【ドラえもん】大山さん時代の作画からドラえもんの描き方を考察する Part2
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ドラえもん】大山さん時代の作画からドラえもんの描き方を考察する Part2

2015-06-07 02:13
    前記事の続きです


    長くなりましたが、そろそろ描き方の方を・・・
    前記事の一番最初に載せた私の絵と90年代以降のアニメの絵を見て
    描く上でのポイントを以下のように考えてみました


    ・ヒゲを白い部分より内側に収める
    ・目の丸み、額の青と目の大きさ
    ・腕
    ・足




    ・ヒゲを白い部分より内側に収める
    前記事の画像を使い回します




    お分かり頂けたでしょうか?見たまんまです


    ・目の丸み
    目に関してですが
    ドラえもんの目はコンパスで描くような「まん丸」ではありません
    少し分かりづらいですが、前記事の画像の目を拡大してみると















    何となく「まん丸に近いが、ほんの少しだけ縦に長い」事が分かりませんか?
    要するに描く上では

    まん丸に描いてはいけないが、限りなくまん丸に近い円を描き、縦長すぎてもいけない


    という事だと思います。いや、これ難しすぎでしょ


    ・額の青と目の大きさ
    ドラえもんに額があるのか微妙ですが、とりあえず画像を・・・



    こちらが81年のやつ




    こちらが05年3月のやつです


    2つの画像を見比べて、顔が全然違うの分かりますか?
    これ、目の大きさと、額の青い部分の広さが違うんです

    上の古い作画では青い部分が多いですが
    下の新しい方では額の青い部分より、目の白さの方が目立ってます
    以上を踏まえて

    目はなるべく大きく描く。額の青さよりも、目を大きく見せる事が重要

    という事かと・・・


    ・腕
    絵描き歌通り、「6月6日にUFOが(省略)落っこちて」
    と描いた場合の片腕が以下の画像です





    6の部分と落っこちての部分を無理やり繋げている感じになってますが
    アニメの腕は、こんな感じに






    肩から手首に掛けて細くなっている感じがしませんか?
    そして、丸っこい




    ・足
    歌の通り「落っこちて、お池が二つ出来ました」とそのまま描いた時の画像です



    アニメの足と見比べますと







    アニメの方が足元が境目が分かりやすく、丸っこい事が分かりませんか?
    という訳で



    こんな風に先に丸っこいズボンを描いてあげて



    その後、足を描いてみました
    これで、アニメの足に近づいたと思います




    以上のポイントを踏まえて描いたドラえもんがこちらになります






    こんな感じになりました。少しはアニメの絵に近づけたのではないかと・・・
    あと、顔のパーツのバランスを見るために
    中心線は描いた方がいいかと思います



    子供が描けるようなシンプルなキャラクターほど、案外簡単に描けそうですが
    そういうキャラクター程、基本の形が重要になってくるため
    基本がしっかり出来ていないと、そっくりには描けないものなんですね




    今回、考察してみて、今の作画さん達を含め
    改めてドラえもんの作画スタッフさんの画力の凄さが身にしみました((((;゚Д゚))))



    では、ここまで読んでくれてありがとうでしたヽ(*´∀`)ノ
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。