今年訪れた場所その4「行川アイランド」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今年訪れた場所その4「行川アイランド」

2016-12-23 23:49
    今年訪れた場所を書いていくもので今回は行川アイランド跡地・駅

    夏休み初日の7月21日に訪れた。

    行川アイランド営業時はそれなりの観光客が訪れたが閉園後全く人がいなくなり駅廃止もささやかれ陸の孤島になりかけた場所である。



    この名前を最初見たとき「変な名前だ」同時に「なんて読むんだろう」と思えてくる。

    いくかわ...
    ゆくかわ...
    ぎょうかわ...

    答えはなんと「なめがわ」

    「いく」でも「ぎょう」でもなければ「かわ」でもない。

    「特牛」並の読みにくさだと思う。



    駅入り口の案内板

    行川アイランドがしっかり紹介されてることから閉園以降建て替えなど行っていないのだろう。

    歩道橋を渡って跡地の方へ近づいてみる。



    広い空地

    駐車場だったのだろう。

    チケット売り場等が残されていると聞いていたがこのときにはもう撤去されていた。


    ここを登ってチケットを買い...


    ここで半券を切ってもらって...


    このトンネルから入場した...

    ホテルにプール、フラミンゴショーもあり仮面ライダーも来たと聞いた。

    埼玉県の越谷の野鳥の森程度だと思っていたがかなり大きな施設だったようだ。


    そういえば秋に訪れた際トンネルのゲートを開けて作業をしている人を見かけた。

    将来は温泉ができるらしいが現在実際に行われているのか

    それとも遊具等の撤去か。



    行川アイランド前交差点の信号

    国道128号が通っていて車は非常に多かった。

    駅の利用者は千葉県で一番少ないのにバス停まであった。

    もうわけがわからん。


    この流れでおせんころがしも寄ろうと思い道を調べようとGoogleを開いたらおせんころがしの検索候補に心霊の文字があったため駅に戻り40分ほどビクビクしながら電車を待った。




    1面1線のホームは「なんか施設できたからとりあえず作ったよ」と言わんばかりだ。

    イスに腰かけていたらヒグラシ等の鳴き声と共に車の音も聞こえる。

    こんなに車が通るのに駅はひとりも利用者がいないのが少しおかしかった。



    乗車証明書発行機



    乗車証明書



    時刻表

    なんかエクセルで作れそう。


    とても不思議で悲しくて怖い場所だった。

    鴨川シーワールド、マザー牧場、舞浜のランドの後輩に客を奪われ廃れたテーマパーク。

    国道沿いなのに県内ワースト1位の利用者数の駅。

    駅から歩いて数分の崖っぷち心霊スポット。

    秘境と言うよりも

    悲境。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。