【秋元議員の収賄に関して】ガ〇アが害悪な話①
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【秋元議員の収賄に関して】ガ〇アが害悪な話①

2020-01-19 21:33
    ※カクヨムのものを転載

     久々にエッセイを書きますが、2019年末もいろんなニュースがありましたね。

     一番は、フジモン、ユッキーナの離婚ですか…‥

     いやいや、イラクとアメリカの話ですよ、勿論。

     逆によくね、報復なく収まったなと思うわ。まあこれに関しては違うときにちゃんと書こうかな。

     さてタイトル通り今回は秋元衆議院議員のIR関連企業からの贈収賄での逮捕の話です。
     簡単に事件をウィキより抜粋。

    「自民党の秋元司は2019年12月25日、統合型リゾート施設への日本参入を目指していた中国企業に便宜を図る見返りに現金数百万円を受け取ったとして、収賄容疑で東京地方検察庁特別捜査部に逮捕された」

     国会議員なのにこれを堂々と受け取ってしまう(名目はいろいろあるんだろうけど)のが大丈夫と思えるのがまずすごいなと思ったが、それ以上に後日、株式会社ガ〇アがこれに関連して家宅捜査を受けていたことにびっくりしてしまった。
     このIR誘致企業の一つにガ〇アがあり、秋元に顧問料などをわたしていたというのだ。

     またガ〇アか……。

     伏字にする必要あるかね。

     ガ〇アというのは害悪である。
     いや、いやってこともないか、まちがってない、確かに害悪なのだから。
     ガ〇アというのは大手パチンコチェーンであり、ダイナム、マルハンに続いて業界3位である。

     で、またガ〇アかっていうのは、以前この会社、社長が麻薬で捕まっているのである。

     そして以前もいったと思うが、わたくしそこそこ上の方の国立大を出ておきながら、なぜか一番最初の就職先がこの株式会社ガ〇アだった。
    (そのくらい当時の俺パチンカスでした)

     ゆえにガ〇アには敏感なのだ。

     
     1年もたたずに辞めたけどね。
     あーぁ、ほんとうにやめてよかったと今改めて思うわ。

     まーねガ〇アっていうのはこういう会社よ。
     わかっていたんで驚きもしない。
     ブラック中のブラック、黒すぎて光をも飲み込むレベル。

     客に対しても害悪なのはもちろん、従業員にとっても害悪。
     今回はなんと国に対しても害悪だった事実を示したのである。

    というわけでその従業員側からの害悪っぷりを書くよ。
    16年前の記憶だけどね。
    なるべく脚色しないように事実を書きます。

    まずねいろいろおかしいんだけど。
    まずは

    ①「みなし残業」

    俺この会社入って初めてみなし残業って言葉知ったわ。お恥ずかしながら。(みこし残業って呼んでたかも)
    要は残業がある程度前提であるので、残業をしてもしなくてもある程度の残業代を見込んで給料に組み込んであるという制度。
    それゆえに、いくら残業しても給料は固定。
    残業しなくてもその分もらえるけど、そんなことがあるはずもなく。

    しかもこの会社はその残業台まで含めた額を初任給として、リクルート向けに発表してたんよね。やばくない?

    で、これが違法かというと。
    みなし残業自体に違法性はない。

    ただし、既定の残業代、みなした残業代を上回る分の残業をした場合にはそれに対して会社は給料を支払わないと違法になるのだ。
     で、もちろん、ガのお店はアウト!
     みなし残業をタテに残業させまくりだった。少なくとも俺がいた店舗では。
     朝7時から働き始めて、朝の5時までに終わることもあったし。
     そもそも終電過ぎる前提だから、店舗の近くに寝る様の部屋があった。
     今思えばそれやばいよね。

     残業のサブスク(残業代を払っておいてあるので、働かせ放題)ってやつだぁなあ、まあ今なら完全アウトだけど、当時だったらそんなもんかあって感じだったように思う。
     働いてた時だっておかしいなあとは思ったんだけど、それを言える状況じゃなかったんだよね。

     やめた後その分について請求しようって発想すらなかったわ。

    ② 洗脳
     先ほど言った言える状況じゃない理由がこれ。「洗脳」
     俺は、この会社に洗脳されていたと思う。

     まあこれはすべての会社について言えるんだけど、新人研修期間、これがやばい。
     新人研修とは、洗脳のための時間なのである。
     パチンコっていう限りなく人や国家にとって害悪な存在を、相当な時間をかけて正当化していく。そもそもつとめてる奴は、みんなパチンカスなので、この正当化を喜んで受け入れていくのだ。
     巨大産業だから経済的に国のためになってるとか。
     多くの人の働く受け皿になってるとか。
     そりゃ、まちがっちゃねーけどね。

     詭弁というほかない。

     保険屋とかも同じようなことをするって聞くなあ。
     保険屋はアメリカでは尊敬されてる仕事だとかね。

     保険屋はともかく、パチンコ屋が尊敬されること絶対ねーからな。

     そしてガ〇アではとにかく会社へのロイヤリティーを高める教育をしていた。基本今と違って当時は優等生でいたいという思考でしたからね。忠誠心をもちましたよ。
     残業してる俺えらい、「会社のためになってる」みたいな
     そう、俺はきっちり洗脳されてました。

    ③ 客に対する敬意のなさ

     これは従業員の客に対するってことじゃないんだ。
     そこはすごいよ、徹底的に研修で仕込まれるからね、お辞儀の仕方とか笑顔とか。
     最初は思ってたよ「客はそんなん求めてねぇよ、出玉だよ」って。
     でも、洗脳されていくうちに、これを客が求めてるって勘違いするようになった。
     「えがおと接客で」客が呼べれば、それが会社の一番利益になるって言葉を真に受けた。
     もう、やば過ぎよ!

     で、その出玉という客に対する敬意がこの店は最低だった。

     まずはスロットの設定。
     信じられるか、ハイモード許可書っていう紙を本部に届けないと店は設定5・6を使えないんだよ。
     しかもその許可書に必要なハンコの数が確か5つ。いや、7つだったか。3つではなかったはずだ。
     なので基本的にかなりアツイイベントでも設定5・6が入ってることなんてない。

     今は知らんよ、当時の話ね。もしガ〇ア社員が見てたらコメントほしいな。

     あと正月、GW、お盆の設定はもちろんベタピン。
     つまりはオール1。
     いやあ、楽だよね。設定のうち替えが。

     あるかもしれないとか疑う必要ありません、ガ〇アはオール1.
     まあ、基本的にオール1なんですけどね。

     もちろん今は知らんよ。


     さらに新台は何もしなくたって客が付くからオール1。
     パチンコだったら、かなりへそ穴締め付けます。

     だから新台うちに行ったらあかんよ。

     もっともみんなそんなの承知してるから、若いやつはこの店には絶対行かないのです。

     でも働いてた当時、ガ〇ア 〇瀬てんはなぜか毎朝高齢者が並んで海の台を取ってたんだよなあ。
     今思えば、いや、当時から、謎だった。


     ほかにも何だこりゃっていうのいくらでもあるんですが、
     反響があるようならば続きを書きます。

     このガ〇アと秋元議員のIR問題については
     N国党の立花氏が言ってたのでそちらを見てください。
     リンク張っておきます

     https://www.youtube.com/watch?v=aGBSyMOv96I




    新作 「サキュバス夢想」をよろしく

    https://kakuyomu.jp/works/1177354054892973390/episodes/1177354054892974498
     


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。