【ポケモン】【映画】ポケットモンスター キミにきめた! 感想 ※ネタバレ注意
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモン】【映画】ポケットモンスター キミにきめた! 感想 ※ネタバレ注意

2017-07-15 14:02
  • 3
どうもです。
今年のポケモン映画を見てきたので感想を述べたいと思います。

今回のポケモン映画は速報が出た冬頃から
ずっと楽しみにしていました。
感想を一言で言わせて頂きますと
「20周年を飾る最高の映画」でした。

全体的な流れとしては

サトシとピカチュウの出会い→エンテイとの出会い→葛藤→テンセイ山を目指す
→サトシの死→生き返る→冒険はまだまだ続くぜ!(終了)

といった感じでした
4月辺りの予告編で見た映像は殆どOP前の10分~15分?程度のシーンに
まとめられていました。
予告編をみてアニメ1話のフルリメイクを
期待した人達にとってはガッカリする作品になると思いますが
本編とは別の物語である事を頭の中に入れた状態で
見ると非常に感動する映画だと思います。
少なくとも私は泣きました。

また、音楽が素晴らしかったです。
昔の音楽が多数利用されており流れるたびに全身が震えました。
この映画に対するスタッフさん達のこだわりを非常に強く感じました。
では、全体的な流れに沿って感想を述べていきます。


・サトシとピカチュウの出会い
予告編でもこの出会いについて大きく取り上げられていたので
この話がメインになるかと思っていましたが
OP前の数10分に完結にまとめられていたので
思い切り予想が裏切られてしまいましたw
それでも故首藤さんの考えた台詞がそのまま使われており
脚本家の首藤さん愛を非常に感じました。
実際のアニメの1話よりもサトシが大人びいており
1話の内容と微妙に違っていた部分もありましたが
1話はこうだったなあと比較する事が非常に面白かったです。
ピカチュウとサトシの仲良くなったシーンが終わり
OPに入るとめざせポケモンマスターが流れるのですが
思わず感動してしまい泣きそうになりました。

・エンテイとの出会い
OPが終わるとジムリーダーのエリカを倒し
4つめのバッジをゲットするところからスタートしますが
ここで一つ疑問があります。何で4つ目のバッジを
ゲットした後の話になっているのでしょうか。
ただ単にホウオウに会うだけの話ならば
バッジの数は気にしなくてもいいような気がします。
そこが謎ですね。

ここでサトシはソウジとマコトに出会います。
長くなるので詳しい話は省略しますが
マコトとサトシが雨宿り場所を探している際に
ライバルであるクロスに捨てられたヒトカゲと出会います。
ヒトカゲを助けるためにサトシとソウジと
マコトが団結し、仲良くなるシーンにはグッときました。
特に幼いソウジを助けるためにレントラーが
凍死?したシーンは印象的でした。
ポケモン映画で死を扱ったのは、5作目のラティ兄弟
8作目のルカリオ(正確に言うとパートナーの元へ帰ったのだが)
と合わせて3回目だと思います。

・葛藤
クロスとのバトルに負けたサトシが苦しむシーンがメインでした。
クロスのガオガエンにサトシのリザードが負けたのですが
もうかを利用したクロスのバトルを見てDPのシンジを思い出しました。
ここでサトシは「ピカチュウだったら勝てたかもしれないのに」や
「最初のポケモンがゼニガメかフシギダネだったら良かったのかもな」
みたいな台詞を言ってしまいます。
アニメを1話から見てきて今まで闇落ち(AGでは操られて闇落ちしていますが)を
見たことが無かったので何だか新鮮でした。

・テンセイ山を目指す
テンセイ山に行く途中でピンクのバタフリーが現れるのですが
サトシのバタフリーがピンクのバタフリーに恋し
繁殖のためにバタフリーがサトシとお別れするシーンに涙しました。
このシーンでアニメのバイバイバタフリー回を思い出しました。

テンセイ山にて虹色の羽を置く場所である三角岩を目指している際に
クロスと再度バトルをする事になりますが
途中でサトシのリザードがリザードンに進化します。
それによりサトシが勝利します。
その後サトシが持っていた虹色の羽をクロスが奪い取り
クロスが三角岩に置くとマーシャドーが闇落ちしてしまいますが
何故にマーシャドーが闇落ちしたのかよく分かりませんでした。
個人的にはマーシャドーはただ見守るだけで
何もしない上に闇落ちまでするんだと考えると何だかなあと思いました。

・サトシの死→生き返る→冒険はまだまだ続くぜ!(終了)
サトシはピカチュウを助けるために
モンスターボールに入れと言いますが
ピカチュウは「いつも一緒にいたいから」と
喋ったシーンが印象に残りました。
そのシーンにサトシとピカチュウの
絆の深さが強く描かれていました。

その後サトシはマーシャドーに操られたポケモン達の
一斉攻撃をくらい、消えてしまいますが何故か生き返ります。
ピカチュウがサトシを求めるシーンは
涙無しでは見られませんでした。
その後、ホウオウとバトルし一度ポケモンセンターに戻った後
ソウジとマコトと別れて映画が終了します。
EDに歴代のサトシのパートナーが出るのですが
タケシが出てきた時は思わず感動しました。
最初にタケシが出てきてセレナで終わるという流れが良かったです。
ソウジとマコトという新しいパートナーを出しつつも
歴代のパートナーを出してきた事には
スタッフさんのポケモン愛を非常に感じて感動しました。


今回のポケモン映画はここ近年の中で一番感動しました。
久々にポケモン映画で涙出来て本当に良かったです。

ポケモン好きは是非見て欲しい映画です。
広告
×
簡潔に感想をまとめられていて、すごいなぁと思いました!1回だけでは私にはこの感想書けませんw
41ヶ月前
×
共感できる感想です。
マーシャドーが腑に落ちないのもすごくよくわかります。
AGの闇落ちがあまりにも激しかったので、今回のは闇落ちとまでは言えない感じもしますね。
主様の使ってらっしゃる「葛藤」という言葉のほうが合っている気がします。
41ヶ月前
×
>>4つめのバッジをゲットするところから
サトシは「これで3つめです」と言ってました。アニメだとエリカの前にナツメと戦ってて本来5つ目のバッジなので、タケシやカスミとは会ってないって意味かもしれないです。

マーシャドーを除けば本当面白い映画でしたね。
41ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。