MTG(Arena)をはじめてみようかなというすべての人へ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MTG(Arena)をはじめてみようかなというすべての人へ。

2019-02-11 12:04
    この度、MTGArenaが日本語化されるので、MTGを触ったことがないけれど、HearthstoneやShadowverse、ドラゴンクエストライバルズは触ったことがあったり、Esportsに興味がある人向けにMTGと他カードゲームの違いについて説明していきたいと思う。

     まずは導入からだ、導入についてはいろんなサイトで詳しく書かれているので割愛するがhttps://magic.wizards.com/en/mtgarena でダウンロードしてスタートだ。2/15から日本語にも対応すると思うが、2/11現在はまだ英語のみの対応だ、不安な人は2/15以降にアクセスしてほしい。

     ではMTGArenaをインストールして最初のよくわからないチュートリアルを実践するあたりから説明していこう。

     相手のライフを削り切ったり、デッキを切らせたりすると勝ちなのは他DCGと概ね同じだが、MTGArenaの他DCGのと大きな違いはいくつかある。

    マリガンすると初期手札が減る。(初期手札は7枚)

    マナ(マナクリスタル・PP)が勝手に増えない。増やそうとするには原則「土地」カードをプレイする必要がある。

    ・他DCGでは顔面を殴るかクリーチャー(ミニオン・フォロワー)を殴るか、攻撃側のプレイヤーが選択するが、防御側のプレイヤーに顔面を殴らせるかどうかの選択権が与えられる。

    ・干渉できる対象は対クリーチャー(ミニオン・フォロワー)だけではない。手札にも、マナにも、プレイしようとするカードそのものにも干渉できる。

    タフネス(体力)がターンごとに回復する。クリーチャーを破壊するには、ターン内にタフネスをゼロ以下に削る必要がある。

    相手のターン中にも相手に干渉できる、インスタントカードというものが存在する。

    ・(個人的主観だが)ランダム要素が少ない。

     MTGのプロたちからするともっと違いがあるのかもしれないが、カジュアルに思いつく違いはこんなところである。他カードゲームに飽きてしまった人からすると面白そうな要素が詰まっているのではなかろうか。もちろんMTGArenaも飽きてしまうかもしれないが、他カードゲームと違い選択肢が必然的に増えるので、飽きづらい作りになっているとは思う。それはMTG(紙の媒体)が20数年続いていることが証明している。

     ここまではチェスや将棋でいうところの駒がどう動くかくらいの説明しかしていないので、次回以降の記事や配信では「どう動かせばゲームがおもしろくなるのか」というところに主眼を置いて書いていこうと思う。何しろ2014年ぶりに記事を書いて思ったより疲れたので、今日はここまでにしておきたいと思う。今は全然MTGArenaと関係のない生放送もしているが、2/15以降はMTGArenaの配信も増えると思うので、よかったら見に来てほしい。では。

    【ニコニコミュニティ】あおひちゃんねる

    【ニコニコミュニティ】あおひちゃんねるの生放送
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。