ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

コーラフロート1杯目、DIOSA CUP#1総評
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コーラフロート1杯目、DIOSA CUP#1総評

2015-03-01 22:00
    どうもどうも。

    コーラのときは番外編ですよ。

    完全にカジノの話しかしませんので。

    えっ、1杯目で3rdの話しかしなかったって?まぁ私の中でのざっくりとした基準があるので。



    DIOSA CUP#1が終了しました。

    予想外の満卓で嬉しい限りでございます。

    スピーディーに終わらせるため、決勝を設けない形の大会になりました。

    一番危惧していたのは、各ブロックごとにディーラーの強さが違うという状況。

    それの防止策が、ある意味では決勝ですからね。

    ですが今回、その心配がないほどに「ディーラーTUEEEEEEEEEEE」でした。

    21ゲームでインシュランスどんだけ聞いてるんだって話です。

    バーストは4,5回でしたかね。



    さて、今回の種目に採用したBLACKJACK EVOLUTIONですが。

    基本的にはブラックジャックと変わらないこのゲームを選んだ理由でも。

    ・プレミアムによる差がつきにくい
    短期決戦なので、プレミアムで差が出ると取り返すためにMAX乱打になりがちです。
    ただ、BJEでは基本的に出ないので、実力勝負に持ち込みやすいかな、と。
    そのかわり、出せれば1撃KOレベルですから。
    そう思ってたら6待ちAto6からの0JOKERで0to6リーチとか勘弁してください。←

    ・ペアベットとAny10スプリットを生かせるか
    ペアベットは今回の重要ファクターでもあります。
    実はプレミアムを出ないものとして考えたとき、このペアベットの倍率は大きいのです。
    ノーマルの7倍でも、ペアベットに同額を賭け続けているなら、1回で±0ですから。
    運よくカラーペア、パーフェクトペアになれば、大きなプラスを得られます。
    これに気付ければ、トップ狙いならペアベットを使った方が効率がよくなります。
    ただし、メインの勝率維持が難しいですが。

    一方でAny10スプリットは、状況が整っても使うのを躊躇ってしまいがちです。
    既に出来ている20を崩すというデメリットがありますからね。
    やはり使い時は、ハウスカード5or6である時くらいですかね。
    BET上限がある中で上限を超えてBET出来るので、上位狙いならガツガツしたいところ。
    といっても今回は、ハウスめちゃ強モードだったので、なかなか生かされなかった感じ。


    要するに通常のBJと違う点で差が出るかな、というのが本来の私の想定でした。

    が、ディーラーががつがつBJを入れていくので、プレイヤーは苦しかったかな、と。

    結局のところ、流れの隙間で勝負に出た人が勝ちあがったな、という感じです。



    結果的にはポイントを残せた人は6人。まぁそうなりますよね。




    さて次回、DIOSA CUP#2ですが、10月くらいになるかな、と思ってます。

    スタイルはトーナメント型にしようかと。

    ちなみに決勝種目はもう決まってます。アレです。アレ。E(ry

    予選種目はまだ検討中ですが、少なくともBJ/BJE以外をやろうかな、と。

    もしくはミックスゲームでもいいかな、なんて。



    それでは、今回はここまで。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。