絵を何故描き続けれないか?を考えてみる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

絵を何故描き続けれないか?を考えてみる

2018-01-24 20:23
    絵を描き続けれない・・・、と言うか何をやってみても続かないって方いませんか?私もその一人です何故そうなのか?を考えてみました

    よくある、やる気が出ない、努力が出来ない、集中力が出来ない等言われる方が多いですね?

    私が考えた結論から言いますと・・・

    やる気が出ない、当たり前です

    努力が出来ない、当たり前です

    集中力が出来ない、当たり前です

    これらを大半の方が出来ればそもそも皆さん超優秀ですし、上記の悩みを抱え込まないからです、そして何故出来ないのか?を間違ってるかもしれませんが自分なりに考えた結果・・・

    やる気ですが自然界で考えてみてください、そもそも不要な事を態々しますか?
    肉食の動物であれば、例外はあるかもしれませんが空腹でない限りは寝っ転がってのんびりしていると思います、それは合理的なんですね、体を動かさない事によりエネルギー消費を最小限にしているからです、だから無意味に走り回ったりしないって事です

    現代の人間の社会と言うのは自然の状態から切り離された不自然な状態です、なので絵以外にも勉強、スポーツもですがそもそも自然には無い物事ですのでそれらに動物的な側面から対応していないと思うのです

    集中できないもですが、逆に自然界だと集中し過ぎてしまうと危険ですよね?何故ならそれしか見えてないって事は外敵から襲われる可能性が格段に上がってしまうからです、食事に集中し過ぎてしまい背後を狙われる・・・て事もありそうですね?なので集中が出来ないというのは身を守る術であると言う事です

    つまり、多くの問題はそもそも自然で生活している前提(狩猟時代)では問題になっている事の多くが生き残るための必要な人間の能力が現代社会になって弊害となっていると言う事です
    話は変わりますが似たような例で生活習慣病もそうですね、自然状態ではいつ食料にありつけるかわからないので食べた食料を脂肪として蓄える機能だったものが現代の飽食の時代にはその蓄える機能が仇となり肥満になってしまっていると言う事です

    そして努力が出来ないですが、そもそもが努力とは相対的な言葉だと思うのですよね、過半数以上の人が出来てしまうのであればそもそもが努力とは言わない、”それは当たり前”になってしまうと思うのですなので努力が出来る状態とは常に多くの人が出来ない状態の事を出来る”一部の人のみ”をさすと思うのです

    ですから何故続けれないか?問題はこれらの事が関係してくると自分は思っているところです
    • 前の記事
      これより過去の記事はありません。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。