ヴァフトーム~ニバコリナ サイコロの旅 前編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ヴァフトーム~ニバコリナ サイコロの旅 前編

2018-07-08 15:30
    改めて、ルールを説明しよう。
    • ヴェント編「騎士団への荷物」終了後のヴァフトームからニバコリナを目指す
    • 現時点で行動可能な行き先とシナリオをリストアップ
    • サイコロを振って出た目に書かれた場所へ移動
    • 出た目がニバコリナとは逆方向であっても、そこへ行かなければ次のサイコロはふれない
    • これを繰り返してゴールのニバコリナを目指す
    制限時間は2時間に設定した。
    プレーはSCPH-90000+HORIコマンダー(連射等は使わず)、
    サイコロはこちらのサイトを使用。

    実は、この試走は1回目ではなく3回目。
    最初の2回はこれと言ったできごともなく、
    1回目は時間切れ、2回目は50分弱で見事ゴールしたのだが、
    録画の際に大きなノイズが入り続けたり、
    録画サイズの設定をミスしたりしたため泣く泣く取り直すことにした。

    こうして迎えた3回目。
    録画自体はうまくいったのだが…。

    1回目の選択



    スタート地点ヴァフトームでの1回目の選択肢はこの6つ。


    いきなりセリン行きの危険な目が出現している。
    5、6はヴァフトームのサブイベント。
    そして一行が出した目は3。しかし…


    運びを受けられないというまさかの事態。
    のっけから、いきなりつまづく。

    改めて振り直して出た目は4のツォロフェロ。
    剣難峡はギリギリ回避した。


    ツォロフェロ到着時のパネル交換。
    犬がこなしL2をひいてきた。

    2回目の選択~

    ツォロフェロではゾマー行きを引き当て、
    今回も剣難回避に成功する。
    そしてゾマー到着時のパネル。


    なぜかフランシスまでこなしL2をひく。

    ヴェント編のゾマーはサブシナリオがない。
    5,6の目が必ず振り直しになる町だ。
    そんなチャンスタイムの町で…


    ニバコリナ行きの目が出現。25%の確率でゴールできる。
    しかし出た目は4。ロングシャンクへ逆戻りとなった。

    続くロングシャンクで引いたのは遠回りのチャパ行き。


    RTAでは見ることのない、ガデイラ~チャパの街道を通ることになった。


    既に退屈し始めているヴェント一行。
    タイマーがついているのに宝箱も開けようとしだした。


    その甲斐あってかどうかは知らないが、
    術合成L2をひく。

    5回目の選択

    そして迎えた、チャパでの5回目の選択肢はこの6つ。


    出た目は「3」。
    ついに出た。
    先ほど歩いてきた街道を今度は南下。
    ガデイラからツォロフェロを経由して、
    アンサガ屈指の難関、剣難峡を通ってのセリン行き。


    ツォロフェロまではこれといったこともなく剣難峡へ向かう。
    しかしヴェント一行はここで、
    とんでもない光景を目の当たりにすることとなる。

    後編に続く。

    おまけ

    試走の1回目と2回目の経過。




    1回目は動画に延々ノイズが入り続けてしまい、
    2回目は画面が横に間延びしてしまった。
    2回目にかかった時間は50分弱。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。