ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

【ゲーム】『THE ORDER:1886』はよくできたTPSだけど後なんか足りてない感をどうにかしてほしい。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ゲーム】『THE ORDER:1886』はよくできたTPSだけど後なんか足りてない感をどうにかしてほしい。

2015-06-08 01:24
    レッドアットドーンの開発による『THE ORDER:1886』は2005年からほぼ10年近い年月を経て開発されたPS4のフラグシップゲーム。緻密に練りこまれた世界観に精密極まりない映像美。霞の町ロンドンを舞台にした、半獣と騎士団との数世紀に渡る戦いの歴史が描かれる。

    http://www.jp.playstation.com/scej/title/theorder1886/entrance.html



    それでこのゲーム。大きくは2つのセクションから成り立っている。

    QTEで動かせるムービーシーンとTPS。

    とにかくムービーが長い。長い上に途中でかなりシビアなボタン操作が要求され、緊張を解く間がない。そしてカバーアクションを使ったTPS。だがTPSとしては操作性がかなり悪い。『ギアーズ・オブ・ウォー』シリーズなどを遊び慣れているプレイヤーには少々つらいものがある。

    だけど、惣じていえばガッカリゲーと言わざるをえないと思う。

    デザインやコンセプトに凝り過ぎるあまり、尋常ではない消化不良を起こしている。消化不良な部分が「謎」として興味を引くに至らず、一点豪華主義的なシーケンスを作るために脚本が無理をしすぎている。なんといっても謎を解決するために暴力的な行動を取り過ぎだ。無実かもしれない警備兵をガンガン殺し、証拠もないのに乗り込もう、と二度ならず三度も四度も突っ込んでいく。また「騎士団」のバックボーンを丁寧に描けなかったのか、騎士団たちのむちゃくちゃな行動をとったあとでも、衛兵たちが「しれっ」と彼らをフォローしているのも謎だ。

    そしてTPSシーンも、いろいろな場面がでてきても単調を極める。隠れて撃って隠れて撃っての繰り返しで、トリッキーなバトルが

    QTEもボタン操作が小さくてわかりにくい。また難易度も極端に高いシーンがあるのもちょっと不満だ。それはそれでいいんだけど、難しい場所には難しいなりの理由がほしかった。こうした単調なゲームを面白く遊ばせるにはいくつかのコツがあるんだろう。単調だけれどリズミカルで楽しいとか、快楽があるとか。そうしたツボをきちんと踏むことが丁寧に作られたゲームだと思う。豪華で誇大妄想的な面白さを強引に追求することでも、グラフィックとシナリオの妥協点を悪手な形で探ることでも兄。

    とはいえ、他の欠点は、ない。

    そんな欠点を全部吹き飛ば……せてないけど、この世界観がすごくいい。数世紀にわたって大英帝国を守り続ける騎士団。不老不死の秘薬。謎が謎を呼ぶシナリオ。
    なんといってもファッションが最高すぎる

    とにかくもう、めちゃくちゃかっこいいのだ


    それに武器もかっこいい。アークガンや空気砲付きのマシンガン、ナイフ一本でばけものと戦うシーンなど、とにかくあらゆる箇所に萌えが半端ない。ああ、なぜこのようなゲームに限ってクソゲーになってしまうのか……。





    このイケメン騎士オヤジがかっこいいセリフを吐きまくりながら進むというそれがたまらないユーザーにはマジオススメだ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。