be There For You」「Keep The Faith」「I'll Sleep When I'm Dead」
        「In These Arms」「Bed Of Roses」「Fear」「If I Was Your Mother」
        「Someday I'll Be Saturday Night」「Something For The Pain」
        「It's My Life」「One Wild Night」「Have A Nice Day」
      • Boston:「More Than A Feeling」「Don't Look Back」
    • - C -
      • Cheap Trick:「The Flame」
      • Chicago:「Hard To Say I'm Sorry」
      • Cinderella:「Gypsy Road」「Electric Love」「Love Gone Bad」
      • Coverdale-Page:「Shake My Tree」「Take Me For A Little While」
        「Feeling Hot」
      • Crazy Lixx「Hell Raising Women」
      • Cream:「Sunshine Of Your Love」「White Room」
    • - D -
      • The Darkness:「Black Shuck」「I Believe In A Thing Called Love」
        「Get Your Hands Off My Woman」
      • David Bowie:「The Jean Genie」「Ziggy Stardust」
      • Deep Purple:「Speed King」「Bloodsucker」「Into The Fire」
        「Black Night」「Fireball」「Strange Kind Of Woman」「Highway Star」
        「Picture Of Home」「Smoke On The Water」「Space Truckin'」
        「Woman From Tokyo」「Smooth Dancer」「Burn」
        「Lay Down, Stay Down」「You Fool No One」「What's Goin' On Here」
        「Mistreated」「Stormbringer」「Lady Double Dealer」
      • Def Leppard:「Rock Brigade」「Rocks Off」
        「Bringin' On The Heartbreak」「You Got Me Runnin'」「Lady Strange」
        「Mirror, Mirror (Look Into My Eyes)」「No No No」「Me & My Wine (Remix)」
        「Rock Rock (Till You Drop)」「Photograph」「Foolin」
        「Too Late For Love」「Die Hard The Hunter」「Rock Of Ages」
        「Women」「Rocket」「Animal」「Love Bites」
        「Pour Some Sugar On Me」「Armageddon It」「Gods Of War」「Hysteria」
        「Don't Shoot Shotgun」「Run Riot」「Excitable」「Love And Affection」
        「Let's Get Rocked」「Heaven Is」「Make Love Like A Man」「Tonight」
        「Stand Up (Kick Love Into Motion)」「Have You Ever Needed Someone So Bad」
        「I Wanna Touch U」「Tear It Down」「Miss You In A Heartbeat」
        「She's Too Tough」「Action」「When Love & Hate Collide」
        「Deliver Me」「Demolition Man」「21st Century Sha La La La Girl」
        「Let's Go」「Dangerous」「Man Enough」「Invincible」
        「Sea Of Love」「All Time High」「Broke'n Brokenhearted」「Forever Young」
        「Wings Of An Angel」
      • Dio:「Holy Diver」「Evil Eyes」「We Rock」
      • Dokken「It's Not Love」
      • The Doobie Brothers:「Long Train Runnin'」
    • - E -
      • Edguy「Rocket Ride」「Save Me」「Superheros」「Trinidad」
      • Elvis Presley:「Jailhouse Rock」
      • Europe:「The Final Countdown」「Rock The Night」
        「Carrie」「Danger On The Track」「Cherokee」
      • Evanescence:「Going Under」「Bring Me To Life」
      • Extreme「More Than Words」
    • - F -
      • Fair Warning:「Rain Song」「Get A Little Closer」
      • Foo Fighters「Monkey Wrench」「Learn To Fly」「The Pretender」
        「Bridge Burning」「White Limo」
    • - G -
      • Gary Moore:「Parisienne Walkways」
      • G-Force:「You」
      • Girl:「Hollywood Tease」
      • Green Day「Bascket Case」「Minority」「American Idiot」
        「Holiday」「Wake Me Up When September Ends」
      • Guns 'N' Roses「Welcome To The Jungle」「It's So Easy」
        「Nightrain」「Out Ta Get Me」「My Michelle」「Mr. Brownstone」
        「Paradise City」「Sweet Child O' Mine」「You're Crazy」「Anything Goes」
        「Rocket Queen」「Reckless Life」「Nice Boy」
        「Right Next Door To Hell」「Don't Cry」「Perfect Crime」「Norvember Rain」
        「You Could Be Mine」
    • - H -
      • Hanoi Rocks:「Malibu Beach Nightmare」「Tragedy」
      • Harold Faltermayer & Steve Stevens:「Top Gun Anthem」
      • Heart:「Barracuda」「Alone」「Never」
        「All I Wanna Do Is Make You Love To You」
      • Helloween:「I Want Out」
      • Huey Lewis & The News:「The Power Of Love」
    • - I -
      • Iron Maiden:「Iron Maiden」「Killers」「Phantom Of The Opera」
        「The Number Of The Beast」「The Trooper」「Aces High」「Powerslave」
        「2 Minutes To Midnight」「Wasted Years」「The Evil That Men Do」
        「Run To The Hills」「Fear Of The Dark」
    • - J -
      • Janis Joplin:「Move Over」
      • Jeff Beck:「Led Boots」
      • Jet:「Are You Gonna Be My Girl」
      • Jimi Hendrix:「Fire」「Purple Haze」
      • Joe Satriani:「Always With Me, Always With You」
      • Journey:「Don't Stop Believin'」「Open Arms」
        「Separate Ways (The World Apart)」
      • Judas Priest:「The Hellion - Electric Eye」「Freewheel Burning」
        「Exciter」「Breaking The Low」「Hell Bent For Leather」
    • - K -
      • Kenny Roggins:「Footloose」「Danger Zone」
      • Kiss「Strutter」「Deuce」「Black Diamond」「She」「Rock Bottom」
        「Rock And Roll All Nite」「Shout It Out Loud」「Detroit Rock City」
        「God Of Thunder」「Love Gun」「I Was Made For Lovin' You」
        「Samurai Son」
      • The Knack:「My Sharona」
    • - L -
      • L.A. Guns:「Electric Gypsy」「One More Reason」
      • Led Zeppelin:「Good Times Bad Times」「Dazed And Confused」
        「Moby Dick」「Communication Breakdown」「Whole Lotta Love」
        「What Is And What Should Never Be」「The Lemon Song」「Thank You」
        「Heartbreaker」「Living Loving Maid (She's Just A Woman)」「Ramble On」
        「Bring It On Home」「Immigrant Song」「Celebration Day」
        「Since I've Been Loving You」「Out On The Tiles」「Black Dog」
        「Rock And Roll」「Stairway To Heaven」「Misty Mountain Hop」
        「The Crunge」「No Quarter」「The Ocean」「Custard Pie」
        「Trampled Under Foot」「The Wanton Song」「Achilles Last Stand」
        「Nobody's Fault But Mine」
      • Lenny Kravitz:「Are You Gonna Go My Way」
        「Rock And Roll Is Dead」「Always On The Run」
      • Limp Bizkit:「Rollin' (Air Raid Vehicle)」
    • - M -
      • Marilyn Manson「Sweet Dreams」「Rock Is Dead」
        「Coma White」
      • Megadeth:「Mechanics」「Symphony Of Destruction」
        「Trust」「She-Wolf」「Dread And The Fugitive Mind」
      • Metallica:「Whiplash」「The Four Horsemen」
        「Jump In The Fire」「Seek & Destroy」「Metal Militia」
        「Fight Fire With Fire」「For Whom The Bell Tolls」「Trapped Under Ice」
        「Creeping Death」「Battery」「Master Of Puppets」「Of Wolf And Man」
        「Through The Never」「Enter Sandman」
        「Fuel」「The Memory Remains」「Devil's Dance」「That Was Just Your Life」
