【第1回】曲のキーとスケール、メジャー・スケールについて学ぼう!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第1回】曲のキーとスケール、メジャー・スケールについて学ぼう!

2018-05-12 12:26

    ~目次~
    ・キーとスケール
    ・メジャー・スケール
    ・音程


    《キーとスケール》

    よくメジャーとかマイナーとかそんな言葉を聞いたことがあると思います。
    まずは基礎としてそれらをわかりやすく解説していこうと思っています。

    最初に音楽理論で絶対に避けて通れないのがキーとスケールです。

    キー(調)とはそもそも曲の基盤となる主音。
    スケールそれに対しての音階です。

    ちなみにメジャーとマイナーの違いについて。
    現段階ではメジャーが明るい。マイナーが暗いというイメージで構いません。

    --------------------------------------------------------------

    《メジャー・スケール(長音階)を覚えよう》


    ※基本的にここでは鍵盤などの画像を用いて解説していきます。

    鍵盤の画像を見て下さい。白鍵の部分ですね。
    C~Cまでの音を実際に鳴らしてみたら
    ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド
    ※基本的に音楽理論ではアルファベットで解説するので慣れて下さい!

    誰もが知ってる音の階段です。
    実はこれがメジャー・スケールなんですよね。
    分解して考えたらCという主音のメジャーの音の階段です。


    ここで1つ重要となってくるのが音程(インターバル)という知識があります。
    一般的な音程とは音の高さという意味に捉えがちですが、音楽知識としては間違いです。

    音楽理論としての音程とは音と音の幅の意味を表しています。

    例えば鍵盤の画像からCからDまでの音の間を見て下さい。
    その間には黒鍵が挟まってますよね?

    この音を一つ飛ばした幅(音程)の事を全音といいます。
    CからC#など基準の隣の音は半音といいます。

    ではCM(Major)スケールを中心に音階がどうやって構成されているか考えてみて下さい。




    答えは 全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音 です。

    C⇨D 全音
    D⇨E 全音
    E⇨F 半音
    F⇨G 全音
    G⇨A 全音
    A⇨B 全音
    B⇨C 半音

    という音程(インターバル)があるわけですね!

    このメジャースケールを覚えるにあたって一番注意して欲しいことがあります。

    それは”形で覚える”こと。


    なんでかというと、キーがC以外のスケールになった場合、この音幅を覚えておけば
    ただ形をずらすことによってメジャースケールがわかるというわけです。
    一々C以外の他のスケールを暗記するには莫大な暗記量が必要になってしまいます。
    形がわかればずらして音を辿れば良いだけなんです。


    あともう一つ、音階には全音が存在しない箇所が2つだけあります。
    鍵盤を見たら一目瞭然ですが、その部分はE⇨FとB⇨Cの部分です。
    黒鍵の部分がない所ですからね。ここでわからなくなる人もいるから予め記述しておきます。


    以上を踏まえた上で少し問題を出してみようかと思います。
    メジャー・スケールがなんなのかなんとなくわかったかと思いますが、あくまでCメジャー・スケールを基礎に話してきました。

    では、キーが変わった場合にどうなるのか。


    【問題1】Fメジャー・スケールを書いてみて下さい。




    メモ帳でも紙でも構いませんし、少し自分で考えてみて下さい。
    基本音はFの音ですから、そこからさっきの全全半 全全全半と音を辿れば良いんです。












    分かりましたか?
    答えは
    F⇨G⇨A⇨B♭⇨C⇨D⇨E⇨F  ですね。

    メジャーの音階で注意すべきなのはやはり半音の部分くらいですかね。


    あまり黒鍵の♭or#を使わない問題でしたが、次の問題はどうでしょう。





    【問題2】Dメジャー・スケールを書いてみて下さい。



















    今回は黒鍵の部分が多いですよね。
    答えは
    D⇨E⇨F#⇨G⇨A⇨B⇨C#⇨D ということになります。

    ここも半音部分に注意しながら確認すれば大丈夫。
    最初はちゃんと時間をかけても良いですから、しっかり辿れるように覚えましょう。
    あくまで形を覚えながらのほうが絶対に早いです。




    いかがでしたでしょうか。メジャー・スケールが理解できましたか?
    あくまで基礎の段階ではありますが、Cメジャー・スケールをテンプレに形をずらせば他のメジャー・スケールを覚えたも同然です!


    次回はマイナー・スケールについて覚えていきましょう。









    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。