新PCの起動直後が重いので徹底的にいじり倒してみた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新PCの起動直後が重いので徹底的にいじり倒してみた

2018-04-19 12:52

    前回(ar1473653)スーパーフェッチの設定を変更してみたものの、結局スーパーフェッチの変更ではあまり効果を感じられなかった…よくよく考えれば Windows 7 以降スーパーフェッチの挙動は改善されたと記憶しているし、ほかにアクティブなアクセスがあればスーパーフェッチによるアクセスは控えめになるので効果を感じられないのは当たり前である。

    と、いうわけで過去の記憶を頼りにこういうのを分析する Microsoft 製のツールがあるのでそれを探してみることにしました。

    Windows Performance Analyzer
    https://blogs.technet.microsoft.com/yukinork/?p=635

    これがそのツールです。
    インストールの仕方や使い方については上記のサイトを参考にしてください。
    ストレージの遅さが足を引っ張っていることが分かっているので Disk I/O activity や File I/O activity のみにチェックを入れてデータを取得してみました。
    また、そんなに正確な情報でなくていいので Number of iterations を1にしました。


    System は USN ジャーナル の読み込みが大半を占めていました。これはどうしようもありません。

    ekrn.exe は ESET Internet Security(セキュリティーソフト) なのでこれも下手にいじるわけにはいきませんが、スタートアップスキャンのタスクを無効にし、リアルタイムスキャンを信じることにしました。※セキュリティ上のリスクが上がるのでお勧めできません。

    svchost.exe …、いまいち WPA の使い方を把握していないのでこれが何のサービス群なのかわからず、リードまたはライトしているファイルから netsvcs かな?と当たりを付けて netsvcs に属するサービスから自分にとって不要なものを無効にしてみる。

    RadeonSettings.exe はタスクスケジュールによって起動します。「Radeon 設定」は使用するので止めるわけにはいかないので、起動を遅延させてみる。

    RadeonSettings.exe は StartCN タスクによって起動します。

    また、いくつかのストアアプリ(大半が通常の方法ではアンインストールできないもの)がスタートアップ時に起動しているので、自分にとって不要なものを CCleaner を使用してアンインストールしてみる。

    ローカルグループポリシーで自動更新を停止しているのにもかかわらず、手動起動に設定している Windows Update サービス(wuauserv) が起動してくるので、これを起動させようとするタスクスケジュールを無効にしてみたのにもかかわらず、再起動してみると無効にしたタスクが有効になっており、Windows Update サービスも起動してくる。Update Orchestratorは起動しないのに…というわけで仕方なしに無効化。

    これらをやって劇的に!なんてことはないが、ようやく常用に耐えられるレベルになりました。
    ダメ押しに先述のブログの中にある「ブート強制最適化」をしておきました。(これは時間がかかるので実施する場合は要注意。)


    さて、先の記事でハードの性能が進化したので下手にいじらないほうが安定して使えると述べたのは、単にいじるのが面倒くさいというのもあるし、何かしら不都合が発生したときにどの設定を戻せばいいのか分からなくなってしまうとより面倒なので、可能な限り既定の状態で使いたいというのが自分の考えなのです。
    その考えに至る前、Windows XP を使用していた自分はかなりの改造魔だったが、不安定になるたびにバックアップ&クリーンインストールしているうちに、その作業にかける時間がすごくもったいないことに気が付いてしまったのだ。

    ただし Windows 10 は、ユーザープロファイルを残し、システムのみを初期の状態に戻すのが容易であるという点があって、今回踏み切ってみました。
    Windows 10 の数少ない評価できるポイントのひとつですね。
    ※XPも上書きインストール(修復インストール)が可能なんですけど、当時はメーカー製PCを使用していた関係で、初期化にはサードパーティー製バックアップソフトによって作られたリカバリーディスクを使用してのリストアのため、そんな器用なことはできないのである。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。