ポケモントレーナーだった時代の構築記事
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ポケモントレーナーだった時代の構築記事

2017-07-18 21:50
    プロデューサーとしての活動をする前はポケモンをガッツリやっていたので、なんとなーくですがその時の構築記事を掘り起こしてみましたので載せてみようかなとそれだけの記事です。
    今回載せる構築は、ポケモンをやっていた中で1番使っていて楽しかった構築です。


    では構築を紹介。BW2初期~中期ぐらいの構築になります。

       

      

    うーん懐かしいこの並び( ・´ー・`)
    クレセリアのトリックルームや三日月の舞からカイリューのマスチスケイルを復活させたり足の遅いローブシンやヒードランをトリックルーム下で活躍させることをメインに考えた構築になっています。
    確かクレセリアの三日月の舞が注目されたのもこの時期あたりだったかな?





    クレセリア
    223(220)-×-170(116)-106(88)-151(4)-115(80)
    持ち物:ゴツゴツメット
    冷凍ビーム めざめるパワー炎 トリックルーム 三日月の舞

    ・意地っ張り1積みカイリューのジュエル逆鱗耐え
    ・A無補正、A2段階アップの命の珠持ちパルシェンのつららばりを急所がなければ確定耐え
    ・Sは鉢巻カイリュー意識で115まであげてます(S114にしてS無補正バンギラスを抜かすものが結構いるため)

    相手の構成や選出・立ち回りなどでクレセリアの立ち回りも大幅に変わります
    ローブシンやカイリューなどの物理ポケモンをみるための選出か、初手でだしたポケモンを瀕死になる前に投げて、トリルや三日月の舞を展開させるパターンです 場合によってはどちらも行うなんてこともあります
    理想は初手でカイリューをだして、マルチスケイルが消えてからクレセリアをだしてトリル(場合によってはしない)からの三日月の舞によってマルチスケイルの復活をして再び暴れてもらうことです

    Cに若干まわしてるのは無振りだとゴツメ+冷凍ビームでカイリューやガブリアスを倒せないケースがあるので若干振ってます 本当ならもっとCにまわしたいですが物理受けという役割もあるので妥協しています



    カイリュー
    191(196)-182(92)-116-(4)×-134(108)-114(108)
    持ち物:こだわりハチマキ
    逆鱗 馬鹿力 しんそく 寝言

    ・C無補正の眼鏡ラティオスの流星群を確定耐え
    ・準速バンギラス抜き

    全体的にラティオスやキングドラあたりがきついのである程度のドラゴンタイプの技をマスチスケイル込みで耐えられるように配分しています



    ローブシン
    189(68)-210(244)-131(124)-×-91(44)-69(28)
    持ち物:命の珠
    特性:ちからずく
    ドレインパンチ マッハパンチ 冷凍パンチ 雷パンチ

    クレセリアのトリックルームから活躍させるポケモンのうちの1体。
    対バンギラスの貴重なコマであり、相手にバンギラスがいるときは間違いなく選出。




    バンギラス
    183(60)-182(220)-131-×-120-121(228)
    持ち物:こだわりスカーフ
    ストーンエッジ 噛み砕く 馬鹿力 冷凍パンチ

    ・A無補正ガブリアスの地震を高乱数耐え
    ・Sは化身ボルトロスとトルネロス意識

    この構築には結果的にこのタイプのバンギラスは合わなかったので、耐久寄りのバンギラスにしておけばよかった枠。以上。




    サンダー
    191(204)-×-119(112)-145-116(44)-152(148)
    持ち物:ラムの実
    10万ボルト 熱風 めざめるパワー氷 羽休め

    ・最速85族+2
    ・化身ボルトロスの10万ボルトを超高乱数で2耐え
    ・A無補正の1舞カイリューの逆鱗を確定耐え

    キノガッサ対策に入れていたポケモン。
    Sはノイクンあたりを考えて152まであげています。



    ヒードラン
    191(196)-×-127(4)-198(236)-134(60)-99(12)
    持ち物:こだわりメガネ
    オーバーヒート 竜の波動 ラスターカノン 悪の波動

    ・C補正ありの眼鏡ラティオスの波乗りを確定耐え
    ・H4振りのラティオスを竜の波動で確1
    ・H187D125までのメタグロスをオーバーヒートでオッカ持ちでも確1

    特殊エース枠であり、対ウルガモスあたりを考えて入れました
    めざパ格闘がある場合はラスターカノンの枠をめざめるパワー格闘にするといいと思います
    悪の波動は最初、試し余ってたから適当に入れて使っていましたが思ってた以上に刺さっていて驚き^q^
    ランクルスやブルンゲル・シャンデラ・ヤドランなどのポケモンに対して安定してうてたり、H振りのみのクレセリアを悪の波動で確定2発で倒せたりとなかなか強いです



    この当時、自分がよくカイリュー・ローブシンを使っていたこともあり、そこにクレセリアを組み込んだ構築となり勝率どうのこうのというよりも単純に使っていて楽しかったのは今でもはっきりと覚えています。
    参加者100名以上の対戦オフにもこの構築で参加し、ベスト8の記録を残せた構築でもあります。


    なんで随分と過去のことを書いたのかというとほんと~うになんとなくです( ˘ω˘ )



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。