Windows 10 のドライバーの自動インストールで Windows Update を参照させない方法
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Windows 10 のドライバーの自動インストールで Windows Update を参照させない方法

2017-02-13 15:48


    Windows 10 バージョン1607(RS1、Anniversary Update)の「デバイスのインストール設定」は実はちゃんと機能していません。(設定を変更しても該当のレジストリの値が変わらない)
    ちなみに、一番最初の Windows 10(TH1)は問題なく設定できます。Windows 10 バージョン1511(TH2、November Update)は確認していないので不明ですし、バージョン1511 の環境を用意できないのでこれからも確認しません。

    デバイス接続時のドライバーの自動インストール時に Windows Update を参照させないようにするためには直接レジストリをいじる必要があります。

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\DriverSearching]
    "SearchOrderConfig"=dword:00000000

    またはポリシーで制限することも可能です。

    コンピュータの構成 → 管理用テンプレート → システム → ドライバーのインストール → Windows Update でのデバイス ドライバー検索のプロンプトをオフにする

    Windows 10 Home はローカルグループポリシーエディターがないので直接レジストリをいじります。

    [HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\DriverSearching]
    "DontPromptForWindowsUpdate"=dword:00000001

    一部の画像は Windows 8.1 の物ですが、いずれも Windows 10 Home バージョン1607 でちゃんと機能することを確認しました。(2017年2月13日現在)

    ふつうは両方同時に設定する必要はありません。いずれか片方で十分です。
    しかし、今後の大型アップデートでいずれか片方が使えなくなるかもしれないので両方覚えておくといいかもしれません。

    両方ダメになる可能性もあるかもしれませんがそれは無いと思いたいですね…。
    現に バージョン1607 になってもともと Windows 10 Pro で設定できていたポリシーが Windows 10 Enterprise 専用になったりしていますしね。個人ユーザーを捨てて高い Enterprise のライセンスを企業に売りたい Microsoft の汚い戦略


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。