10月9日にサポート終了したWin10バージョン1703だがKB4462939(10月17日リリース)はインストールできるかもしれない話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

10月9日にサポート終了したWin10バージョン1703だがKB4462939(10月17日リリース)はインストールできるかもしれない話

2018-11-04 20:42




    バージョン1709にアップグレードしたので、実際に試してはいないけれど、KB4462939を展開してupdate.mumを開いてみると、CoreEditionやProfessionalEdition等の文字列が含まれているのでおそらくインストールできると思います。

    Windows Updateに現れない場合はMicrosoft Updateカタログから手動でダウンロードしてインストールします。

    1507もサポート終了後に配信された1個目の更新プログラムはインストールできますし、
    おそらくだけど、サポートの切れたその月の機能修正のみ追加された累積更新プログラムまでインストールできるのかな? つまりその次の脆弱性修正(月例更新)からはダメかと。

    おま環かもしれないけど、1709が不安定なので、1803/1809にするか…あるいは1703にして、IEおよびEdgeは使用禁止、ESETのHIPSをルール付き自動モードから手動にしてガチガチに守りを固める、ブラウザは拡張機能を使用してJavaScriptをホワイトリスト式に許可を与える形にする、といった対策をとって様子見するか…

    ただし、後者の場合、というかWin10は最も新しいバージョンよりも古いものは、アプリやドライバーの開発においてテストされていないものだと思うので、更新プログラムが配信され続けているからと言って古いWin10を使うというのもそれはそれでリスクがあるというものなんだなこれが。(まぁ、OSが落ちまくるストレスに比べればマシだけれど)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。