遊戯王デュエルリンクス:デッキ紹介第9回『KCカップ1stステージを戦い抜いた』デッキ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

遊戯王デュエルリンクス:デッキ紹介第9回『KCカップ1stステージを戦い抜いた』デッキ

2019-02-17 21:49
    遊戯王デュエルリンクス:デッキ紹介まだやってるぜぃ。




     今回は無課金(強調)だけどKCカップをうまいこと勝ち抜いたので使ったデッキを晒してみる。普段ランクマは月間120勝を目標にぬるぬるやってたのだが、2月期に初めてレジェンドに上がれたデッキで続投してみたら行けた。


    D.D.アサイラント×1
    幻影の壁×1
    ゼンマイジャグラー×1
    ラーの使徒×3
    異次元の戦士×1
    無の煉獄×1
    死者への供物×2
    局所的ハリケーン×1
    封魔の矢×3
    猪突猛進×2
    打ち出の小槌×2
    狡猾な落とし穴×1
    スリーカード×1

     回し方は相手のブロッカーを《死者への供物》か先手で伏せといた《異次元の戦士》等で速やかに除去してから《ラーの使徒》「絆の力」かけて《封魔の矢》《局所的ハリケーン》で抵抗力を奪い、攻撃力:1400×3で一気に勝負を決める。
     結局、相手のデッキが始動する前に瞬殺するのが一番勝率がいいという結論に至ったので大分前に海外ニキに使われたデッキの改造してみた。海外ニキは多分ベトコンだったに違いない、もしくはマッチョネイビー。


    ベトコンは大人しく貴様のヒサツ・ワザの披露を待っていてはくれんのだ。」



    《ラーの使徒》3体で同時攻撃することからこのデッキの名前は、
    『使ッ徒ストリームアタック』(ドヤァァァァ)とする。



    「ガイア、オルテガ、マッシュ、ジェットストリームアタックを仕掛けるぞ!」
    「誰だお前」
    というコピペが有名だが、指示していたのは、
    という事実に気づいてしまった。あかん、サンライズに消される。

     このデッキの最大の利点は勝つにしろ負けるにしろ一試合が一瞬で終わるってところ。連戦向きだ。コアキメイルと似ているようで完全にあっちの方が上位互換だけどな!
    コアキメイルと初めて当たった時のなぞのて

     どうせ短期決戦しかけないと勝てないんだからと割り切るとデメリットを無視できる《死者への供物》《無の煉獄》がむちゃくちゃ強く感じる。
     弱点はLPが4000以上になるヤツと《底なし落とし穴》。一斉攻撃に全リソースをつぎ込んでるのでクリボー系も使われるとまずいが《スリーカード》で一応リカバリーできる可能性もある。《狡猾な落とし穴》積んでるからホントは他に罠なんか積みたくないんだが、来ないことを祈りたい。

     除去カードの選定はとにかく1対多数交換を狙ってたので初期型では《波紋のバリアウェーブ・フォース》とか《分断の壁》が入ってたんだが、流行りのアンティーク対策で攻撃宣言型の罠は抜いた。コアキメイルに対しては何の対策もできなかった。忌々しい《金剛核》めが。

     モンスターの選定基準は除去能力持ちかつ攻撃力1000以上であること。戦闘力がない《ハネハネ》とか対象指定できても下手に場に残る《スノーマンイーター》とかはNG、戦えないなら退場してくれ。課金するなら全部《ゼンマイジャグラー》にするけどね。

     除去と使徒と伏せ対策が揃えば勝てると見込んで《マッドリローダー》を3積みしてみたこともあったが、精神分析の結果コアキとアンティークにやられすぎて一時的発狂しただけだと診断された。

     最近、もう一つかなりお気に入りのデッキができたので近日投稿予定。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。