      • Michael Jackson「Beat It」「Black Or White」
      • Michael Schenker Group:「Armed And Ready」「Into The Arena」
        「Attack Of The Mad Axeman」「Looking For Love」「Secondary Motion」
        「Are You Ready To Rock」「Dancer」「Desert Song」「Red Sky」
        「Rock My Nights Away」「Captain Nemo」
      • Motorhead「Jailbait」「Ace Of Spades」
        「The Hammer」「The Game」
      • Motley Crue「Red Hot」「Knock 'Em Dead, Kids」
        「Too Young To Fall In Love」「Danger」「Looks That Kill」
        「Girls, Girls, Girls」「Kickstart My Heart」「Live Wire」「Too Fast For Love」
        「Smokin' In The Boys Room」「Home Sweet Home」「Wild Side」
        「Dr. Feelgood」「Same Ol' Situation」「Time For Change」
        「Primal Scream」「Shout At The Devil '97」「Saints Of Los Angels」
      • Mr. Big:「Daddy, Brother, Lover, Little Boy」「Green-Tinted Sixties Mind」
        「To Be With You」「Take Cover」「Wild World」
    • - N -
      • Natalie Imbruglia:「Torn」
      • Nelson「After The Rain」「(It's Just) Desire」
      • Nickelback「Too Bad」「Just For」
        「Fight For All The Wrong Reasons」「Animals」「Photograph」
      • Nirvana:「Smells Like Teen Spirit」「In Bloom」「Breed」
        「Territorial Pissings」「Lithium」「Rape Me」「All Apologies」
    • - O -
      • The Offspring:「Bad Habit」「Pretty Fly (For A White Guy)」
        「All I Want」「Come Out And Play (Keep 'Em Separated)」
      • Ozzy Osbourne:「Crazy Train」「Mr. Crowley」「Miracle Man」
    • - P -
      • Poison「Unskinny Bop」
      • the Police「Every Breath You Take」
    • - Q -
      • Queen:「Keep Yourself Alive」「Liar」
        「Modern Times Rock 'n' Roll」「Jesus」
        「Ogre Battle」「Seven Seas Of Rhye」「Brighton Rock」「Killer Queen」
        「Now I'm Here」「Stone Cold Crazy」「Death On Two Legs」
        「Lazing On A Sunday Afternoon」「'39」「Love Of My Life」
        「Bohemian Rhapsody」「Tie Your Mother Down」
        「Somebody To Love」「Good Old-Fashioned Lover Boy」
        「We Will Rock You」「We Are The Champions」「Sheer Heart Attack」
        「Fight From The Inside」「Mustapha」「Fat Bottomed Girls」
        「Bicycle Race」「If You Can't Beat Them」「Let Me Entertain You」
        「Sleeping On The Sidewalk」「Dead On Time」「Fun it」「Don't Stop Me Now」
        「We Will Rock You (fast)」「Play The Game」
        「Dragon Attack」「Another One Bites The Dust」「Need Your Loving Tonight」
        「Crazy Little Thing Called Love」「Save Me」「Flash」
        「Back Chat」「Put Out The Fire」「Under Pressure」
        「Radio Ga Ga」「Tear It Up」「It's A Hard Life」「I Want To Break Free」
        「Hammer To Fall」「Is This The World We Created...?」
        「Thank God It's Christmas」「I Go Crazy」「One Vision」
        「Friends Will Be Friends」「Who Wants To Live Forever」
        「Princes Of The Universe」「I Want It All」「The Invisible Man」
        「Breakthru」「Rain Must Fall」「Was It All Worth It」
        「Innuendo」「I'm Going Slightly Mad」「The Hitman」
        「These Are The Days Of Our Lives」「The Show Must Go On」
        「I Was Born To Love You」「Too Much Love Will Kill You」「A Winter's Tale」
        「Let Me In Your Heart Again」「There Must Be More To Life Then」
    • - R -
      • Radiohead:「Creep」「High And Dry」
      • Rainbow:「Man On The Silver Mountain」「Still I'm Sad」「Starstruck」
        「Long Live Rock And Roll」「Kill The King」「All Night Long」
        「Eyes Of The World」「Since You've Been Gone」「Lost In Hollywood」
        「I Surrender」「Spotlight Kid」「Death Alley Driver」「Street Of Dreams」
      • Ratt「You're In Love」「Lay It Down」
      • Red Hot Chili Peppers:「Stone Cold Bush」「The Power Of Equality」
        「Suck My Kiss」「Give It Away」「Blood Sugar Sex Magik」
        「Around The World」「Parallel Universe」「Otherside」
        「Get On Top」「By The Way」「Can't Stop」
        「Dani California」「Snow (Hey Oh)」
      • Rickey Martin:「Livin' Ve Da Loca」
      • The Rolling Stones「(I Can't Get No) Satisfaction」「Paint It Black」
        「Jumpin' Jack Flash」「Brown Sugar」「Start Me Up」
        「Rock And A Hard Place」
    • - S -
      • Scorpions「Virgin Killer」「Pictured Life」
        「Rock You Like A Hurricane」「You Give Me All I Need」「Big City Nights」
      • Skid Row:「Big Guns」「Sweet Little Sister」「18 And Life」「Peace Of Me」
        「Rattlesnake Shake」「Youth Gone Wild」「Here I Am」「I Remember You」
        「Midnight / Tornade」「Monkey Business」「Slave To The Grind」
        「Psycho Love」「Get The Fuck Out」「Livin' On A Chain Gang」
        「Creepshow」「In A Darkened Room」「Riot Act」「Mudkicker」
        「Begger's Day」「My Enemy」「Eileen」「Remains To Be Seen」
        「Into Another」「Face Against My Soul」「Medicine Jar」「Iron Will」
      • Steppenwolf:「Born To Be Wild」
      • Survivor:「Eye Of The Tiger」
    • - T -
      • Ted Nugent:「Cat Scratch Fever」
      • Thin Lizzy「The Boys Are Back In Town」
        「Waiting For An Alibi」「Get Out Of Here」
      • TNT「10,000 Lovers (In One)」「Northern Lights」
        「Intuition」「Forever Shine On」
      • ToTo:「Child's Anthem」
      • T.Rex:「Get It On」「20th Century Boy」
    • - U -
      • UFO:「Doctor Doctor」「Rock Bottom」
        「Lights Out」「Only You Can Rock Me」
    • - V -
      • Vandenberg:「Friday Night」
      • Van Halen「You Really Got Me」「Ain't Talkin' 'bout Love」
        「Jump」「Panama」
        「Hot For Teacher」「Get Up」「Humans Being」
      • Velvet Revolver:「Set Me Free」「Let It Roll」「She Builds Quick Machines」
    • - W -
      • Whitesnake:「Love Hunter」「Walking In The Shadow Of The Blues」
        「Fool For Your Loving」「Sweet Talker」「Ready An' Willing」
        「Hot Stuff」「Don't Break My Heart Again」
        「Lonely Days, Lonely Nights」「Saints And Sinners」
        「Crying In The Rain」「Here I Go Again」
        「Slide It In」「Slow And Easy」「Love Ain't No Stranger」
        「All Or Nothing」「Gambler」「Guilty Of Love」「Standing In The Shadow」
        「Bad Boys」「Still Of The Night」「Is This Love」
        「The Deepper The Love」「Judgement Day」「Crying」
        「Love Will Set You Free」
      • Wild Cherry:「Play That Funky Music」
    • - Y -
      • Yardbirds:「Train Kept A Rollin' / Stroll On」
      • Yngwie Malmsteen's Rising Force「Rising Force」

