【ポケモン】アニメで印象に残った話(出来るだけマイナーな回)を語る 無印・カントー地方編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモン】アニメで印象に残った話(出来るだけマイナーな回)を語る 無印・カントー地方編

2015-05-23 23:46
    どもです
    今回はポケモンのアニメで印象に残った話を
    記事にしていきたいと思います


    出来るだけマイナーどころを集めていきたいと思います
    といっても、無印のカントー地方の話はどれも印象に残りやすいですよね






    第15話 サントアンヌ号のたたかい!

    簡単に話の流れを話しますと
    ロケット団からサントアンヌ号の乗車チケットを貰い
    船でバトルや一時的なポケモン交換、ロケット団と戦っているうちに
    嵐にあってしまい、船が沈んでしまい、サトシ達のみ取り残される
    ・・・という話だったと思います


    この回で印象に残った事と言えば・・・




    船長
    ちなみに↑の画像のシーンは
    客に沈まないの???とせがまれている時に
    「この船は絶対に沈みませんよ!」
    と、ごまかしているシーンです


    この回があった年は丁度、映画「タイタニック」が大ヒットした年でもあり
    船の沈み方や船長の言い草など、やたらタイタニックに似ていますw
    この船長、本当に無責任で最低な人でしたwww




    「沈みませんよー」と言いながら自分だけさっさと脱出したり





    何とか避難した乗客達に
    「この中でいない人がいたら返事して下さいー!」
    みたいな事を呼びかけ、
    「うん。みんな無事だ。良かった良かった」
    と、ごまかしてしまう。なんて無責任なw


    なお、この時サトシ達は、まだ船内に残っていますw







    第16話 ポケモンひょうりゅうき

    簡単な概要としては
    15話で船に残されたサトシ達(ロケット団含む)は
    何とか脱出しようと手持ちポケモンの力を借り、見事脱出に成功するが
    14話でコジロウが給料を前借りして買ったコイキングを
    「使えない」と言う理由で捨ててしまう
    その後、コイキングはギャラドスに進化しサトシ達を襲う
    ・・・という感じだったと思います


    この回は「コイキングは皮と骨と鱗しかない」という事も印象的ですが
    やはり・・・




    「使えないどころか、食う事も出来ないなんて・・・お前なんかいらねーよ!」
    みたいな事言ってコイキングを蹴飛ばしてしまうコジロウが印象的ですねw
    その後、すぐに体が光り、ギャラドスに進化してしまいました
    それだけでなく、仲間を呼んでしまいます
    にしても・・・




    仲間を呼ぶギャラドス・・・
    まるでチンアナゴみたいな立ち方してますよねwww





    そして、このポーズの状態で輪になってぐるぐる回り
    「りゅうのいかり」をくりだす


    ・・・なんかシュールすぎませんかwww?
    こんなにいかつい顔をしているのに、動きが変www
    変というか動物らしいって感じですけど
    今のシリーズではありえないような動きをしています
    この話はギャラドスに大爆笑させて頂きました



    なお、この回の印象から
    ゲームで私のギャラドスのあだ名は「ちんあなご」と名付けています


    ちなみにカスミ曰くアニメでの「りゅうのいかり」は
    「絶対によけられない最強の技」という設定らしいですが
    実際のゲームでは60ダメージしか与えられない技です






    と、こんな感じでたまーに
    ポケモンアニメの好きな話を取り上げていきたいと思います
    ではでは、読んでくれてありがとうでしたヽ(*´∀`)ノ



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。