• あんまりタメにならない『PROUST EFFECT』における単語解説

    2018-06-07 20:37

    最近はキノコと紗枝はんで陰陽座の「睡」とかカバーしてくれないかなあ、と思うわけですがいかがお過ごしでしょうか。

    さて、一ノ瀬志希のソロ2曲目が来たわけですが皆様どうでしょう。
    個人的には、非常に面倒な曲が来ちゃった(歓喜)という感じですが、
    前回の「秘密のトワレ」に続いて香りがテーマの曲になってますね。
    大筋では、
    「『俺の答えはこれや!』と言って香水を投げつける」
    曲ですが、ちょくちょく専門用語が出てくるので備忘録代わりにまとめるようなあれです。
    なので、曲の解釈とか単語の正確性は保証しませんので悪しからず。


    ・proust effect
     プルースト効果。プルースト現象とも。
     特定の香りがそれと結びついた過去の記憶を呼び覚ますこと。
     マルセル・プルースト著『失われた時を求めて』からこう呼ばれてるらしい。
     『ブリキの太鼓』で有名なフォルカー・シュレンドルフ監督の『スワンの恋』は第1篇第2部の映画化。
     アラン・ドロン、マジダンディやでぇ……。
     
    ・GPCR
     Gタンパク質共役受容体(G protein-coupled receptor)の略。
     詳しい説明するだけでページが埋まるので受容体の一種ぐらいの認識でいいと思う。
     この曲の中ではGPCRの一種である嗅覚受容体のことを指してると思われるが、
     タイトルがタイトルなので他の受容体も含めて考えた方がいいかもしれない。
     後、語呂。
     ここらへん、まだまだ研究が終わってない分野で嗅覚受容体の構造決定やら機能解析で2012年のノーベル化学賞に選ばれたりする。
     
    ・パルファン(parfum)
     フランス語で、狭義の香水の意味。
     基本的に香水はアルコールに香料を溶かした物であるわけだが、
     香料が濃い順にパルファム→オーデパルファム→オーデトワレ→オーデコロンと分類される。
     基本的に香料が多いほど長持ちしてお値段が高い(当然例外はある)
     そういやササキトモコさんが「秘密のトワレ」の製作時に『香水ーある人殺しの物語』を読み直したってのを思い出したり。
     今なら映画版がアマプラで見れたはず。
     
    ・トップノート・ミドルノート・ラストノート
     香水は時間経過で香りが変化するが、つけてすぐ・しばらく経ってから・大分経って香らなくなるまでの香りをそれぞれこう呼称する。
     当然、サビの歌詞と香りが対応してるとするのが妥当かも。
     「秘密のトワレ」もなかなか過激な歌詞だったけど、対象の好きな香りを把握してしっかり調合できる志希にゃんマジギフテッド。
     
    ・前頭前野
     前頭前皮質とも。要は社会的だったり理性的だったりする行動を司る部分。
     映画『ハンニバル』でレクター博士が終盤お食事してた部分というと分かる人は分かる。
     「前頭前野の思案よりも速く~」って、さらっと怖いこと言ってますね。

    ・イリスの香り
     おそらく、アヤメ科アヤメ属ないしはアヤメのことを指すと思われる。
     ちなみに花言葉はアヤメ属共通のものがあって、「よい便り」「伝言」。
     これは語源になってるギリシャ神話の虹の女神イーリスが神々の伝令だったことから由来。
     これがどうかかってくるかは人それぞれだろうなあというところ。


    改めて、香水つながりとは言えちょっと破滅的な香りが漂う『秘密のトワレ』にくらべると、
    『PROUST EFFECT』は、志希にゃんは実際奥ゆかしいというアトモスフィアに溢れた曲になってるのでは無いでしょうか。
    多分。

    おしまい。


  • 広告
  • シンデレラプロジェクトにおける私的蹴球陣形案

    2015-08-08 08:18

    要はCPの面子を、サッカーのフォーメーションにおいてみようというだけのアレ。
    動機は主にこことかここ


    早速、本題に入ろう。
    基本フォーメーションはFWを縦に置くフラット型の4-4-2。



    FW登録は、NGの3人。
    MF登録はCIの3人とみりあ・莉嘉・rrrr蘭子の6名。杏の運用は後述する。
    DF登録はLLとアスタリスクの4名。控えがいないので、かな子や智恵理が入ることも。
    GKはきらり。目指せピーター・シュマイケル。

    基本戦術は、ロリ組からのサイドアタックとショートカウンター。どちらかというと莉嘉・りーなサイドが攻撃の起点になるか。智恵理・かな子のCMFコンビは若干防御的ではあるものの献身的なプレイでチームに貢献してくれるだろう。
    トップの3名は足技の凛・空中戦の未央・気づけば点を取ってる卯月と言った感じ。ここの組み合わせは相手のDFラインに応じて柔軟に運用したい所。
    DFラインは、美波が統率。SBのアスタリスクにはひたすら走っていただきましょう。