    その他(洋楽以外とか)

      • Akino from Bless4:「海色」
      • THE ALFEE:「星空のディスタンス」「メリーアン」
      • Anna Tsuchiya inspi' NANA[Black Stones]:「rose」
      • ASIAN KUNG-FU GENERATION:「リライト」
      • Boowy:「No, New York」
        「Bad Feeling」「Cloudy Heart」「Dreamin'」
        「Beat Sweet」「季節が君だけを変える」「B・Blue」「Only You」
        「Working Man」「Marionette」「Plastic Bomb」
      • char:「Smoky」
      • Cosa Nostra「Love The One You're With」
      • Do As Infinity:「深い森」「冒険者たち」「本日ハ晴天ナリ」
      • DOES:「曇天」「修羅」「バクチ・ダンサー」
      • Flip Side:「Only My Railgun」
      • Glay:「彼女の"Modern..."」「However」
      • Hide「Dice」
      • hide with Spread Beaver「Rocket Dive」「ピンクスパイダー」
      • ICE:「People Ride On」「Tonight Is The Night」
      • Lindberg:「今すぐKiss Me」「Believe In Love」「Little Wing」
        「10セントの小宇宙(ゆめ)」
      • Luna Sea:「Rosier」
      • Make-Up:「ペガサス幻想」
      • M.I.Z.:「New Day」
      • Moon Child:「Escape」
      • One OK Rock:「完全感覚Dreamer」「Re:make」
      • Penicillin:「ロマンス」
      • Porno Graffitti:「アポロ」「ヒトリノ夜」
      • Princess Princess:「Diamonds」「Oh! Yeah」「ジャングルプリンセス」
        「Go Away Boy」「世界でいちばん熱い夏(平成レコーディング)」
      • Rebecca:「フレンズ」
      • the Seatbelts:「The Real Folk Blues」
      • Sex Machineguns:「桜島」
      • Siam Shade「1/3の純情な感情」
      • Show-Ya:「限界Lovers」「私は嵐」
      • Thee Michelle Gun Elephant:「スモーキン・ビリー」「リリィ」
        「リボルバー・ジャンキーズ」
      • TM Network:「Get Wild」
      • Tom☆Cat:「Tough Boy」
      • TRIGUN:「H.T」
      • Vow Wow:「Don't Leave Me Now」
      • X Japan「紅」「Rusty Nail」
      • the Yellow Monkey:「太陽が燃えている」「Spark」
        「Tactics」「サイキックNo.9」
      • Ziggy:「I'm Getting Blue」「Gloria」
      • 相川七瀬:「恋する少女じゃいられない」「Break Out!」
      • クリスタルキング:「愛を取り戻せ!!」
      • 斉藤和義「やさしくなりたい」
      • 桜高軽音部:「Cagayake!GIRLS」「Don't Say "Lazy"」
      • ザ・ベイビースターズ:「ヒカリへ」
      • 聖飢魔II:「蝋人形の館」「Fire After Fire」「Heavy Metal Is Dead」
      • 相対性理論:「Loveずっきゅん」
      • 浜田真里:「Return To My Self」
      • 平野綾:「God Knows...」
      • 不知火明乃 (喜多村英梨):「らせん」
      • 放課後ティータイム:「Go! Go! MANIAC」「Listen!!」「No, Thank You」
      • マキシマム ザ ホルモン:「ハイヤニ・スペイン」
        「ぶっ生き返す!!」「絶望ビリー」「恋のメガラバ」
      • ももいろクローバーZ:「サラバ、愛しき悲しみたちよ」「夢の浮世に咲いてみな」
      • 和田光司:「Butter-Fly」
      • Guitarists On Demand 三代ギター魂「饒舌多弁なシナスタジア」

    (2016/10/28 更新)

