電車とバスで周る北海道の「持つところ」1日目
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

電車とバスで周る北海道の「持つところ」1日目

2017-02-11 15:47
    2月7日(火)
    2月8日(水)


    北海道の「持つところ」と呼ばれる主要都市の函館、札幌、室蘭を観光した。

    2月7日、成田から8時15分発のバニラエアJW905便で新千歳へ。


    エアバスA320

    LCCを初めて使ったため色々あたふたしながらもどうにか搭乗。

    しかし家族連れの方が「隣で子供を見たいので座席を変わってくれないか。」とお願いされた。

    家族連れもLCCを使うんだなあと思いながら断る理由もないので変わった。

    降りる際に「無理言ってごめんなさい。」と本当に申し訳なさそうにしていたためまあ良いだろう。



    新千歳に到着。

    到着は15分ほど早かった。



    友達へのお土産を買うために雪ミクスカイタウンへ


    空港内のあちこちで雪ミクのイラストが見れる



    メモ帳

    それから個人的な買い物もした。



    北海道テレビ放送の人気番組「水曜どうでしょう」のグッズを買った。

    トランプは大泉と藤村Dの喧嘩で有名なアラスカでの企画で大泉が作ったものである。



    大泉「まぁいいやバカで」

    空港内で色々見てから室蘭へ移動開始。



    空港駅から南千歳まではエアポート快速だが自由席は運賃だけで乗れる。

    駅弁を買ってから乗り込んだ。





    南千歳駅の待合室には多くの中国人がいた。

    北海道は今中国人に人気らしく、成田から地球岬まで9割は中国語を聞いていたと思う。

    彼らは英語も堪能で日本人に質問する際は英語を使ってくる。

    私には「トマムまで行きたいんだけどどっちのホームの電車に乗ればいい?」と特急券と乗車券を見せてきた。

    北海道の電車はわかんないなあ。

    私が持ってた大判のJTB時刻表で調べても解決せず、結局は連れの中国人がわかったようで

    苫小牧行に乗っていった。

    私はL特急すずらん4号で母恋へ



    北海道へきていきなり海鮮が食べれた。

    駅弁初体験だったため箸がないなあと一瞬焦ったが


    入ってるんだね。





    雪景色を見ながら駅弁を腹いっぱい食い



    母恋駅に到着。



    ここから地球岬まで40分ほど歩く。

    結構坂になっていてキツかった。

    金屏風

    トッカリショ、地球岬と並んで室蘭八景のひとつだそうだ。


    チキウ岬灯台

    今まで数々の灯台を見てきたが

    上から灯台を眺めるのは初めてだ。







    展望台からの灯台


    PC壁紙用

    地球岬でかなり時間を取った。

    トッカリショなんて見てる場合じゃない急いで駅へ戻ろうと歩いていると

    通りかかった車に「下まで下りるなら乗ってけば?」と言われありがたく乗せてもらった。

    東京から来たと話すと「よくこんな一番きつい時期に来たね」と。

    この方は前まで世田谷に住んでいて定年後移住したそうだ。

    駅まで徒歩40分が10分程度で着いてしまった。

    かなり助かった。


    とりあえず東室蘭へ


    入場券

    東室蘭駅は館山駅に造りがよく似ていた。


    札幌へ


    789系


    北海道の海


    札幌に到着

    札幌で見るものは

    HTB本社、時計台、テレビ塔、雪まつり

    まずは地下鉄で南平岸へ


    平岸高台公園から撮影

    平岸高台公園といえば...



    水曜どうでしょう前枠、後枠の場所である。

    「いぃぃぃやぁぁぁぁおかえりぃぃぃぃ」

    と聞こえてきそう。

    そのあと大通やすすきので雪まつりや時計台、テレビ塔を見たが

    寒い上に雪も降ってきてろくに見ずに地下や建物で暖まっていた。

    札幌で撮った写真は下がすべて。







    札幌はこんな感じ。

    この後札幌から函館行きの夜行バス「高速はこだて号」にのり、函館から2日目とする。



    2日目はまた次の記事で。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。