• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

競馬 職人さん のコメント

有料会員500人ぐらい集まって、緑の給料50万円ぐらいになったら、

時給1000円で飲食は自腹購入の、みどレポとか、やめるだろうな・・・。

生主ブロマガをやり続ける意味ないな・・・・。
No.3
83ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
がちでまじで~! 挨拶が遅れて申し訳なかったです。 この度、生主ブロマガに参戦することになって本間です。 早速ですが、先週私のフォロワー達を騒がせた事件を紹介します。 ◆ 横山緑ユーザーチャンネル獲得! 先日、ユーザーチャンネル発表第2弾として、ユーザーチャンネル獲得者がニコニコ公式にて発表された。 上から順に見ていくと…()内が僕の気持ち あき(あきたん) あきのひとこと生放送チャンネル (誰だよ!!) あにまん 後日開設! (これってデザインとか間に合わなかったってこと?ユーザーチャンネル獲得したって意味わかってる?23,000人から選ばれたってことは22,983人落ちてるってことだよ?やる気ないなら他の人に譲ったら?宇多田ヒカルの'誰かの願いが叶うころ'とかRADWIMPSの'夢番地'あたり聞いて反省してほしいわ。) えれ子 e-げーみんぐチャンネル (ゲーム多いなぁ・・・) オロナイン 楽しければいいじゃない (え、オロナイン?!あの?!) Zirai(福袋) Zirai原。 (またゲームかよ!) せんとす せんとすちゃんねる (羨ましいんだがぁ!) 茸(たけ) 実況界の毒キノコ (ゲームばっかじゃねぇか!) ダステル - DustelBox ダステル - ゲーム実況チャンネル (ゲー(ry たろう16bit たろらじ Hi-Fi (名前だせぇ・・・) ドグマ風見 ドグマチャンネル (妥当だな) 店員A チャンネル都内某所 (がんばれ!店員A!) halyosy halchan (あ、ヒデヨシ出てた人だ!歌うまい人!がんばれヾ(^ω^*)) 百花 繚乱 繚乱放送局wlive (超パーティーのMC2人とも獲得かよ!!!!!) 松田 まぁ、鬼のようなガチですわ。プリン。 ※チャレンジ枠 (コミュ名の最後のプリン。ってなに?!この人怖い;;プリン。) 窓付き@ まどつき@チャンネル (窓付き受かったの?!ふぇ?!歌い手ってやっぱ受かりやすいの?!) みうめ 【みうめ】うめチャンネル【踊ってみた】 (おぉ。踊ってみたの生放送ってどんなんやるんやろ・・・) みけ猫@泥。 なんでもチャンネル☆ (ミキーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!) ユニ ユニなま!ゲームとかPCとかいろいろ生放送チャンネル (あ、何か妥当だわ。スクロール疲れてきたなぁ) 横山緑 暗黒黙示録 うたたP ハピネスクリエイターズファーム (Pってつくやつ見分けつかん) ・・・・?! いま  横山緑 ってあった?! (@∀@) って感じになった人、たくさんいるんじゃないでしょうか。 月額なんと 1,080円(税込) 有料会員限定動画には よっさんの家の汚い動画とか、よっさんが主役の動画 などが見放題と盛りだくさん! そして、チャンネル管理者、横山緑は以下の事を公約としてかかげています。 ・日曜日以外、毎日放送する ・貰った金は、出演したグリカンのメンバーに還元する ・収支は1円単位でリスナーに報告する ・リスナーを裏切ったら、マスクを脱いで謝る。許してくれないならこの世から去る。 すでに会員は 150人 くらい集まってるそうだ。 本当に お め で と う ご ざ い ま す ★ ミ これからはチャンネルでもたぁ~くさん緑たんの放送が見れて楽しみだ ワンッヾUo-ェ-Uo-ェ-U な~~んな!!!!!!!! 生主ブロマガはどうすんだ!!!! と思って、早速電話して聞いてみた。 というより緊急ミーティングが行われた。(LINEで) とりあえず、みどりぽなどの企画含め、 生主ブロマガは今後も続けていく  らしい。 かといって、今まで通りの 『横山緑ありきのチャンネル』 ではいられなくなった、ということだ。 とりあえず、詳しくは今日のマージャン放送のオープニングで聞いてみることにする。 ※余談 百花繚乱さんは、今のところ会員数が15人みたいです。 生主ブロマガはユーザーチャンネルを応援します!!
『ライフログ』生主ブロマガ
【生主(ネット放送者)が気ままに活動するチャンネルです。活動をおこなわない月もありますのでご了承の上入会お願いします。有料チャンネルですが無料チャンネルやユーザー生より凄いかというと特に違いはありませんのであまり期待なさらず、まったりとお楽しみください。】―

―ライフログ〜生主ブロマガ〜は「ネットで活動している面白い人の活動を伝えるブロマガ」です。積極的に自分自身をネットに投入して人生の記録「ライフログ」を残している人たちの活動を記事や放送で紹介していきます。みなさんのご支援に感謝します。