  • 広告
  • コード・スケールをギター上で考える・補足

    2015-04-17 21:30

    前回で一連の話が一まとまり、と思わせておきながら、
    今回も引き続き、音楽理論に絡む話。
    前回までに取りこぼした内容を二つ、補足的に整理します。
    使っている用語等については、学問的には誤っている可能性があります。
    なお、状況に応じて、ここの文章を加筆・修正することがあり得ます。
    (間違いとか直せるところは後でこっそり直す予感)


    コード・スケールをギター上で考える・補足

    前回までに、メジャー・キーマイナー・キーの双方についての
    トニック・コードサブドミナント・コードの機能を持つコードについてと、
    ドミナントセブンス・コード上の各種コード・スケールについて、
    ギターの指板上にコード・スケールを展開し、
    その各音の機能や関係性等を整理してみました。
    今回は、その中で触れなかった
    メジャー・キーサブドミナントマイナー・コード
    マイナー・キートニック・コードのバリエーションについて、
    補足的にギターの指板上で整理していきます。


    サブドミナントマイナー・コードのコード・スケール

    メジャー・キーにおいては、サブドミナントマイナー・コードという、
    同主調マイナー・キー上のサブドミナント・コードの機能を持つコードを
    借用することがあります。
    この時の、サブドミナントマイナー・コードのコード・スケールは、
    借用元のマイナー・キーの時と同じコード・スケールを適用することもありますが、
    メジャー・キーに転用されたことでその影響を受けて
    コード・スケールが変化することもあります。
    この項では、それらのコード・スケールを整理していきます。

    IVm系統

    IVm系統のコードは、マイナー・キー上のサブドミナント・コードです。
    これをそのまま借用した場合、そのコード・スケールはドリアン・スケールになります。
    他方、メジャー・キーではサブドミナントマイナー・コードとして
    長7度を加えたIVmM7も活用されることがあり、
    その特徴を踏まえてコード・スケールを検討すると、
    長6度長7度を持つマイナー・スケールの、
    メロディックマイナー・スケールが構成されます。

    IVm:ドリアン・スケールの場合

    サブドミナントマイナー・コードIVmが、
    コード・スケールとしてドリアン・スケールを持つ場合、
    その根拠となるキーのスケールは借用元のナチュラルマイナー・スケールになり、
    キーのトニックに対してこのコード・スケールは、
    メジャー・キーのスケール上にはない音(短3度短6度短7度)を含む構成になります。
    特に、サブドミナントマイナー・コード短3度コードトーンは、
    メジャー・キーのスケール上では短6度の音にあたり
    原則的にはドミナントセブンス・コード上でのみ許容される音で、
    ドミナントセブンス・コード的な性格を帯びていると見ることもできます。

    IVm/ドリアン・スケール

    この場合のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:(長6度[M6th]/短7度[m7th])
    テンションノート:長2度[M2nd] 完全4度[P4th]
    アヴォイドノート:(長6度[M6th]/短7度[m7th])

    IVm系統のコード・スケールがドリアン・スケールの場合、
    このコード上には固定化されたアヴォイドノートありません
    長6度短7度は、どちらかがコードトーンになると、
    他方はアヴォイドノートになります。

    IVm:メロディックマイナー・スケールの場合

    サブドミナントマイナー・コードについて、
    そのコード・スケールがメジャー・キーの影響を受けて変化する場合、
    コード・スケールのノンコードトーンを補完する基準となる
    キーのスケール上の3度の音が短3度から長3度に変化します。
    IVmにおいては、基準となるスケールの3度はコード・スケール上では7度にあたります。
    ドリアン・スケール上では短7度だった音が変化して長7度になり、
    IVmのコード・スケールはメロディックマイナー・スケールに変化します。

    IVm/メロディックマイナー・スケール

    この場合のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:(長6度[M6th]/長7度[m7th])
    テンションノート:長2度[M2nd] 完全4度[P4th]
    (長6度[M6th]/長7度[M7th])

    IVm系統のコード・スケールがメロディックマイナー・スケールの場合、
    このコード上にはアヴォイドノートがなくなります。
    長6度長7度は、どちらかがコードトーンになると、
    他方はテンションノートになります。


    IIm(-5)系統

    IIm(-5)系統のコードは、マイナー・キー上のサブドミナント・コード代理コードです。
    これをそのまま借用した場合、そのコード・スケールはロクリアン・スケールになります。
    一方、IVmの時と同様にコード・スケールを構成する上で
    基準となるスケールの3度の音にメジャー・キーの影響による変化を加えると、
    ロクリアンナチュラル2nd・スケールが構成されます。

    IIm(-5):ロクリアン・スケールの場合

    サブドミナントマイナー・コード代理コードにあたるIIm(-5)は、
    コード・スケールとしてロクリアン・スケールを持つ場合、
    その根拠となるキーのスケールは借用元のナチュラルマイナー・スケールになります。
    ここでは、メジャー・キー上にない音の短6度
    このコードの減5度コードトーンとして含まれています。

    IIm(-5)/ロクリアン・スケール

    この場合のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 減5度[dim5th]
    準コードトーン:短7度[m7th]
    テンションノート:完全4度[P4th] 短6度[m6th]
    アヴォイドノート:短2度[m2nd]

    IIm(-5)系統のコード上の短2度は、このコード特有のアヴォイドノートになります。
    なお、このコード上の短2度は、キーのスケール上では短3度にあたります。

    IIm(-5):ロクリアンナチュラル2nd・スケールの場合

    サブドミナントマイナー・コードについて、
    そのコード・スケールがメジャー・キーの影響を受けて変化する場合、
    コード・スケールのノンコードトーンを補完する基準となる
    キーのスケール上の3度の音が短3度から長3度に変化します。
    IIm(-5)では、基準となるスケールの3度コード・スケール上では2度にあたります。
    ロクリアン・スケール上では短2度だった音が変化して長2度になり、
    IIm(-5)のコード・スケールはロクリアンナチュラル2nd・スケールに変化します。

    IIm(-5)/ロクリアンナチュラル2nd・スケール

    この場合のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 減5度[dim5th]
    準コードトーン:短7度[m7th]
    テンションノート:長2度[M2nd] 完全4度[P4th] 短6度[m6th]

