【映画】【ポケモン】※ネタばれ注意 ポケットモンスター みんなの物語 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【映画】【ポケモン】※ネタばれ注意 ポケットモンスター みんなの物語 感想

2018-07-13 13:39
    皆様ご無沙汰しています。
    もはや、ポケモン映画の時にしか更新しなくなったこのブロマガですが、
    今年もポケモン映画を見てきましたので、早速感想を書きたいと思います。

    一言で感想を言いますと・・・後半めっちゃ泣きました!

    まず全体的に良かった点を上げますと
    ・野沢雅子さんの声が役にあってた(全然悟空の感じがしない)
    ・ゲームのポケモンの曲のアレンジが良かった
    ・サトシを通して皆がまとまっていく姿や成長していく姿に感動した

    って感じです。

    昨年はネタバレしすぎた感があるので項目毎に良かった点だけ
    述べていきたいと思います。
    まずは物語を項目毎に分けていきたいと思います。
    今回は細かく分ける程でもないので大体をストーリー順にならべますと・・・

    1.みんなの物語の主役たち全員が出会う前
    2.みんなの物語の主役たちが集結後(←ここが熱い)

    って感じですね。

    1.みんなの物語の主役たち全員が出会う前

    正直前半部分はストーリーを追うのに必死であまり覚えていないです。
    私自身、多くの要素を一度に処理するのが苦手なため
    前半部分をどう説明すればいいか分からないです。
    ただ、個人的な見解としては「まとまりのないそれぞれの事情や
    ストーリーがあってからこそ、後半に感動が生まれる」と思いました。

    前半で印象に残ったシーンはサトシが躊躇せずポケモンをどんどんゲットしていた所ですね。
    アニメでは今までゲットした事のないようなポケモンをゲットしていたので新鮮でした。
    次に、カガチの嘘がトリトによって公にばれるシーンも印象的でした。
    普段からろくな事をしていないと、こんなでかい
    不祥事に合うんだなあとしみじみ思いました。
    後はゼラオラの真実が分かるところも印象的でした。
    恐れられるような事をしていた訳でなく、実は悪い人から庇うために
    街ぐるみで嘘の伝説を反映させてたという展開が意外でした。


    2.みんなの物語の主役たちが集結後

    先ほども述べた通り、前半のまとまっていない話の展開があってこそ
    後半の団結した時の感動が生まれたんだと思います。
    後半はサトシの一言を通じてみんなが成長していく姿が印象的でした。
    特にトリトが自分から指示を出すシーンや、ヒスイが力を合わせようとするシーン、
    カガチがウソッキーと共に強くなろうと決心したシーンは感動物でした。

    ウソッキーがカガチの事を思って涙するところには号泣しました。
    昨年の「キミに決めた!」のバイバイバタフリーのシーンよりも泣きました。
    自分一人では弱くても力を合わせれば強い力になるという点でも
    嘘をついてても、カガチがリリィの事をどれだけ思っていたのかが
    凄く伝わる非常に良いシーンだったと思います。

    ヒスイが火事でブルーを亡くした事情からポケモンと関わろうとしなかった
    という理由は意外でした。ヒスイの周りにいたポケモン達だけでなく
    幽体となったブルーも後押ししているシーンも号泣しました。

    サトシがゼラオラの電撃を受けた時はまた死ぬのかなと思いましたが
    さすがに前作と同じ展開ではなくて良かったです。
    その後、ゼラオラが少しずつ人間たちに心を開いていったシーンもグッドでした。



    今回印象に残ったシーンは以上になりますが、ここは惜しかったなあと
    思った点があります。それは「ゼラオラ・ルギアが思った以上に活躍していない」点です。
    特にゼラオラは非常に人気があるポケモンでもあったのに話の中盤からの登場、
    前売り券の特典にもなってた風のルギアの登場は終盤のみというのが残念でした。
    個人的にはもう少し活躍して欲しかったなあと思います。
    あとこれは、個人的な要望ですがゼラオラの声が
    もう少し高かったら私好みだったなあ・・・と思いました。


    今回の感想は以上になりますが個人的には来年の映画が今から楽しみです。
    ミュウツーの逆襲のリメイクなのかミュウツーの逆襲を元にした
    オリジナルストーリーになるのか分かりませんが、
    本編が終わった後の市村正親ボイスに思わず「まじか!」と言葉を発してしまいました。
    個人的にはオリジナルの設定をそのままに映像などパワーアップした
    完全フルリメイクだったらいいなあってのが希望です。

    とにかく来年の映画が楽しみすぎて仕方がないです。
    また来年もポケモン映画の感想を更新しようと思いますので
    どうぞ、お付き合い下さいませ。
    ここまで読んでくれてありがとうございました。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。