【第8回JPNOPEN優勝構築】サトゲコ入り鬼火リザYランドテテフ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第8回JPNOPEN優勝構築】サトゲコ入り鬼火リザYランドテテフ

2017-09-27 04:10

    はいどうもライです(;・∀・)。
    今回第8回JPNOPENにて優勝しましたので記念に記事書きました。



    ar1333915
    原型はこの構築になりますが、一応持ち物と努力値と技構成・オフでの使用感を書いておきます。




    リザードン
    性格 おくびょう
    努力値 172-0-60-12-12-252
    技構成 かえんほうしゃ エアスラッシュ おにび はねやすめ
    持ち物 リザードナイトY
    対面からミミッキュをごまかせるポケモンとして投げる
    決勝戦で想像以上に働いてくれたポケモン
    予選ではあまり活躍させてあげれなかったが役割対象だった対面寄りの構築が少なかったからまあ仕方ない。

    選出回数 予選9回中3回 決勝T5回中1回





    ランドロス
    性格 しんちょう
    努力値 252-4-12-x-236-4
    技構成 じしん がんせきふうじ とんぼかえり ステルスロック
    持ち物 オボンの実
    このPTのクッション枠で選出率1位 HDに硬いクッションだが威嚇を入れる為物理にも投げる
    とんぼかえりで対面操作が出来るのが強く、サトゲコの一番の補助役として選出回数を多かった。

    選出回数 予選9回中8回 決勝T5回中4回





    カプ・テテフ
    性格 ひかえめ
    努力値 236-x-84-156-12-20
    技構成 サイコキネシス ムーンフォース シャドーボール サイコショック
    持ち物 拘りメガネ
    受け回しやポリゴン2をぶち壊す眼鏡テテフ 
    決勝ではトリル中にトラアタ麻痺を引き まさかのトリルエースに変貌
    他にもムンフォCダウンを引いて相手の攻撃を耐えて勝ちに繋げるなど今大会のMVP

    選出回数 予選9回中3回 決勝T5回中3回





    メタグロス
    性格 ようき
    努力値 0-252-4-0-0-252
    技構成 アイアンヘッド れいとうパンチ かみなりパンチ じしん
    持ち物 メタグロスナイト
    リザが出せない時が多かったのと相手のPTにテテフが多かったのもあって選出率は高め
    範囲の広さのおかげで削り役としても強かった。追加効果はどんどん引いていこう。

    選出回数 予選9回中5回 決勝T5回中2回





    カプ・コケコ
    性格 せっかち
    努力値 0-252-0-4-0-252
    技構成 ワイルドボルト ボルトチェンジ ブレイブバード とんぼかえり
    持ち物 拘りスカーフ
    今回はあまり出せない場面が多かった。対戦相手に役割対象のギャラウルガなど少なかったのもある。

    選出回数 予選9回中2回 決勝T5回中1回



    で今回JPNOPENが過去作限定ポケモン並びに普段レートで使うことが出来ない非伝説ポケモンが使用可能なのでサトシゲッコウガを使用しようと思いました。

    ここでサトシゲッコウガについての説明を



    通常のゲッコウガの種族値
    72-95-67-103-71-122


    サトシゲッコウガの種族値
    72-145-67-153-71-132
    AとCの種族値が50上がりSの種族値が10上がる。

    技みずしゅりけんの火力が15から20へ

    きずなへんげの発動条件
    自分の技で相手を倒すと通常の「ゲッコウガ」から「サトシゲッコウガ」にフォルムチェンジする。

    さらに特性によるフォルムチェンジなのでメガ進化と同時選出可能
    持ち物が自由に選択できる
    とまあビーストブーストに近い事が出来るポケモンである。
    で今回使用した型の紹介です。




    ゲッコウガ
    性格 おくびょう
    特性 きずなへんげ
    努力値 0-0-4-252-0-252
    きずなへんげ後実数値 147-x-88-205-91-202
    技構成 れいとうビーム あくのはどう みずしゅりけん ハイドロカノン
    持ち物 水Z

    Z技を採用することで有利体面にてZ技を使用することで相手に負荷をかけ出来る限りきずなへんげを出来るようにした。さらにきずなへんげ後でもZ技を使用できるので等倍でも確実に相手を落とせる超火力を出すことが出来る。
    技構成としてはタイプ一致のあくのはどう・きずなへんげ後に強化される先制技のみずしゅりけん・Z技での使用のハイドロカノン・そしてマンダや草に通る冷凍ビームとすんなり決まった。

    サトシゲッコウガは第2のメガ枠+Z枠という考えで動いていたがまさしくその通りでめちゃくちゃ強かった。
    特にS130族を抜ける点が強くゲッコウガをコケコで見ている人を出し抜くことが出来る。

    選出回数 予選9回中6回 決勝T5回中4回



    主に多かった選出例
    ランド・グロス・ゲッコウガorカプ・テテフ
    ランド・リザ・テテフ
    コケコ・ランド・ゲコ


    構築の軸の1つのサトシゲッコウガがレートで使用不可能の事もあり、記事にしようか悩みましたがまあ書いておいて損は無いでしょという事で書きました。




    まとめというか雑記
    初めて参加者100人超えのポケモンオフで優勝することが出来て凄い嬉しいです。
    それに第6回のJPNOPENでは準優勝と悔しい思いをしていたので、そこのリベンジも出来て嬉しいです。
    予選では6-3の2位抜けで正直ギリギリ 決勝Tも初戦から知り合いを引き続け決勝には3代目真皇のマイケルさんとまあしんどかった。
    ただまあそんなしんどいポケモン対戦でもめちゃくちゃ楽しかったです。
    特に準々決勝でのクゥリさん戦が一番楽しかった。
    対戦内容もそうだけど、オフ特有の目の前に対戦相手がいてその人との会話しながらする駆け引きがたまらなく大好きな僕だから凄い楽しかった。

    それにJPNOPEN全体の雰囲気もあって参加者の皆さん全員が楽しんでポケモンやっているように思えました。

    今後もJPNOPENには参加出来たら参加したいなと思います。
    (優勝者特権で参加費無料だし)

    と言う訳でここまでお付き合い頂きありがとうございました。
    JPNOPENにて対戦してくださった方 応援してくれた方々
    主催のJPNさん スタッフの方々 本当にありがとうございました。


    SpecialThanks 引き続き霊獣ランドを貸してくれたCharlie
    前日に無邪気のサトゲコしかもっていなかった為、臆病個体を提供してくださったあゆかぜさん
    ありがとうございました。


    画像 JPNOPEN中の対戦に生まれたこの奇跡の対面



    追伸
    この翌日に開かれた自分がオフのスタッフを務めるしまうおふで2-6を叩き出して運営最弱の称号を得たらしい。

    質問等は以下のTwitterIDまで
    @Lie_LCR2

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。