    IIm(-5)系統のコード・スケールがロクリアンナチュラル2nd・スケールの場合、
    このコード上にはアヴォイドノートありません


    bVI系統

    bVI系統のコードは、マイナー・キー上のサブドミナント・コード代理コードです。
    これをそのまま借用した場合、そのコード・スケールはリディアン・スケールになります。
    またこの系統のコード上では、コード・スケールを構成する上で
    メジャー・キーの影響を受けて変化する基準となるスケールの3度の音
    コードトーン完全5度に重なるため、コード・スケールに変化がありません
    (コード・スケールにおいて、基準となるスケールの変化による影響を受けるのは、
    ノンコードトーンに限られます。)

    bVI/リディアン・スケール

    bVI系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:長6度[M6th]/長7度[M7th]
    テンションノート:長2度[M2nd] 完全4度[P4th]
    (長6度[M6th]/長7度[M7th])

    bVI系統のコードには、アヴォイドノートありません
    長6度長7度は、どちらかがコードトーンになると、
    他方はテンションノートになります。


    bVII系統

    bVII系統のコードは、マイナー・キー上のサブドミナント・コード代理コードです。
    これをそのまま借用した場合、コード・スケールはミクソリディアン・スケールになります。
    一方、IVmの時と同様にコード・スケールを構成する上で
    基準となるスケールの3度の音にメジャー・キーの影響による変化を加えると、
    リディアンb7th・スケールが構成されます。

    bVII:ミクソリディアン・スケールの場合

    サブドミナントマイナー・コード代理コードにあたるbVIIは、
    コード・スケールとしてミクソリディアン・スケールを持つ場合、
    その根拠となるキーのスケールは借用元のナチュラルマイナー・スケールになります。
    ここでは、メジャー・キー上にない音の短6度
    完全4度アヴォイドノートにあたります。

    bVII/ミクソリディアン・スケール

    bVII系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:短7度[m7th]
    テンションノート:長2度[M2nd] 長6度[M6th]
    アヴォイドノート:完全4度[P4th]

    bVII系統のコード・スケールがミクソリディアン・スケールの場合、
    完全4度アヴォイドノートになります。

    bVII:リディアンb7th・スケールの場合

    サブドミナントマイナー・コードについて、
    そのコード・スケールがメジャー・キーの影響を受けて変化する場合、
    変化を受ける基準となるスケール上の3度の音は、
    bVIIにおいてはコード・スケール上では4度にあたります。
    ミクソリディアン・スケール上では完全4度だった音が変化して増4度になり、
    bVIIのコード・スケールはリディアンb7th・スケールに変化します。

    bVII/リディアンb7th・スケール

    bVII系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:短7度[m7th]
    テンションノート:長2度[M2nd] 増4度[aug4th] 長6度[M6th]

    bVII系統のコード・スケールがリディアンb7th・スケールの場合、
    このコード上にはアヴォイドノートありません


    マイナー・キーのトニック・コードのバリエーション

    マイナー・キーの基準となるスケールは、
    基本的にはナチュラルマイナー・スケールが挙げられます。
    しかし、一方でマイナー・スケールには、
    短7度長7度に変化したハーモニックマイナー・スケール
    短6度短7度長6度長7度に変化したメロディックマイナー・スケール
    短6度長6度に変化したドリアン・スケール
    と、計4つのバリエーションが考えられます。
    それらのマイナー・スケールについては、
    マイナー・キートニック・コードとも関連付けられます。

    ここでは、そのトニック・コードとその代理コードについて
    スケールのバリエーションの違いによるコード・スケールの変化を
    改めて整理していきます。

    ハーモニックマイナー・スケールを基準とする場合

    Im系統

    ハーモニックマイナー・スケールを基準とする場合、
    Im系統のコードとしてはImM7が考えられます。

    Im/ハーモニックマイナー・スケール

    Im系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:長7度[M7th]
    テンションノート:長2度[M2nd] 完全4度[P4th]
    アヴォイドノート:短6度[m6th]

    ハーモニックマイナー・スケールを基準とした場合、
    Im系統で四和音を構成する時に追加される準コードトーン長7度のみになります。
    また、短6度アヴォイドノートとして扱われます。

    bIII系統

    bIII系統のコード・スケールについて、
    ハーモニックマイナー・スケールを基準として構成した場合、
    変化する7度の音はコードトーン完全5度に重なることから
    その変化がコード・スケールには反映されず、
    ナチュラルマイナー・スケール基準の時と同様、イオニアン・スケールと一致します。

    bIII/イオニアン・スケール

    bIII系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:長6度[M6th]/長7度[M7th]
    テンションノート:長2度[M2nd] (長6度[M6th]/長7度[M7th])
    アヴォイドノート:完全4度[P4th]

    長6度長7度は、どちらかがコードトーンに含まれると
    他方はテンションノートになります。
    また、完全4度基準となるキーのスケールの短6度と重なり、
    このコード上でもアヴォイドノートになります。

    VIm(-5)系統

    VIm(-5)系統のコードは、ハーモニックマイナー・スケール上にはない
    キーのトニックに対して長6度の音ルートとするコードです。
    VIm(-5)系統のコード・スケールは、ロクリアンナチュラル2nd・スケールと一致します。

    VIm(-5)/ロクリアンナチュラル2nd・スケール

    VIm(-5)系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 減5度[dim5th]
    準コードトーン:短7度[m7th]
    テンションノート:長2度[M2nd] 完全4度[P4th] 短6度[m6th]

    このコード・スケール上には、アヴォイドノートありません

    bVI系統

    bVI系統のコード・スケールを
    ハーモニックマイナー・スケールを基準として構成した場合、
    2度が増2度になった、一般的な名称を持たない特殊なスケールになります。

    bVI/無名スケール

    bVI系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:長6度[M6th]/長7度[M7th]
    テンションノート:増4度[aug4th]
    (長6度[M6th]/長7度[M7th])
    アヴォイドノート:増2度[aug2th]

    このコード・スケールには増2度という特殊な音があります。
    長6度長7度は、どちらかがコードトーンになると、
    他方はテンションノートになります。


    メロディックマイナー・スケールを基準とする場合

    Im系統

    メロディックマイナー・スケールを基準とする場合、
    Im系統のコードとしてはIm6ImM7が考えられます。

    Im/メロディックマイナー・スケール

    Im系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:(長6度[M6th]/長7度[M7th])
    テンションノート:長2度[M2nd] 完全4度[P4th]
    (長6度[M6th]/長7度[M7th])

