【第7回】続・ドミナント・モーションについて学ぼう!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第7回】続・ドミナント・モーションについて学ぼう!

2018-05-23 17:57

    ~目次~
    おさらい

    実際に聞いてみよう



    珍しく回を重ねてしまいました。
    今回もまたドミナント・モーションについて学んでいこうの巻です。

    一応おさらいとして下にまとめを載せておきます。
    ドミナント・モーションとは?

    1.ドミナント・モーションはドミナントからトニックへの進行
    2.半音の動きにもドミナント・モーションが起こっている
    3.ドミナント・セブンスにすることによって不安定要素がさらに増え、
      よりトニックへ解決したくなる
    4.そもそも5度下進行、4度上進行は強進行である

    ピアノやギターなど和音の出せる楽器のある人、DAWソフトを持ってる人は実際に音を出してみるほうが理論はわかりやすいです。
    しかし、音を出せる環境がない人もいますので音源ファイルを貼っておこうと思います。

    まずはドミナント・モーションがどういう感じなのか聞いてみて下さい。


    --------------------------------------------------------------


    《実際に聞いてみよう》

    1.CM⇨GM⇨CM
    ※クリックすると再生ページに飛びます。

    聞いてみるとCから始まり、そわそわしてから~落ち着いた!!って響きですよね。
    これはあくまでドミナントであるGMが3和音の場合。
    次は前回に記述したドミナント・セブンスで聞いてみましょう。

    --------------------------------------------------------------

    2.CM⇨G7⇨CM
    ※クリックすると再生ページに飛びます。

    先程の1番と比べてこちらのほうが少し不安定なのが聞いてわかりましたでしょうか?
    GMをG7に置き換えることによってより強いドミナント・モーションが生まれます。
    スッキリした~!って印象がより大きくなった気がしますね。

    --------------------------------------------------------------

    3.Am⇨Em7⇨Am
    ※クリックすると再生ページに飛びます。

    今度はA(ナチュラル)マイナー・スケールのⅠM⇨Ⅴm7⇨ⅠM進行です。
    なんか聞いてて解決した~って感じが少ないと思いません?
    人によってはドミナント・モーションではないと語られる方もいらっしゃいますが
    一応、5度下進行なので強進行ではあるのです。ただコードの構成音としては弱いです。
    同じドミナント・モーションでも強弱があるんですね。

    --------------------------------------------------------------

    4.Am⇨E7⇨Am
    ※クリックすると再生ページに飛びます。

    そして次はEm7をE7に置き換えたバージョンです。
    聴き比べてみるとEm7より戻りたい欲求が強くなってます。
    マイナーの場合、ダイアトニック上でドミナント・セブンスを使うとちょっとスケール自体の捉え方が変わるんだけど、それはまた今度。

    --------------------------------------------------------------

    曲っぽくない進行の例を上げましたが、ドミナントのイメージは掴めましたか?
    やっぱり文章だけで納得するより、しっかり耳も使って納得したほうが絶対良いです。
    次回は以前に記述したダイアトニック・コードをもう少し深く見ていきましょう。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。