    こちらは、中盤を厚くした変形型(いわゆる4-2-3-1)。
    ここではトップ下に蘭子を入れてるが、凛や杏でもおk。かな子と智恵理の負担は減るが、FWとトップ下の負担が増えるのが悩ましい所。いっそワンボランチにしてトップ下を2枚にするのもアリか。




    さて、杏の運用法であるが、確かな技術とクレバーなプレイには定評があるものの、体力の無さがどうしてもスーパーサブとして使わざるを得ないということになる。
    そこで、いわゆる0トップの4-6-0を採用してとにかく中盤で杏を介護する形をとる。
    図のようなダイアモンド型であれば蘭子を中心とした攻撃型、ボックス型であれば守備型と切り替えができるのも地味な利点。
    ただ、NG3枚落としで冒険気味ではあったり、やはり智恵理とかな子の運動量は(杏次第で)増えたり、戦術の切り替えがうまくいくかという問題点もあるのも事実。ここらへんはしっかりと戦術の認識度を高めた上でうまく活用したい。


    とまぁ、つらつらと書いてみたが、これだけ個性的な面子が揃っていると監督とすればなかなか悩ましいところであろう。
    是非、暇な時にでも妄想してみてはどうだろう?
  • とある律子派の一般的な愛情 如何にして(以下省略

    2013-07-03 03:001

    律子誕生祭から1週間もすぎまして、ようやくまとめる事ができたのでつらつらと。


    ※『ニコマスとP』の律子P座談会(http://aup1109.blog.fc2.com/blog-entry-77.html)と
    黄兎さんが生放送でやった座談会(タイムシフト期限切れ)を見てることが前提で書いていくのでご了承をば。


    某生放送で律子P座談会の面子について「キレイな面子ですね」と感想を言ったわけですが、
    実際、蓋を開けてみてみれば予想通りキレイな内容でしたね。
    何でかって言えば、「リッチャンハ、カワイイデスヨ」の文句がどこにも出ないから。
    逆を言えば、「リッチャンハ、カワイイデスヨ」と唱えなくてもいい時代になったというわけなんですが。
    めんどくさい子と記事内で言及されてますが、飽くまで(公式・非公式における)律子の言動にて言及されたものであって「何故そうしためんどくさいと思わせる言動をするのか」までは踏み込んでない。

    はっきり言ってしまえば、765プロにはめんどくさい子だらけである。
    千早なんかは分かりやすいし、あずさ・真・伊織あたりも人によってはそう思うだろう。
    主観によるところは多いのだけれど、律子はめんどくさい子というのをちゃんと分析しないとダメだと思う。

    じゃあ、何で律子はめんどうな子なのか?
    はっきり言えば、器用貧乏で頭のいい働き者な、自己評価が低く、年相応でない夢と立場を持ってしまった子だからだ。
    座談会生で言及されてましたが、律子は頭のいい怠け者になれるようになっていけば十分いい女になれると思うのです。
    (ここで言ってる頭のいい働き者とか頭のいい怠け者というのは、
    軍隊における人物評であり前者は参謀、後者は指揮官向きということ。
    もちろん、765プロの他の面々が頭が悪いとかというわけではないので注意)
    頭のいい働き者であることは悪いわけではないけれど、律子が目指してるところはそうじゃないでしょ?
    (アイマス世界における)プロデューサー業ってのは、軍隊における中隊の指揮官相当だと思ってるので、このままだと、マネージャー業の方が向いてるんじゃないの?と言ってしまいたくなる。

    無印の律子ならまだいい。彼女はまだ士官候補生であった。
    けど、2の律子は、どんなに新米でペーペーだろうとれっきとした士官になってる。
    だから、アニマスの律子にしおPは腹を立てるわけです。
    「もうちょっと、なんとかならんかったの?」と。
    だからこそ、しおPは「ボス」派なの。


    もちろん、各個人で思う律子像は当然違うので良い悪いという話ではないのだけれど、
    じゃあ、なんで黄兎さんは座談会生で泣いてしまったのだろう、と思ってしまう。
    律子への愛が深くてと仰ってたけど、ちょっとニュアンスが違うのかなぁと。

    しおPが他のアイドルとの関連やアニマスの話をしたというのは、ネガな部分であるわけで。
    そのネガな部分ってのを考えてなかったから、その衝撃で泣いちゃったのかなぁと思うのです。
    陽があたる所あれば陰ができるわけで。表面をなぞるだけじゃなく、内側も。
    やり過ぎると、冥府魔道に落ちて帰ってこれなくなる諸刃の剣。
    そこでしおPがとどまれるのは、流石よなぁと。
    だからこそ、律子P座談会の方で「リッチャンハ、カワイイデスヨ」が出なかったんだろうなぁ。
    本当、いい時代になったんだなぁ、と若輩者の自分が言ったら関係各所から怒られそうですが。


    まぁ、次のナンバリングタイトルでどうなるか分かりませんが、
    律子にはまだまだ色々と仕事がございますので。



    ていうか、ひどい文章だなぁと読み返しつつ。

    ⊂終わり⊃