    メロディックマイナー・スケールを基準とした場合、
    Im系統で四和音を構成する時に追加される準コードトーン長6度長7度になり、
    一方がコードトーンに組み入れられると、他方はテンションノートになります。

    bIII系統

    bIII系統のコード・スケールについて、
    メロディックマイナー・スケールを基準として構成した場合、
    基準のスケールの長6度このコード上の4度に相当し、増4度になる一方、
    基準のスケールの長7度コードトーン完全5度に重なることから
    その変化がコード・スケールには反映されません
    結果として、このコード・スケールはリディアン・スケールと一致します。

    bIII/リディアン・スケール

    bIII系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:長6度[M6th]/長7度[M7th]
    テンションノート:長2度[M2nd] 増4度[aug4th]
    (長6度[M6th]/長7度[M7th])

    長6度長7度は、どちらかがコードトーンに含まれると
    他方はテンションノートになります。
    また、このコード・スケール上にはアヴォイドノートありません

    VIm(-5)系統

    VIm(-5)系統のコードは、長6度の音をルートとするコードです。
    また、メロディックマイナー・スケール上の長7度は、このコード上の長2度にあたります。
    VIm(-5)系統のコード・スケールは、ロクリアンナチュラル2nd・スケールと一致します。

    VIm(-5)/ロクリアンナチュラル2nd・スケール

    VIm(-5)系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 減5度[dim5th]
    準コードトーン:短7度[m7th]
    テンションノート:長2度[M2nd] 完全4度[P4th] 短6度[m6th]

    このコード・スケール上には、アヴォイドノートありません

    bVI系統

    bVI系統はメロディックマイナー・スケール上にない音をルートとするコードです。
    また、この系統のコード・スケールを
    メロディックマイナー・スケールを基準として構成した場合、
    2度が増2度になった、一般的な名称を持たない特殊なスケールになります。

    bVI/無名スケール

    bVI系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:長6度[M6th]/長7度[M7th]
    テンションノート:増4度[aug4th] (長6度[M6th]/長7度[M7th])
    アヴォイドノート:増2度[aug2th]

    このコード・スケールには増2度という特殊な音があります。
    長6度長7度は、どちらかがコードトーンになると、
    他方はテンションノートになります。


    ドリアン・スケールを基準とする場合

    Im系統

    ドリアン・スケールを基準とする場合、
    Im系統のコードとしてはIm6Im7が考えられます。

    Im/ドリアン・スケール

    Im系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:(長6度[M6th]/短7度[m7th])
    テンションノート:長2度[M2nd] 完全4度[P4th]
    アヴォイドノート:(長6度[M6th]/短7度[m7th])

    ドリアン・スケールを基準とした場合、
    Im系統で四和音を構成する時に追加される準コードトーン長6度短7度になり、
    一方がコードトーンに組み入れられると、他方はアヴォイドノートになります。

    bIII系統

    bIII系統のコード・スケールについて、
    ドリアン・スケールを基準として構成した場合、
    基準のスケールの長6度このコード上の4度に相当するため、増4度になり、
    このコード・スケールはリディアン・スケールと一致します。

    bIII/リディアン・スケール

    bIII系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:長6度[M6th]/長7度[M7th]
    テンションノート:長2度[M2nd] 増4度[aug4th]
    (長6度[M6th]/長7度[M7th])

    長6度長7度は、どちらかがコードトーンに含まれると
    他方はテンションノートになります。
    また、このコード・スケール上にはアヴォイドノートありません

    VIm(-5)系統

    VIm(-5)系統のコード・スケールをドリアン・スケールを基準に構成すると、
    ロクリアン・スケールと一致します。

    VIm(-5)/ロクリアン・スケール

    VIm(-5)系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 減5度[dim5th]
    準コードトーン:短7度[m7th]
    テンションノート:完全4度[P4th] 短6度[m6th]
    アヴォイドノート:短2度[m2th]

    このコード・スケール上では、短2度アヴォイドノートになります。

    bVI系統

    bVI系統はドリアン・スケール上にない音をルートとするコードです。
    この系統のコード・スケールをドリアン・スケールを基準として構成した場合、
    リディアン・スケールになります。

    bVI/リディアン・スケール

    bVI系統のコード・スケールの音を整理すると、以下のようになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th]
    準コードトーン:長6度[M6th]/長7度[M7th]
    テンションノート:長2度[M2nd] 増4度[aug4th]
    (長6度[M6th]/長7度[M7th])

    長6度長7度は、どちらかがコードトーンになると、
    他方はテンションノートになります。
    また、このコード・スケールにはアヴォイドノートありません


    以上、メジャー・キーサブドミナントマイナー・コード
    マイナー・キートニック・コードでのコード・スケールのバリエーションについて
    ギターの指板上の配置図と共に整理してみました。

    参考になれば幸いです。

  • コード・スケールをギター上で考える・3

    2015-04-17 21:20

    今回も引き続き、音楽理論に絡む話。
    使っている用語等については、学問的には誤っている可能性があります。
    なお、状況に応じて、ここの文章を加筆・修正することがあり得ます。
    (間違いとか直せるところは後でこっそり直す予感)


    コード・スケールをギター上で考える・3

    前回は、マイナー・キーにおける
    トニック・コードサブドミナント・コードの機能を持つコードについて
    ギターの指板上にコード・スケールを展開し、
    その各音の機能や関係性等を整理してみました。
    今回は、ドミナントセブンス・コードのコード・スケールについて、
    ギターの指板上で整理していきます。


    ドミナントセブンス・コードのコード・スケール

    前回までに検討してきた、トニック・コードサブドミナント・コードでは
    基本的にキーのスケールから逸脱する音はコード・スケールから除外されますが、
    ドミナントセブンス・コードでは、キーのスケール外にある音も
    オルタードテンションとして活用される場合があります。
    つまり、ドミナントセブンス・コード上では、
    テンションノートオルタード化に伴って、
    コード・スケールがキーのスケールに準じない形になることがあります。
    そのため、ドミナントセブンス・コード上では、
    トニック・コードサブドミナント・コードとは違い、
    ドミナントセブンス・コードのコード・スケールを考慮に入れた形で、
    基準となるスケールがキーのスケールから変化することも検討する必要があります。

    ここでは、ドミナントセブンス・コード上の各コード・スケールについて
    ギターの指板上に展開して、整理していきます。
    また、ドミナントモーションで解決する先のルート音を中心とした場合の
    各音の配置も並列して整理します。

    ミクソリディアン・スケール

    メジャー・スケール第5音ルートとしてダイアトニック・コードを構成し
    メジャー・スケール上の音からノンコードトーンを補完した場合、
    そのドミナントセブンス・コードのコード・スケールとして構成されるのは、
    ミクソリディアン・スケールになります。

    V7/ミクソリディアン・スケール

    ミクソリディアン・スケールに含まれるテンションノートはすべて
    ナチュラルテンションになります。
    またドミナントモーションの解決先のルート音を中心として
    ミクソリディアン・スケールを捉え直すと、
    当然ながら、メジャー・スケール(イオニアン・スケール)になります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th] 短7度[m7th]
    アヴォイドノート:完全4度[P4th]
    テンションノート
    ナチュラルテンション:長2度[M2nd] 長6度[M6th]

    ミクソリディアンb6th・スケール

    ミクソリディアンb6th(フラットシックス)・スケールは、
    ミクソリディアン・スケール長6度短6度に変化させたスケールになります。

    V7/ミクソリディアンb6th・スケール

    このコード・スケール上の各音をルート音5度下を中心として見直すと、
    このコード上の短6度は、5度下を基準とすると短3度に相当します。
    また、ドミナントモーションの解決先のルート音を中心として
    ミクソリディアンb6th・スケールを捉え直すと、
    メロディックマイナー・スケールになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th] 短7度[m7th]
    アヴォイドノート:完全4度[P4th]
    テンションノート
    ナチュラルテンション:長2度[M2nd]
    オルタードテンション:短6度[m6th]

    ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール

    ハーモニックマイナーP5th(パーフェクトフィフス)ビロウ・スケールは、
    ミクソリディアン・スケール長2度長6度が、短2度短6度に変化したスケールです。
    マイナー・キーにおいて、V7ドミナントセブンス・コード
    キーのナチュラルマイナー・スケールからノンコードトーンを補完すると、
    このコード・スケールが構成されます。

    V7/HMP5↓・スケール

    このコード・スケール上の各音をルート音5度下を中心として見直すと、
    このコード上の短2度は、5度下を基準とすると短6度に、
    このコード上の短6度は、5度下を基準とすると短3度に相当します。
    ドミナントモーションの解決先のルート音を中心としてこのスケールを捉え直すと、
    スケール名から汲み取れるように、ハーモニックマイナー・スケールになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th] 短7度[m7th]
    アヴォイドノート:完全4度[P4th]
    テンションノート
    ナチュラルテンション:なし
    オルタードテンション:短2度[m2nd] 短6度[m6th]

    スパニッシュ8ノート・スケール

    スパニッシュ8ノート・スケールは、ハーモニックマイナーP5thビロウ・スケール
    増2度オルタードテンションを追加した、1オクターブ8音からなるスケールです。
    マイナー・キーにおいて、V7ドミナントセブンス・コード
    キーのナチュラルマイナー・スケールからノンコードトーンを補完すると捉えると、
    増2度キーのスケール上の音に相当します。

    V7/スパニッシュ8ノート・スケール

    このコード・スケール上の各音をルート音5度下を中心として見直すと、
    このコード上の短2度は、5度下を基準とすると短6度に、
    このコード上の増2度は、5度下を基準とすると短7度に、
    このコード上の短6度は、5度下を基準とすると短3度に相当します。
    ドミナントモーションの解決先のルート音を中心としてこのスケールを捉え直すと、
    ナチュラルマイナー・スケール長7度を追加した、
    あるいはハーモニックマイナー・スケール短7度を追加したスケールになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th] 短7度[m7th]
    アヴォイドノート:完全4度[P4th]
    テンションノート
    ナチュラルテンション:なし
    オルタードテンション:短2度[m2nd] 増2度[aug2nd] 短6度[m6th]

    オルタード・スケール

    オルタード・スケールは、オルタード・ドミナント・スケールとも呼ばれるスケールで、
    短2度増2度増4度短6度オルタードテンションをすべて含み、
    完全5度ないことが特徴です。

    V7/オルタード・スケール

    このコード・スケール上の各音をルート音5度下を中心として見直すと、
    このコード上の短2度は、5度下を基準とすると短6度に、
    このコード上の増2度は、5度下を基準とすると短7度に、
    このコード上の増4度は、5度下を基準とすると短2度に、
    このコード上の短6度は、5度下を基準とすると短3度に相当します。
    また、完全4度アヴォイドノートなく
    ドミナントモーションルートの解決先がコード・スケール内にないことも特徴です。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 短7度[m7th]
    アヴォイドノート:なし
    テンションノート
    ナチュラルテンション:なし
    オルタードテンション:短2度[m2nd] 増2度[aug2nd]
    増4度[aug4th] 短6度[m6th]

    ロクリアンb4th・スケール

    ロクリアンb4th(フラットフォース)・スケールは、
    スーパーロクリアン・スケールとも呼ばれるスケールです。
    前掲のオルタード・スケール構成音は同じですが、
    厳密に捉えると各音の機能の捉え方が異なります。

    V7/ロクリアンb4th・スケール

    ロクリアンb4th・スケール(スーパーロクリアン・スケール)は、
    メロディックマイナー・スケール第7音から並べ直したスケールです。
    減4度(≒長3度)という特殊な音を含むスケールで、
    減5度コードトーンに持つコードのコード・スケールに重なる可能性があります。
    なお、ドミナントセブンス・コードではないコードにおいて、
    このスケールがコード・スケールとなる場合、
    下表でオルタードテンションに分類されている音は、アヴォイドノートになります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 減5度[dim5th] 短7度[m7th]
    アヴォイドノート:なし
    テンションノート
    ナチュラルテンション:短6度[m6th]
    オルタードテンション:短2度[m2nd] 減4度[dim4th]

    リディアンb7th・スケール

    リディアンb7th(フラットセブンス)・スケールは、
    リディアン・スケール第7音半音下げたスケールで、
    リディアン・ドミナント・スケールスーパーリディアン・スケールとも呼ばれます。
    増4度オルタードテンションを含み、
    メロディックマイナー・スケール第4音から並べ直したスケールになります。

    V7/リディアンb7th・スケール

    このコード・スケール上の各音をルート音5度下を中心として見直すと、
    このコード上の増4度は、5度下を基準とすると短2度に相当します。
    また、完全4度アヴォイドノートなく
    ドミナントモーションルートの解決先がコード・スケール内にないことも特徴です。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 減5度[dim5th] 短7度[m7th]
    アヴォイドノート:なし
    テンションノート
    ナチュラルテンション:短6度[m6th]
    オルタードテンション:短2度[m2nd] 減4度[dim4th]

    ホールトーン・スケール

    ホールトーン・スケールは、すべての構成音が全音間隔で並ぶ
    1オクターブ6音で構成されるスケールです。
    増4度短6度オルタードテンションを含み、完全5度ない
    あるいは短6度オルタードテンション減5度を含み、4度ないスケールになります。

    V7/ホールトーン・スケール

    このコード・スケール上の各音をルート音5度下を中心として見直すと、
    このコード上の増4度は、5度下を基準とすると短2度に、
    このコード上の短6度は、5度下を基準とすると短3度に相当します。
    また、完全4度アヴォイドノートなく
    ドミナントモーションルートの解決先がコード・スケール内にないことも特徴です。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 短7度[m7th]
    アヴォイドノート:なし
    テンションノート
    ナチュラルテンション:長2度[M2nd]
    オルタードテンション:増4度[aug4th] 短6度[m6th]

    コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケール

    コンビネーション・オブ・ディミニッシュ・スケールは、よくコンディミと略され、
    ディミニッシュ・コード半音上のディミニッシュ・コードを組み合わせて構成されるスケールです。
    短2度増2度増4度オルタードテンションを含み、、
    1オクターブ8音で構成されるスケールになります。

    V7/コンディミ

    このコード・スケール上の各音をルート音5度下を中心として見直すと、
    このコード上の短2度は、5度下を基準とすると短6度に、
    このコード上の増2度は、5度下を基準とすると短7度に、
    このコード上の増4度は、5度下を基準とすると短2度に相当します。
    また、完全4度アヴォイドノートなく
    ドミナントモーションルートの解決先がコード・スケール内にないことも特徴です。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 完全5度[P5th] 短7度[m7th]
    アヴォイドノート:なし
    テンションノート
    ナチュラルテンション:長6度[M6th]
    オルタードテンション:短2度[m2nd] 増2度[aug2nd] 増4度[aug4th]

    裏コードのコード・スケール

    ドミナントセブンス・コードには、俗に裏コードと呼ばれる代理コードがあります。
    裏コードのコード・スケールに関しては、リディアンb7th・スケールが共通して挙げられ、
    また裏コードと代理関係のあるドミナントセブンス・コードのコード・スケールが
    リディアンb7th・スケールの場合には、
    オルタード・スケールが適用されるケースが見られます。
    裏コードは基本的に、ルート音半音下行して解決することに着目して、
    その解決先と対比した展開図を整理してみます。

    リディアンb7th・スケール

    リディアンb7th(フラットセブンス)・スケールは、
    リディアン・スケール第7音半音下げたスケールで、
    リディアン・ドミナント・スケールスーパーリディアン・スケールとも呼ばれます。
    増4度オルタードテンションを含み、
    メロディックマイナー・スケール第4音から並べ直したスケールになります。

    bII7/リディアンb7th・スケール

    このコード・スケール上の各音をルート音短2度下を中心として見直すと、
    このコード上の増4度は、短2度下を基準とすると短2度に相当します。
    また、完全4度アヴォイドノートなく
    ルートの解決先がコード・スケール内にないことも特徴です。
    (解決先を中心として整理すると、
    フリジアン・スケールトニックを半音下げた形になります。)

    また、裏コードのコード・スケールをリディアンb7th・スケールとした場合、
    このコードと代理関係にあるドミナントセブンス・コード
    コード・スケールとしてオルタード・スケールを持つとすると、
    これら二つのコード・スケールは、構成音がすべて一致する対応関係があります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:短3度[m3rd] 減5度[dim5th] 短7度[m7th]
    アヴォイドノート:なし
    テンションノート
    ナチュラルテンション:短6度[m6th]
    オルタードテンション:短2度[m2nd] 減4度[dim4th]

    オルタード・スケール

    オルタード・スケールは、オルタード・ドミナント・スケールとも呼ばれるスケールで、
    短2度増2度増4度短6度オルタードテンションをすべて含み、
    完全5度ないことが特徴です。

    bII7/オルタード・スケール

    このコード・スケール上の各音をルート音短2度下を中心として見直すと、
    このコード上の短2度は、短2度下を基準とすると長2度に、
    このコード上の増2度は、短2度下を基準とすると長3度に、
    このコード上の増4度は、短2度下を基準とすると完全5度に、
    このコード上の短6度は、短2度下を基準とすると長6度に相当します。
    また、完全4度アヴォイドノートなく
    ルートの解決先がコード・スケール内にないことも特徴です。
    (解決先を中心として整理すると、
    イオニアン・スケールルート音を半音上げた形になります。)

    また、裏コードのコード・スケールをオルタード・スケールとした場合、
    このコードと代理関係にあるドミナントセブンス・コード
    コード・スケールとしてリディアンb7th・スケールを持つとすると、
    これら二つのコード・スケールは、構成音がすべて一致する対応関係があります。

    ルート音:完全1度[P1st]
    コードトーン:長3度[M3rd] 短7度[m7th]
    アヴォイドノート:なし
    テンションノート
    ナチュラルテンション:なし
    オルタードテンション:短2度[m2nd] 増2度[aug2nd]
    増4度[aug4th] 短6度[m6th]

    以上、ドミナントセブンス・コードコード・スケールについて、
    その解決先を中心として見直した場合の音の展開配置と共に、
    ギターの指板上に展開した図をまとめて整理してみました。

    ドミナントセブンス・コードにおいては、
    キーのトニックアヴォイドノートになることと、
    キーのスケールから外れるオルタードテンション許容されることが
    特徴として挙げられます。
    その結果、キーのスケール上の音にこだわらないスケールが構成される可能性が生じます。
    つまり、ドミナントセブンス・コードに組み込まれ得るオルタードテンションの構成により、
    ドミナントセブンス・コードのコード・スケールは変化し、
    それに応じて、トニック・コードサブドミナント・コード上では
    キーのスケール上に収まっていた音の枠から解放されることになります。

    メロディーの構築やアドリブの展開の際には、
    コード展開とその区間のコードが有する機能について検討し、
    コードの機能に応じたスケールの変化についても織り込んで捉えてみると、
    自由度の幅が広がるでしょう。
    以上、参考になれば幸いです。